ズッキーニ、雪の下 越冬じゃがいも の産直農家 農楽舎(のらや)徳弘英郎のブログ
  • 10Jul
    • ズッキーニとポン酢

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。ズッキーニの収穫が始まり、約10日。今年はかわいい子達を釧路にお届けできて、本当に嬉しいです。釧路の皆様の楽しい食卓に少しでも貢献できたら嬉しいです。   ズッキーニは色々な料理に使えますよね。ボクがいつもオススメしているズッキーニのカツ「ズッカツ」はホントに美味しい。まぁでも、ちょっと手間はかかりますよね。  ササッとできて、美味しいレシピ。5㍉位の少し厚切りにしたズッキーニをごま油で炒め、最後にポン酢をさっと回して味付け。最後に海苔をパラパラとかけて出来上がり。  ごま油の香り、ポン酢、海苔の風味がズッキーニに合います。ちょっと厚切りがポイントになると思います(^^)!  ぜひお試し下さい!

      16
      テーマ:
  • 07Jul
    • お天気の事とズッキーニの炒飯の事。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  一昨日までの雨が終わり、昨日、雨は なし。一昨日の朝の収穫。雨は降る。雨量が多く、畑の上から泥水が流れてくる・・・収穫していて、なんとも切ない気持ちでした。 明けて昨日。予報では晴れマークが出ていたけれど、富良野ではほとんどお日様を拝めず・・・でした。  この雨の影響がこの後、作物にどの様に影響するのか?ちょっぴり不安です。でも、天気を操作することはできないので、考えうる限りのできることをしっかりやろうと思ってます。  西日本の豪雨も気がかり。どうか大きな被害がでませんように。今晩、日付が変わってからの雨予報も気がかかりです・・・。  そんな天気でズッキーニの収穫も「少なっ!」な状況。お昼は少し余裕があったので、昨日は「サイコロズッキーニの炒飯」(←たった今名前決めました笑)  炒飯の具材にサイコロに切ったズッキーニを入れたものです。  是非お試しを!

      4
      テーマ:
  • 04Jul
    • 北海道の梅雨?の影響がじわじわと。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  本当によく降ります・・・。短時間豪雨の降り方では無いのですが、しとしと・・そして時々強めに。  そんな日が何日も続いています。旭川や留萌方面よりは少ないようですが、町内でも一部河川の氾濫がありました。  そして我が家の畑もやっぱり・・・。傾斜地の畑では土が流されました(泣)。先日坊ちゃん南瓜を定植し、そしてこれから秋獲りのキャベツ、ブロッコリーを植える予定の畑です。  傾斜地であることに加え、すり鉢状の地形になっています。すり鉢の底へと水が流れ、最後は畑の土を削りながら川になってしまうのです・・・。  残念・・・・!!  嘆いても、泣いても始まりません。チャンスはピンチの顔をしてやってくるそうです。やれることをやって必ず取り返します!全滅した訳では無いですからね(^^)※この写真は5年前。ズッキーニの畑に上から土が 流れました。

      6
      テーマ:
  • 02Jul
    • 農業の歴史は土地改良の歴史

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  先週末、音更→帯広と農業の勉強会へ参加してきました。十勝はやっぱり広い!畑の畝の長さも富良野の2倍3倍!という感じ。うちでは一畝(うね)の長さが一番長い所で120メートル位。十勝は300メートル位の畝がいたるところにあります。しかもほとんど傾斜がなく、平らな土地。富良野で農業をする立場からすると本当に羨ましく、そして恵まれた土地に見えます。  それでも今の農地へ至るにはやはり長い歴史があったわけで、「羨ましいなぁ~」と一言では済まされません。   写真の畑ももともとは地下水が高く、湿りやすい畑だったそう。そこを大規模な土地改良事業で水はけの良い畑に変えたそうです。国や北海道の予算を使っての事業だったそうです。  「農業の歴史は土地改良の歴史」という話を聞いたことがあります。森の木を切り、根を抜き、畑にする。深く、長い排水路をつなぎ、湿地帯を田んぼや畑に変えていく。北海道の100数十年はまさにその歴史です。気の遠くなるような地道な作業の積み重ねが今の田んぼ、畑につながっている訳です。そして今、その畑で汗を流して働いているのです。 音更の農家の話。 「農地は国民からの預かり物。しっかりした管理をして次代に農地をつないてでいくのが農家の役割」という話にとても共感しました。大規模経営で安定的そして先進的な経営をされる中、本質を見失わずに農業に向き合う姿勢にボクも姿勢を正される思いでした。    さて7月。これからの畑仕事もがんばんぞ~!  

