現在、お雛さまを飾る時は男雛が向かって左、女雛が右となっています(雛から見て右が優位)。昨年の天皇陛下の即位の礼でも天皇が即位の宣言をされた高御座は向かって左側にありました。しかし、これは大正天皇の即位の礼の時から変更されたものと知っていましたか?

 従来の日本のしきたりでは天皇が南面したとき、左側が「日出る」東であることから、こちら左側(向かって右)が優位とする社会制度が長く続いていたのです。その起源は中国・唐代の「尚左」の考え方だそうです。この考え方は京都の街つくりに生かされており、今でも京都の東側を左京区といいますね。

 しかし、大正天皇の「即位の礼」の時、国際慣例では上位は向かって左となっているという理由から変更されました。これを「尚右(向かって左を尊ぶ)」といいます。そして、このことは当時のひな人形の飾り方に反映され、男雛は向かって左、女雛は右となったのです。

 そして、これは武道における起居進退に影響し、前回「坐礼」で紹介した「右坐左起」から「左坐右起」に変更されていったことにつながります。私たちが日頃こうしたしきたりや伝統と思っていることの多くは明治、大正、昭和の時代に作られたものなんですね。