何かを、我慢していたのか、自分では、そんな、つもりは、なかったんです。


疲れが取れないなとは、前から思っていて、よもぎ蒸しに、行ってみたり、骨盤矯正に、行ってみたり、、、ユンケルを、飲んでみたり、


ある日の夜中、ベッドが、鉛のように重たく感じて、目が覚めたら、、ぐっしょりと、汗をかいている。


スマホで時間を見ると、4時過ぎ、、
汗をかいてるのに尿意がして、トイレに行きました。


用を足した後、ふと違和感がして、中を見たら、一面、真っ赤、、、


ああ、わたし、妊娠していたんだった。まただめだったんだ!ああ、、、あああ


という、夢を、見ました。
夢、です。


しかし、同じ夢を、何度もみる。
何度も、です。


妊娠したこともないのに、妊娠して子どもが流れる夢を見るなんて、わたしは、誰かに祟られているのかもしれない、、


そんな夢を、見た朝は、寝不足で、くまもひどく、体も重く、なかなか、ベッドから、出られない、


おまけに、顔色も悪いみたいで、周りから、心配されてしまっている。


化粧も、顔色を誤魔化すために、チークと、リップを濃いめにしている。


コンシーラーを塗っているのに、なんだか顔色が悪いですよ、大丈夫ですか、と、言われる。


見た夢を、まるで現実のことのように、体が受け止めているんじゃないか?と、思う時が、あります。


ついに、上司からも、ふらつきを指摘され、今日は、早退して、明日も、休むことになりました。


幸いにも、有休は、たっぷりあります。


今も、まだ早い時間なのに、少し意識が遠のいています。


おやすみなさい、