最近のこと | ふんわりすとへようこそ!

ふんわりすとへようこそ!

~*~ I'm happy because I'm happy ~* ~

父が他界して、今日で、丸2年になりました。

 

 

私、あんなに たくさん、

いろいろなこと、学んできたのに。

 

いざというときは、なにも出来なかった。

本当に、なにも出来なかった。

 

 

1年9ヶ月の闘病生活でしたが、

どうするのが 正解だったのか、

いまでも わかりません。

 

本当は、こうしてほしいんだろうな、

というのは、わかっていたけれど。

 

私は、別の方法を、選んだ。

 

 

だって、生きてほしかったんだもん。

 

生きていてほしい、んじゃなくて、

生きてほしかった。

 

 

もし、いま、あの時期に戻ったとしても、

私は 悩んだ末、結局は

同じことをするような気がします。

 

・・・ 父親譲りの、頑固者ですからね。

 

 

 

父の病気を きっかけに

(当時は、「セッションルームの改装」を理由に)

おうちサロンを お休みすることにしたんですけど。

 

実は その少し前から、私の中で

変化が生じていました。

 

少しずつ 違和感が 大きくなって、

そのままでは いられなくなって。

 

お休みしちゃいました。

 

 

いまでは、以前の自分の感覚を、

不思議なくらい 思い出せなくなっています。

 

現在のところ、

再開する気持ちが まったく ありません。

 

 

まあ、母@認知症が、最近は

週末ごとに、我が家へ泊まりに来るし。

 

セッションルームの窓際のスペース、

このヒトに 占領されちゃってるし。

 

 

ココ、もともと、ワタシのお昼寝部屋ですけど?

 

あ、はい。

そうでした。

 

あなたのお昼寝部屋を、

私が お借りしていたのでした。

 

 

おかげさまで、ちゅぅちゃんも、

21歳と4ヶ月(くらい) になりました。

 

さすがに 21歳ともなれば、めちゃくちゃ元気、

というほどでもないけれど、

そこそこ 普通に 元気です。

 

 

 

なんかね。

 

父のことを 書かなければ

なにも 書いてはいけないような気がしていて、

アメブロの画面を開けなかったのです。

 

私の男性性、‘書くこと’が大好きなのに、

ずっと 我慢させてきちゃったな。

 

 

立ち止まったら、動けなくなる。

 

固めてあるものが 崩れたら、

もう二度と 元には戻せなくなる。

 

そう 思っていたから、

とにかく 目の前のことだけを こなしながら

走り続けてきた。

 

私の、外側の‘皮’ は、 いつもと同じように

立派に 社会生活を 送っているから、

見た目は ‘いつもの私’。

 

なのに、なんか、分離しているのです。

 

ひとり、いつまでも なにかを 引きずっている。

 

 

書けば、ひと区切り、つけられるかな、

と、こわごわ 書いてみたのは いいけれど。

 

ひと区切りどころか、

押し込めたいた いろんなもんが

あふれ出てきそう! (笑)

 

 

今月、変化を好まぬ 私にしては 珍しく

ちょっと大きな決断をしまして、

来月からは、少し ゆっくりできそうです。

 

あともう少し、押し戻して、蓋をして。

 

来月になったら、ちょっとだけ 蓋を開けて、

中を覗き込んで。

 

自分をリセットして。

 

なんにもないところから、行き先を決めずに、

どうなるのか 見てみようと思います。

 

 

ありがとうございます。