邪馬台国の会〜纏向遺跡の桃の種〜 | ゆだぽんの虹色♬オーラ視♬ブログ

ゆだぽんの虹色♬オーラ視♬ブログ

お寺や神社巡りで感じた事や、不思議な話・オーラについて…などなど書いています。


テーマ:
少し前の5月27日(日)は邪馬台国の会でした♪


今回のテーマは
『纏向遺跡出土の桃の核 年代測定』

つい最近、奈良県桜井市纒の纒向(まきむく)遺跡で出土した桃の種について、放射性炭素(C 14)年代測定結果が、纒向学研究センターの最新紀要で明らかになりました!

結果は135~230年とのこと♪


今回の邪馬台国の会では、それらの結果を受け安本先生がいつものようにデータ解析などを元に検証されていました。


会の内容は…データ解析ですのでかなり難解


簡単にまとめるなら、同じ遺跡から出土した遺物を、放射性炭素(C 14)年代測定法によって測定した場合、測定対象や較正方法によって、推定年代値に違いが生じる。


邪馬台国(畿内説)と結びつく年代だけが発表され強調されている…


とのこと。

数々の矛盾も生じているようです。

発表された桃の種も

まだまだ研究の余地アリ

ということでしょうか


桃の種については古代史日和のブログにも、とても分かりやすく書いてありますので、ご興味のある方はそちらをどうぞ(^^)


古代史日和 yurin先生のお話



この日は講演会の後、安本先生や理事の方々と中華料理をご一緒しました


この日の前日に亀戸餃子を食べに行ってまして…
またまた餃子

餃子ブログを立ち上げようかしら




人気ブログランキングにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

ゆだぽんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス