神々の会話  ~其の伍拾九~"特別篇Vol.3" | 疾風迅雷の弐重奏

疾風迅雷の弐重奏

風雷坊=FuRaiBou=の二人が色々なテーマでお話します


テーマ:
 こんにちは、風雷坊=FuRaiBou=です。


 関東地方は桜が満開ですね!!

 お花見、楽しんでますか?

 ここで少し疑問に思ったのが、桜を見ることを「花見」、梅を見ることを「梅見」、なぜ紅葉を見ることは「紅葉狩り」なのでしょう?

 調べてみると、紅葉は枝を手折って部屋に飾ったり押葉にして「押し紅葉」にしたりすることが風情であったり、古来からの楽しみ方だったようです。

 一方、桜は寿命も短く比較的弱い樹木です。

 枝を手折ったりすると桜の木自体が傷みます。

 なので、「見る」事に専念するから「花見」だそうです。(諸説あり)

 もっとも、「お花狩り」という言葉も間違いではないそうですが、間違っても枝を手折って持ち帰ったり、悪戯半分に傷つける行為は慎んで儚い桜を愛でましょうね^^

 

風神雷神放送局 特別編Vol.3!!


~今回は比較的真面目な会話です(当社比)~



 今回は前回、前々回に引き続き、ゲストを迎えての特別篇第三弾になります。

特別篇第一弾はこちら≫

特別篇第二弾はこちら≫

 引き続きのゲストは、現在「Litz inc. (リッツ・インク)」、「RESONANCE(レゾナンス)」でドラマーとして活躍中の「Pon-chang」と、同じく「Litz inc. (リッツ・インク)」でGtを担当している「yassun」のお二人です!!

 お二人は他にも風神akimも所属する「CAROL tribute band“B級パラダイス”」のメンバーでもあります。

 今回は「なぜバンドにこだわるのか」に焦点を当てての会話です。

 昨今はDTM、DAWへの敷居が下がり、技術の浸透、ソフト自体の高高度化によりかなりのハイクオリティの音源が作成できるようになりました。

 それでも尚、マンパワーでの音楽を模索し続ける理由。

 そこに何があるのか?

 かなり今回は真面目なお話となりました。

 今回も最後までお楽しみくださいね^^





※Litz inc. 公式Twitterはこちら≫
※レゾナンス公式Twitterはこちら≫
※Pon-changのTwitterはこちら≫
※yassunのプロデューサー(?)「Y2」のTwitterはこちら≫

レゾナンス/COME ON【MV】


Litz inc. info PV


あきらめないことだ。

一度あきらめると習慣になる。

- 斎藤茂太 (日本の精神科医、随筆家/1916~2006)-






桜、届けます
CDのご注文はこちら≫


風雷坊=FuRaiBou=の問い合わせバナーを設置しました。
出演オファーから、チケットの問い合わせ、ライブやブログや動画に対しての感想やご意見ご質問、その他思いついた事でも何でも書いて頂けるようになっております。

勿論、メンバーへの愛の告白も承りますハート

気になる人は下のバナーをクリック!!!
安心してください、怖くありませんよ^^


風雷坊=FuRaiBou=さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス