ズッキーニ、雪の下 越冬じゃがいも の産直農家 農楽舎(のらや)徳弘英郎のブログ
  • 10May
    • ズッキーニ発芽が揃って。畑の準備も急ぎます。の画像

      ズッキーニ発芽が揃って。畑の準備も急ぎます。

      2回目播種分のズッキーニたち。きれいに芽が出揃ってくれました。  プロとして、「発芽を揃える」という事は基本事項。  なので、きれいに揃ってくれるとホッとするし、やっぱり嬉しいです。  1回目の分も大きくなり、早く畑を準備して植えてあげないと。ここ数日雨の影響もあってなかなか畑に入れませんでした。  肥料を畑に散布し、そして耕起作業。準備を進めていきます。  今日は長男坊が修学旅行から帰宅です。3泊4日、函館、ルスツ、札幌へ。いつもクールな長男坊、どんな感想が聞けるか楽しみです。  修学旅行へ行く一ヶ月前位には「特別楽しみじゃぁない」なんて発言も(ー。ー;)その日は代金の支払いを済ませた日だったなぁ(笑)。 

  • 06Apr
    • 雪の下 越冬じゃがいもの掘り出し作業完了です。の画像

      雪の下 越冬じゃがいもの掘り出し作業完了です。

      4月3日 雪の下でひと冬を越した越冬じゃがいもを掘り出しました。  春一番最初の重労働。昨年が不作だった影響もあり、今年は2トンちょっと。  先日落として壊してしまったルービック・キューブを買い直したいらしく、長男坊が「お父さん バイトな~い??」というので、労働基準法に引っかかるような賃金でアルバイトして頂きました(笑)。(普段のお小遣いは別のために貯金中らしい・・・)  まぁかなり現実な目的でのアルバイトでも、一生懸命に頑張ってくれて助かった!スコップ使いも不慣れだけれど、やっぱりこういう作業は人手があると助かります。  てなわけで、午前中の作業で終了!  今季もなかなか美味しい雪の下 越冬じゃがいもになっていました。

  • 01Apr
    • お世話になった人に会いに・・・。嬉しかったこと。の画像

      お世話になった人に会いに・・・。嬉しかったこと。

      先週は私用で東京へ。子供の頃からとてもお世話になった叔父と叔母に会いにいってきました。東京は場所によって桜がほぼ満開。   叔母は父の実妹。叔父も叔母も80歳代の半ばを迎えています。小学校に入学する前、数年程祖母、叔父叔母、そしてうちの家族、と7人で暮らした時期も数年。そんな事から小さい頃から本当に可愛がってもらい、そして沢山お世話になりました。  来年には50歳を迎えますが、改めて色々な方々にお世話なっていたことを実感しています。そしてたまには顔を出して、喜んで貰えればなぁ、と思っています。  お酒が好きな叔父とは鷺ノ宮で飲み、そして行きつけのカラオケスナック?でカラオケ(笑)叔母も叔父も会いに行ったことを喜んでくれて嬉しかった・・・。   飲み屋さんでは叔父から、叔母と結婚する時、祖父に挨拶へ行った時の話やらどんな祖父だったか、初めて聞く事もあり、ボクが1歳の時に亡くなった祖父の姿を改めて感じる事が出来た事も嬉しかった。  叔父の話「むかし君には悪いことをした・・・。まだ小さい頃、君が【チーチーっ、チーチーっ】って言うから、どこかにスズメがいるのか?どこだ?なんて話していたらお漏らしをしちゃってねぇ。チーチーっの意味を解ってあげられなくて悪いことをした・・・。」叔父とボクの楽しい思い出話です(笑)

  • 18Mar
    • 古材を頂きました。の画像

      古材を頂きました。

      先日、知人から古材があるから薪用にいらない?と連絡を。  自宅を立てる際に敷地にあった古い納屋を解体。そこで出た古材を新しい家の一部で利用したそうで・・・。  その残りを薪用に頂いてきました。軽トラック2台分。  この古材の姿が好きなんです・・・。おそらく60~70年以上は建っていた古い納屋。その間に少しずつ変化してきた木肌の色合いに惹かれます。  ホゾを見ても60~70年以上前に大工さんがコツコツと刻みを入れていた姿を想像すると、チェーンソーでバツバツ切ってしまうのが勿体無い様な。  今、住宅や倉庫を建ててもその材料はほとんどが集成材でしょうから、そのうちにこの様な古材も出てこなくなるのでしょうね・・・。  2月中旬から雪が少なく、また日中も暖かい富良野。こんな天候もちょっと記憶にないなぁ、と思いながらも気がつけば3月中旬。これから薪ストーブを使う日もすくなるので、この薪はまた来冬に活躍して貰おうかな・・・。

  • 06Jan
    • あけましておめでとうございますの画像

      あけましておめでとうございます

      あけましておめでとうございます!  昨年は天候に翻弄され・・・の1年でしたが、今季は「豊作」「沢山のお客様にうちの野菜で喜んでいただく」を目指して・・・と言いますか、そうなると信じて、日々を積み重ねていこうと思います。  昨年を経験してのちょっとした変化。それは日々の「当たり前」への感謝の気持ちをすごく感じられるようになったこと。   毎食ごはんが食べられること、毎日住む家のあること、家族が一緒に居られること、元気で居られること、すったもんだしながらも自分の仕事に向き合えること・・・意識しないと「当たり前」とさえ思わない様な事に感謝の気持ちを持てるようになったことは、ひとつ成長した事かな、と思えます。  9月からは毎日、一昨年に亡くなった父の遺影と自宅にある小さな神棚に感謝の気持ちをブツブツつぶやきながら、手を合わせることを小さな習慣にしています。  いつも家族で行く中富良野神社へお参りする前に、次男坊と一緒に私が住む吉井地区の小さな神社へお参り。日々の感謝の気持ちと、今年の豊作に手を合わせて来ました。 今年もどうぞよろしくお願い致します。

  • 05Dec
    • 【ハッセルバックポテトを作ってみた】の画像

      【ハッセルバックポテトを作ってみた】

      昨日からの暖かい気温で、予想通りすっかり雪が溶けました!!  先日、前から気になっていたじゃがいも料理を作ってみました。  なかなか名前が覚えられないけれど、ハッセルバックポテト!!デス(^^)  じゃがいもを2〜3ミリくらいの厚さに切れ目を入れて、オーブン焼きします。  味付けは色々考えて。バターを使ってを風味よくしたり、オリーブオイルを使ったり、切れ目にベーコンを挟んだりバリエーションは沢山考えられます。  今回は●オリーブオイル●にんにくすりおろし●塩コショウ●青のりです。  じゃがいもは我が家の北海コガネ。油との相性が良いじゃがいもで、とっても美味しかったです。  レシピを検索して是非作ってみてください(^^)

  • 28Nov
    • ひるめしの画像

      ひるめし

      先週金曜日にはまとまった降雪になったけれど、その後は気温が高めになったので、全部雪がとけました。昨日などは日中の気温が二桁に。  さて、先日の昼飯。再びマイ・ブーム?到来のチャーハンと坊ちゃん南瓜。坊ちゃん南瓜は蒸しただけだけれど、甘くて美味しい・・・と自画自賛。  チャーハンに入れたとうもろこしとブロッコリーはうちの畑で育ったもの。冷凍でストックしておきました。坊ちゃん南瓜も秋に収穫したもの。畑で育った野菜が食卓にのぼる幸せ、デス。  お陰様でじゃがいも、坊ちゃん南瓜の産直もほぼ終了。今季も沢山のご注文をありがとうございました。  「注文忘れてた!」という方、御問い合せください。一部まだ在庫あります(^^)

  • 14Nov
    • どんな季節もいい!の画像

      どんな季節もいい!

