不妊症基本治療マニュアル

「チェック項目」
1、 お腹の硬さ、冷え
2、 子宮の位置確認
3、 肋骨の位置、高さ左右差
4、 横隔膜の硬さ、位置
5、 ASIS の左右差
6、 PSIS の左右差
7、 腎臓の位置
8、 脾臓の位置
9、 股関節の硬さ
10、 足の冷え、むくみ
11、 アキレス腱の硬さ
12、 頭の重さ
13、 頭皮の硬さ、ブヨブヨしているか?
14、 目の輝き


「施術の意味」

頭=脳下垂体に働きかける、脳脊髄液の流れを良くすることで、ホルモンのバランスを整える
お腹=子宮の内部環境を整える、
横隔膜=循環器を良くして、血液の流れを良くし、ストレスにより浅い呼吸を深い呼吸に戻す
足=むくみ、冷えの改善
肩こり、腰痛=身体を整え、妊娠しやすい体質作り
便秘=腸が子宮を圧迫するのを改善する


「施術の手順」
1、子宮の位置を確認  指針にて、硬い所を柔らかくする
2、肋骨 右が下がっていれば肝プレス
     左が下がっていれば脾プレス
3、横隔膜が硬ければ、リリース  呼吸改善
4、横隔膜の動きを診て、動き悪い方をリリース 呼吸改善
5、低体温の人や、免疫が下がっている人ならば、脾プレス
6、ホットストーンをお腹の子宮の位置に乗せる
7、頸椎(環椎の動脈)を触診し、反射を利用して脳脊髄液の流れを良くする
8、頭の重さを観る。 前頭骨、蝶形骨リフト、後頭骨調整
9、首8の字テクニック
10、肩甲胸郭関節の動きを良くする、肋骨調整
11、頸椎揺らしテクニック
12、鎖骨調整
13、ホットストーンをずらして、子宮の位置を確認してから矯正
14、腸調整  便秘の解消
15、腎臓リフト
16、卵巣矯正
17、下腿の陰経への指圧しながら、足首を動かす
18、背中へ手を入れて卵巣へ行く動脈部への刺激  卵巣への血流増加
19、大腰筋へのアプローチ=カウンターストレイン
20、お腹全体、横隔膜の硬さ、肋骨の位置、股関節の動き、肝臓の位置などをチェックする。

21、俯せになってもらい、足の長さ、 PSIS から、骨盤の歪みをチェックして、三角ブロックを入れて、矯正する。
22、ホットストーンを背中に置く
23、 肩甲胸郭関節、背骨揺らしテクニック、骨盤揺らしテクニックなどで、身体を整える
24、骨盤矯正
25、大腿部から下腿部への陰経を意識してほぐす。

*対外受精前の人には、よもぎ蒸しサービス
* 希望者には、背中のオイルトリートメント
* お腹の指針は、胎児の姿をイメージする!
* 内臓調整の中心となるのは、肝臓
* 相手を思いやる気持ちが大切!
* 意識の力。治ると信じる力! 「意識改革」が起きる!
来てくれてありがとうの精神を忘れない!