      5
      テーマ:
  • 28Jun
    • ズッキーニの葉っぱが白いのは、うどん粉病とは限りません!

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  農楽舎(のらや)のズッキーニもそろそろ出荷が始まりそうです。ただ、お天気がね・・・。ずっと曇りや雨マークが並んでいて、なんだか本州の梅雨のような天気予報です。  でも必ず回復して、良い天候に恵まれるハズ!です。  さて、ズッキーニを家庭菜園などで栽培されている方に時々聞かれます。「ズッキーニってすぐうどんこ病にかかりますよね~」と。  うどん粉病と思う前によ〜く葉を見てください。粉吹いていますか?それとも葉の模様ですか?ズッキーニは生育の後半に入ると確かにうどん粉病にかかりやすいですが、実は葉の模様と見間違えやすいのです。写真の葉はうどん粉病にかかっておらず、葉の模様です!  どうぞ間違え無いようにしてくださいね!(^^) 

      2
      テーマ:
  • 26Jun
    • 北あかりの開花が始まりました。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。 「じゃがいも畑でつかまえて」ではないですが。   北あかりの花が咲き始めました。 今季の北あかりは萌芽の揃いも良く、その後の生育も今のところ順調に進んでます。このまま美味しいじゃがいもに育ってもらう様にしっかりお世話させて頂きます!  今朝はお天気が良く、やっぱり青空はいいなぁと、思っていましたが、午後からは曇り空です。  明日から暫く雨&曇りの予報ですね。ズッキーニの出荷は少し遅れるでしょうが、直ぐにお天気も回復してくれるでしょう。  今季は釧路のあいちょう釧路(合名会社 丸辰 相長センター)さんでの販売も予定しているのでとっても楽しみです!!  そうだ···。昼飯は久しぶりにチャーハン。自家用に栽培しているきゅうりがあったので、きゅうりチャーハン(^^)冷蔵庫を開けたら目に付いたポン酢で味付けしました。いつも通り?ウマいです。 

      7
      テーマ:
  • 24Jun
    • 準備をバリバリと!

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。 遅れ気味で坊ちゃん南瓜の畑の準備   午前中でようやくマルチ張りかんりょー!ボクの意思がお天道様に通じたようで、ほぼ雨降らずに済みました。ありがとうございますm(_ _)m  傾斜地のマルチ張りも慣れてきてオマケに今回、傾斜地張りのスゴイ発見(←自分の中でのね)も。この発見は嬉しかった。  毎年、いろんなコツが分かったり、発見があったり。仕事ってこういうことの積み重ねだし、こういう気付きがあるから楽しぃんだなぁ、と改めて···。  日々ちゃんと目が覚めて、御飯を食べて、仕事ができて、変顔する可愛い息子がいて···全てに感謝です。  明日、明後日でズッキーニ、坊ちゃん南瓜の定植作業。一気にやります。約5000株。雨降らずに終わります!  畑仕事やってみたい方、明日明後日アリマス!

      6
      テーマ:
  • 22Jun
    • 小さなキャベツの芽

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  キャベツが発芽しました。2キロ位の大きな玉になるキャベツも最初はこんなに小さな芽なのです。  農業を始めて18年目。この小さな芽があの野菜になる、という不思議さを感じる毎年です。  むしろ農業を続けるほどにその不思議さを深く感じるようになっているかもしれません。 

      3
      テーマ:
  • 19Jun
    • お客様・・・?

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  今日は8月上旬から収穫を開始予定のズッキーニ畑の準備作業。  畑をトラクターで作業していると必ず来るお客様・・・。カラスです。春先からよく来るカラスは2羽。つがいなのかな・・・。  トラクターで耕起作業をすると土が掘り起こされた状態になりますよね。そこから地面の中にいた虫やら、雑草、前作の作物のたねなどが出てくるわけで、それをエサとして狙って居るようです。  ボクが畑で作業を始めると必ずと言っていいほどどこからか、すぐに飛んできて何かをついばんでいます。畑のすぐ近くに巣があるのでしょうね。  カラスは畑に植えたばかりの野菜の苗を引っこ抜いたりする事があり、以前にも被害にあったことが・・・。なので、あんまり好きではなかったけれど、しょっちゅう飛んできては2羽でエサを探す姿を見ているとさすがにかわいいなぁ、と思えてきます。   畑では野菜が育って人間の食べ物を生産していますが、カラスの命も支えているのですね。   