      月曜日は所用で一日外出でした。ボクの大好きな道、富良野から三笠市へ抜ける道。  ここ数年では珍しい暖かい秋のせいで、雪を見ることもありませんでした。枯れた山の木々が車窓を流れていくだけなんだけど、そんな山の姿もいいなぁ~と思いながら運転。よそ見運転注意!!  秋は紅葉が綺麗だし、冬は雪を被った木々が美しいし、春は新緑、夏は涼しい風を流してくれるし  って気づくとどんな季節もいいなぁ、と思えます。  これは自分の畑の風景や畑から眺める周りの山々の風景もそう。「好きな季節」はあるけれど、どんな季節もそれぞれ素晴らしいな、と思えるとこれはお得だな、と気づきました。  季節に限らず、人間関係、自分に関わるあらゆる事に共通するかも?   途中、BOOK OFFでボクの好きな五木寛之、遠藤周作。久しぶりの東野圭吾、はじめて?の絲山秋子です。本屋は楽しい!(決して読書家ではなく、本屋をウロウロして面白そうなな本に出会うのが好きなのです。)

  • 09Nov
    • 越冬じゃがいもを土の中へ!!の画像

      越冬じゃがいもを土の中へ!!

      一昨日から穴を掘り始めて、昨日ようやく越冬じゃがいもを土の中へ埋けました!ほっ~~~~としました。 ここ2年、秋の天候がぐずぐずしていて、外の畑に埋けることができませんでした。ビニールを片付ける前にハウスの中に埋ける、という苦行?が続いていましたが、今季はギリギリセーフで外の畑に埋けることができました。   この仕事が終わると、気持ち的にはすごく楽になります。  来春には甘くてねっとりとした「雪の下越冬じゃがいも」をお届けできますよ~!お楽しみに。

  • 31Oct
    • 久しぶりに教室に顔を出す気持ち?の画像

      久しぶりに教室に顔を出す気持ち?

      7月下旬以来の投稿。過去に経験はないけれど、長期休養のあと久しぶりに教室に顔を出す気持ち?です。  低温、長雨、干ばつと異常気象のオンパレードを経て、なんとかシーズンの終盤を迎えることが出来ました。  皆様からのご注文では、沢山のメッセージを頂き、本当に励みになっています。食べて頂く皆様と直接つながる有り難さを実感しています。  ここ数日、越冬じゃがいも用に選別作業。今日、斉藤一人さんの音声動画を聞きながら作業してたらいい話を聞けたのでメモしました。  「神様は宝物はくれない。宝物に変えるべきものをくれる。 でも、それは常に困難にそっくりなものなんだよ。」  就農して18年目。たぶん、いままでで一番しんどかったシーズンだけれど、このチャンスを必ずや来季に活かします(^^)!えっとそれから髪も薄くなってきたし、久しぶりに思いっきり髪切りました。横5ミリ、上1㎝位デス。これから暫く短髪で行く予定です。育毛剤をフリフリして髪増やします(笑)そして、老眼?が進んだので、20年ぶり位にメガネ作りました。PCやら本の文字が見やすくなって爽快です(笑)。※秋の実り ご注文受付はじまりました。https://www.norayafurano.com/blank

  • 10Jul
    • ズッキーニとポン酢の画像

      ズッキーニとポン酢

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。ズッキーニの収穫が始まり、約10日。今年はかわいい子達を釧路にお届けできて、本当に嬉しいです。釧路の皆様の楽しい食卓に少しでも貢献できたら嬉しいです。   ズッキーニは色々な料理に使えますよね。ボクがいつもオススメしているズッキーニのカツ「ズッカツ」はホントに美味しい。まぁでも、ちょっと手間はかかりますよね。  ササッとできて、美味しいレシピ。5㍉位の少し厚切りにしたズッキーニをごま油で炒め、最後にポン酢をさっと回して味付け。最後に海苔をパラパラとかけて出来上がり。  ごま油の香り、ポン酢、海苔の風味がズッキーニに合います。ちょっと厚切りがポイントになると思います(^^)!  ぜひお試し下さい!

  • 07Jul
    • お天気の事とズッキーニの炒飯の事。の画像

      お天気の事とズッキーニの炒飯の事。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  一昨日までの雨が終わり、昨日、雨は なし。一昨日の朝の収穫。雨は降る。雨量が多く、畑の上から泥水が流れてくる・・・収穫していて、なんとも切ない気持ちでした。 明けて昨日。予報では晴れマークが出ていたけれど、富良野ではほとんどお日様を拝めず・・・でした。  この雨の影響がこの後、作物にどの様に影響するのか?ちょっぴり不安です。でも、天気を操作することはできないので、考えうる限りのできることをしっかりやろうと思ってます。  西日本の豪雨も気がかり。どうか大きな被害がでませんように。今晩、日付が変わってからの雨予報も気がかかりです・・・。  そんな天気でズッキーニの収穫も「少なっ!」な状況。お昼は少し余裕があったので、昨日は「サイコロズッキーニの炒飯」(←たった今名前決めました笑)  炒飯の具材にサイコロに切ったズッキーニを入れたものです。  是非お試しを!

