神々の会話  ~其の四拾八~ | 疾風迅雷の弐重奏

疾風迅雷の弐重奏

風雷坊=FuRaiBou=の二人が色々なテーマでお話します


テーマ:
 こんにちは、風雷坊=FuRaiBou=です。


 師走に突入しました。

 今年も残すところ一ヶ月を切り、年末年始の準備を…と言っても、中々まだ年末年始感は実感できませんね^^;

 よく「先生も走り回るくらい忙しいから」という理由で師走というなんて言いますが、いい機会なので調べてみました。

 諸説あるようですが、どうやら「師」というのは「僧」、つまりお坊さんを示しているそうです。

 大晦日や煤払い、初詣などでその「僧」が西へ東へ「馳せる」、つまり「師、馳す」が有力な語源だそうです。
 
 ただ、真相はわからないようで、万葉の時代に十二月と書いて「シワス」と読んでいたという記録があることから、単なる「当て字」ではないか?など様々な憶測や議論がされているようです。

 なんとなく調べ始めた「師走」から、思わぬ形で日本の歴史ロマンに触れることが出来ました^^
 

ブログ的テーマ「最近、どう?」第4回


~Tazz-K ライブ観戦記!!~



 第4回を迎えました風雷坊=FuRaiBou=アーカイブ企画、テーマは「最近どう?」

 前回までakimが導入した新Bassについてなんと3回に渡り自慢してまいりました(笑)

 しかしながらこの自慢話が思わぬところで評価され、メーカーである「sire」様のFacebook公式ページでも紹介していただく機会を得ました!!

 ※Sire Japan様公式facebookページにて、「ニューカマー音出し編」がシェアされました。
  有難う御座いますm(__)m

「akimとTazz-KのSire M7レビューの音だし編」

#sirejapan #sirem7

Sire Japanさんの投稿 2016年11月27日

 前回のお話「ニューカマー購入音出し編」はこちら≫

 前々回のお話「ニューカマー購入」後編はこちら≫

 前々々回のお話「ニューカマー購入」前編はこちら≫

 今回からはお題を変えまして、Tazz-Kがとある海外アーティストのライブを観戦してきましたよ!!というお話。

 なんでも、Tazz-Kはこのバンドが大好きなようで、一度は手を放した音楽からの復帰のきっかけになったそうで。

 しかし話はそういう熱い想いから何故か流行語大賞にノミネートされたあのペンとリンゴとパイナップルを使うアーティストの話に……

 果たしてその2組に関連性はあるのかないのか?

 今回も最後までお楽しみくださいませ!!
 


もし財布の中身を頭につぎこんだら、

誰も盗むことはできない。

知識への投資が

いつの世でも最高の利子を生む。

- ベンジャミン・フランクリン -(米国の政治家、気象学者)






桜、届けます
CDのご注文はこちら≫


風雷坊=FuRaiBou=の問い合わせバナーを設置しました。
出演オファーから、チケットの問い合わせ、ライブやブログや動画に対しての感想やご意見ご質問、その他思いついた事でも何でも書いて頂けるようになっております。

勿論、メンバーへの愛の告白も承りますハート

気になる人は下のバナーをクリック!!!
安心してください、怖くありませんよ^^


風雷坊=FuRaiBou=さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス