「エフェクター活用術」Ⅰ 神々の会話Vol.129 | 疾風迅雷の弐重奏

疾風迅雷の弐重奏

風雷坊=FuRaiBou=の二人が色々なテーマでお話します


テーマ:
 こんにちは、風雷坊=FuRaiBou=です。



 明日6月6日は二十四節気で「芒種」

 まぁ、なんとなく「芒」の「タネ」を撒く時候なのだろうな?というのは読み解くことが出来ます。

 では「芒」とは何ぞや?という疑問が出てきます。

 調べたところによると「芒」とは主にイネ科の植物の実の殻にある「針のような毛」の事を指すらしいです。

 総じてイネ科の植物、つまりコメやムギなどの種子を撒くのに適した時候が「芒種」という事です。
  
 二十四節気の次節はいよいよ「夏至」

 夏到来、間近といったところでしょうか。
 
 

「エフェクター活用術」Ⅰ


~無くても生活できるけど、あると可能性は無限に広がる~



 今回からは新テーマでお送りします。

 新しいテーマは「エフェクター活用術」

 楽器の演奏にはもはや必要不可欠となっている「エフェクター」

 勿論、無くても楽器演奏は出来るし録音もできる。

 しかし、エフェクターの存在は演奏者の表現力を助けるツールとして非常に有効かつ多様性を秘めています。

 風雷坊=FuRaiBou=の二人が、エフェクターを実際どのように使用し、どのような効果を狙っているのかを解き明かしていこうと思います。

 今回は、そのエフェクターに音を入れる為の前段階のお話です。

 最後までお楽しみ下さい!!









桜、届けます
CDのご注文はこちら≫


風雷坊=FuRaiBou=の問い合わせバナーを設置しました。
出演オファーから、チケットの問い合わせ、ライブやブログや動画に対しての感想やご意見ご質問、その他思いついた事でも何でも書いて頂けるようになっております。

勿論、メンバーへの愛の告白も承りますハート

気になる人は下のバナーをクリック!!!
安心してください、怖くありませんよ^^