      6
      テーマ:
  • 18Jun
    • 先週の雨が効いてます・・・。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  先週50ミリくらい降った雨の影響がまだあります。 雨のあと、太陽が出て気温が上がれば畑は適度に乾いてくれるのですが、 雨の後からずっと寒いので畑の土も乾きません···。まだまだ進めないと行けない畑仕事がるので、少し焦ります・・・。  今日はそんな中、トラクターに乗り、畑の準備作業。作業は時速2キロくらにのスピードで走っているので眠たい···です。  時々一瞬ですが、寝てしまうことがあります。そんな時は作業機械の通った跡が・・・。しっかり休息&睡眠をとって安全作業をしないといけませんね! 

      4
      テーマ:
  • 16Jun
    • 北海道自転車一周のときの・・・。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  今日は仕事で釧路へ来ました。途中27年前に来た、懐かしい場所へ来ました。91年2月 約40日かけて冬の北海道を自転車で一周。その時浦幌町直別のミッキーハウスという、ドライブイン兼、ライダーズハウスに泊めて頂いた事を思い出し···。  あまりにも懐かしくて、当時自転車で一緒に回った友人へLINEで写真を送りました。   あの時は真冬。少し薄暗くなりかけた頃にこのライダーズハウスに到着。久しぶりに布団の上で寝られたのが気持ちよかった思い出があるなぁ。しばらく寝袋で寝ていたので・・・。  しっかり国道沿いにありました。もう自動販売機しか営業していない様子だったけど。オーナーのおじさんはどうしているかな?

      7
      テーマ:
  • 14Jun
    • じゃがいもにカルシウムの追肥です。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  先日の雨の影響でまだ土壌には水分がたっぷりあるため、トラクターで畑に入る事はできません。土壌水分が多い時にトラクターで畑に入ると、土を痛めてしまいます。  で、今日は歩いて畑に入りました。じゃがいもへのカルシウム肥料の散布です。手作業なので、ちょっとハードワークになります。  今回のカルシウム肥料はじゃがいもにしっかりとカルシウム分を吸収してもらい、結果として品質のよりよいじゃがいもをたくさん収穫しようとするためです。   

      6
      テーマ:
  • 13Jun
    • ルッコラのたね。自家野菜として種まきました。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。 最近我が家の食卓によくのぼるルッコラ  20年前会社にいた時、千葉の生産者がこんなの作ってみた、とサンプルを出荷されたのが初めて。見た目少しほうれん草にも似ているような、そんな印象を持った記憶があります。   あの香りが好きです。昨日はたっぷりの雨ふり。今日は畑に入れないので、ハウス内に自家用として種を撒いてみました。  こんなに小さな種だという事、そしてルッコラはアブラナ科、という事をはじめて知りました!  

      2
      テーマ:
  • 12Jun
    • またまた雨がいっぱい降りました。そして さっぶ~い。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  先週の金曜日に続き、今日も雨でした。今日の雨は比較的強い降りかたで、ほぼ一日ずっと降り続きました。先週の雨量はこれそして今日の雨はこれ 少し見にくいですが、2.5倍くらいの雨量となりました。  うちの畑は大丈夫でしたが、別の農家の畑では一部、一時的に冠水したところもありました。おそらく大きな被害はないでしょうが・・・。  そしてこの雨に加えて、寒い!!日中の車の温度計、がこれ9℃!。本州出身のボクはこういう天候になる度に「やっぱり北海道だなぁ~」とまるで他人事の様に?感じてしまうのです・・・。今週の予想最高気温を見てみても、最高気温で20℃まで届きそうもありません。  畑で育っているズッキーニそして坊ちゃん南瓜にはかなり過酷な気温。じゃがいもは比較的丈夫なので、大丈夫でしょう。  こんな天候ですが、嘆いてもしようがない。やるべき事をしっかりとやりたいと思います。   