  • 04Jul
    • 北海道の梅雨?の影響がじわじわと。の画像

      北海道の梅雨?の影響がじわじわと。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  本当によく降ります・・・。短時間豪雨の降り方では無いのですが、しとしと・・そして時々強めに。  そんな日が何日も続いています。旭川や留萌方面よりは少ないようですが、町内でも一部河川の氾濫がありました。  そして我が家の畑もやっぱり・・・。傾斜地の畑では土が流されました(泣)。先日坊ちゃん南瓜を定植し、そしてこれから秋獲りのキャベツ、ブロッコリーを植える予定の畑です。  傾斜地であることに加え、すり鉢状の地形になっています。すり鉢の底へと水が流れ、最後は畑の土を削りながら川になってしまうのです・・・。  残念・・・・!!  嘆いても、泣いても始まりません。チャンスはピンチの顔をしてやってくるそうです。やれることをやって必ず取り返します!全滅した訳では無いですからね(^^)※この写真は5年前。ズッキーニの畑に上から土が 流れました。

  • 02Jul
    • 農業の歴史は土地改良の歴史の画像

      農業の歴史は土地改良の歴史

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  先週末、音更→帯広と農業の勉強会へ参加してきました。十勝はやっぱり広い!畑の畝の長さも富良野の2倍3倍!という感じ。うちでは一畝(うね)の長さが一番長い所で120メートル位。十勝は300メートル位の畝がいたるところにあります。しかもほとんど傾斜がなく、平らな土地。富良野で農業をする立場からすると本当に羨ましく、そして恵まれた土地に見えます。  それでも今の農地へ至るにはやはり長い歴史があったわけで、「羨ましいなぁ~」と一言では済まされません。   写真の畑ももともとは地下水が高く、湿りやすい畑だったそう。そこを大規模な土地改良事業で水はけの良い畑に変えたそうです。国や北海道の予算を使っての事業だったそうです。  「農業の歴史は土地改良の歴史」という話を聞いたことがあります。森の木を切り、根を抜き、畑にする。深く、長い排水路をつなぎ、湿地帯を田んぼや畑に変えていく。北海道の100数十年はまさにその歴史です。気の遠くなるような地道な作業の積み重ねが今の田んぼ、畑につながっている訳です。そして今、その畑で汗を流して働いているのです。 音更の農家の話。 「農地は国民からの預かり物。しっかりした管理をして次代に農地をつないてでいくのが農家の役割」という話にとても共感しました。大規模経営で安定的そして先進的な経営をされる中、本質を見失わずに農業に向き合う姿勢にボクも姿勢を正される思いでした。    さて7月。これからの畑仕事もがんばんぞ~!  

  • 28Jun
    • ズッキーニの葉っぱが白いのは、うどん粉病とは限りません!の画像

      ズッキーニの葉っぱが白いのは、うどん粉病とは限りません!

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  農楽舎(のらや)のズッキーニもそろそろ出荷が始まりそうです。ただ、お天気がね・・・。ずっと曇りや雨マークが並んでいて、なんだか本州の梅雨のような天気予報です。  でも必ず回復して、良い天候に恵まれるハズ!です。  さて、ズッキーニを家庭菜園などで栽培されている方に時々聞かれます。「ズッキーニってすぐうどんこ病にかかりますよね~」と。  うどん粉病と思う前によ〜く葉を見てください。粉吹いていますか?それとも葉の模様ですか?ズッキーニは生育の後半に入ると確かにうどん粉病にかかりやすいですが、実は葉の模様と見間違えやすいのです。写真の葉はうどん粉病にかかっておらず、葉の模様です!  どうぞ間違え無いようにしてくださいね!(^^) 

  • 26Jun
    • 北あかりの開花が始まりました。の画像

      北あかりの開花が始まりました。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。 「じゃがいも畑でつかまえて」ではないですが。   北あかりの花が咲き始めました。 今季の北あかりは萌芽の揃いも良く、その後の生育も今のところ順調に進んでます。このまま美味しいじゃがいもに育ってもらう様にしっかりお世話させて頂きます!  今朝はお天気が良く、やっぱり青空はいいなぁと、思っていましたが、午後からは曇り空です。  明日から暫く雨&曇りの予報ですね。ズッキーニの出荷は少し遅れるでしょうが、直ぐにお天気も回復してくれるでしょう。  今季は釧路のあいちょう釧路(合名会社 丸辰 相長センター)さんでの販売も予定しているのでとっても楽しみです!!  そうだ···。昼飯は久しぶりにチャーハン。自家用に栽培しているきゅうりがあったので、きゅうりチャーハン(^^)冷蔵庫を開けたら目に付いたポン酢で味付けしました。いつも通り?ウマいです。 

  • 24Jun
    • 準備をバリバリと!の画像

      準備をバリバリと!

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。 遅れ気味で坊ちゃん南瓜の畑の準備   午前中でようやくマルチ張りかんりょー!ボクの意思がお天道様に通じたようで、ほぼ雨降らずに済みました。ありがとうございますm(_ _)m  傾斜地のマルチ張りも慣れてきてオマケに今回、傾斜地張りのスゴイ発見(←自分の中でのね)も。この発見は嬉しかった。  毎年、いろんなコツが分かったり、発見があったり。仕事ってこういうことの積み重ねだし、こういう気付きがあるから楽しぃんだなぁ、と改めて···。  日々ちゃんと目が覚めて、御飯を食べて、仕事ができて、変顔する可愛い息子がいて···全てに感謝です。  明日、明後日でズッキーニ、坊ちゃん南瓜の定植作業。一気にやります。約5000株。雨降らずに終わります!  畑仕事やってみたい方、明日明後日アリマス!

  • 22Jun
    • 小さなキャベツの芽の画像

      小さなキャベツの芽

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  キャベツが発芽しました。2キロ位の大きな玉になるキャベツも最初はこんなに小さな芽なのです。  農業を始めて18年目。この小さな芽があの野菜になる、という不思議さを感じる毎年です。  むしろ農業を続けるほどにその不思議さを深く感じるようになっているかもしれません。 

  • 19Jun
    • お客様・・・?の画像

      お客様・・・?

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  今日は8月上旬から収穫を開始予定のズッキーニ畑の準備作業。  畑をトラクターで作業していると必ず来るお客様・・・。カラスです。春先からよく来るカラスは2羽。つがいなのかな・・・。  トラクターで耕起作業をすると土が掘り起こされた状態になりますよね。そこから地面の中にいた虫やら、雑草、前作の作物のたねなどが出てくるわけで、それをエサとして狙って居るようです。  ボクが畑で作業を始めると必ずと言っていいほどどこからか、すぐに飛んできて何かをついばんでいます。畑のすぐ近くに巣があるのでしょうね。  カラスは畑に植えたばかりの野菜の苗を引っこ抜いたりする事があり、以前にも被害にあったことが・・・。なので、あんまり好きではなかったけれど、しょっちゅう飛んできては2羽でエサを探す姿を見ているとさすがにかわいいなぁ、と思えてきます。   畑では野菜が育って人間の食べ物を生産していますが、カラスの命も支えているのですね。   

  • 18Jun
    • 先週の雨が効いてます・・・。の画像

      先週の雨が効いてます・・・。

      こんばんは。中富良野町の農家農楽舎(のらや)の徳弘英郎です。  先週50ミリくらい降った雨の影響がまだあります。 雨のあと、太陽が出て気温が上がれば畑は適度に乾いてくれるのですが、 雨の後からずっと寒いので畑の土も乾きません···。まだまだ進めないと行けない畑仕事がるので、少し焦ります・・・。  今日はそんな中、トラクターに乗り、畑の準備作業。作業は時速2キロくらにのスピードで走っているので眠たい···です。  時々一瞬ですが、寝てしまうことがあります。そんな時は作業機械の通った跡が・・・。しっかり休息&睡眠をとって安全作業をしないといけませんね!