      5
      テーマ:
  • 11Jun
    • キャベツの花が・・・。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  明日からまた雨の予報ですね。台風の影響からの雨のようです。雨はともかく、今週はずっと低温の予報。最高気温が20℃に届かない日が続くのはちょっと気になりますね。  雨まえの作業、という事で今日は畑の耕起作業。その畑の中に花が咲いています。何の花だと思いますか?これはキャベツの花、なのです。昨年この畑にキャベツを植え、11月に収穫を終了。その後、雪の下になり、そして今日までそのまま・・。そうすると収穫後の残った株や、玉が小さくて収穫せずにそのままにしておいた株などからこの様な花が咲くんです。この残りの株、雑草も畑の土の中にすき込み、そして畑で分解され、肥やしとなってくれます。

      7
      テーマ:
  • 09Jun
    • 畑も久しぶりに茶色に!?

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  ようやくしっかりと降ってくれた雨。本当に恵みの雨となりました。ありがたいです!  畑の見回りをするとこれからズッキーニを植える予定の畑も水をしっかりと吸い込み、良い加減に茶色に!?になっていました。この色合いが嬉しかったなぁ・・・。  ここには8月上旬から収穫開始予定となるズッキーニを植える予定。明日から肥料をまいたり、整地したりと準備を進めていきます。 

      3
      テーマ:
  • 08Jun
    • 恵みの雨。あらゆる生き物、水無くしては・・・。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  今日は昼から雨!!本当に久しぶりの、まさに恵みの雨となりました。/設置している簡易型の雨量計をみても夕方の時点で20ミリ程度。その後も断続的に降っているので、おそらく30ミリは超える雨量となりそうです。  これで枯れそうになっていたとうもろこし、先日定植した坊ちゃん南瓜も元気になります。よかった・・・。  改めて、ですけれど、命あるもの「水」がないと生きられない。当たり前のようだけれど、その有り難さを改めて痛感する天候でした。

      8
      テーマ:
  • 06Jun
    • じゃがいもも無事に成長していますよ

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  4月下旬に播種したじゃがいものうち、北あかりがこんなに大きくなっています。雨がすくないので、多分成長は少し遅めだと思うけれど、それでもここまでスムーズに伸びるのはここ最近ではちょっとめずらしい感じもしています。  今は畝間に少しずつ雑草が生えてきているので、近日中に除草作業。そして、もう少ししたら、今度は「本培土」の作業。培土は株元に土を寄せる作業。これをしないと、せっかく大きくなったじゃがいもが土から出てしまい、緑化してしまうわけです。  同じ時期に播種した、とうや、北海コガネはこれよりは遅れ気味です。欠株があったり、生えて来ている茎の本数が少なそうであったりで、とうや・北海コガネは少し心配な要素もあります。  作物の栽培は収穫が終わるまでは気が抜けません。ボクがお世話になった農家の親方は「出荷して、入金が確認できるまでは・・・」と話していましたが、それもまた本当の事ですね。  これからの管理作業をしっかりとすすめて美味しいじゃがいもが収穫できるようにします!  

      4
      テーマ:
  • 05Jun
    • 水撒きしています とうもろこし

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  まだ雨がなく、そして連日暑い日の続く富良野です。  今日はとうもろこしの2回目に播種したものを畑に植えました。  ですが、畑の土は乾いてカラカラです。なので苗を定植したら直ぐに 水撒き。水撒きせずにそのままにしていたら、直ぐに枯れてしまいそうです。  多少でも株元の根っこがある所に水分があれば、とうもろこしは生きられます。「頑張って〜」と声掛けしながらの作業でした。皆様に美味しいとうもろこしをお届け出来るように頑張ります(^^)

      5
      テーマ:
  • 04Jun
    • 久しぶりに東野圭吾

      こんばんは。中富良野の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  久しぶりに東野圭吾を読み始めます。「人魚の眠る家」(幻冬舎文庫)です。新聞の広告を見て凄く気になって、珍しく新刊を即買いしてしまいました。  これから読み始めますが、凄く楽しみ!東野圭吾さんは12年位前に「秘密」「時生」を読んで泣かされました。ミステリーの様な、ファンタジーの様な世界でありながら、最後にはグッと来てしまいました···。  「人魚の眠る家」はどんなストーリーか楽しみです(^^)

      3
      テーマ:

プロフィール

富良野の産直農家 農楽舎(のらや)徳弘 英郎

自己紹介:
北海道中富良野町の農家です。 3年半の会社勤めの後、埼玉半年と道内で2年の研修を経て、2001年(平...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス