ビストロコティディアン | 川上文代の日々の食&旅日記!

川上文代の日々の食&旅日記!

デリス・ド・キュイエール川上文代が発信する美味しい情報です

昨晩は、辻調元&現役女子職員で、

卒業生のお店、麻布十番の「ビストロ コティディアン」に☆

昔話に花が咲き~~~いつまでもこうして過ごせるのは楽しい♪

教え子である須藤亮祐オーナーシェフは、

フランスの星付きレストランで5年間研修し、

休みの日は蚤の市やビストロ巡りの日々だったとの事。

お店に入ると、フランスで買ったミシュラン人形のビバンダムくんや、

調理器具や、フランスの本や、研修時代の写真などが飾られている。

お料理は流石フランス仕込みのお味で、

最初のパテ・ド・カンパーニュを食べた瞬間に、”あ~、フランスの味!”と、

フランスのエスプリを感じるお味!

フランスに行ってまず何が食べたいかって、いつも思うのはパテ・ド・カンパーニュ。
まさにそのお味☆☆☆

ねっとり熟成された深みのある味わいのパテ、

しっかりソテーして作られた味のリエット、

カリッと焼けた鴨のコンフィーがど~んと乗ったカスレ、

さわやかなグリビッシュソース&こんがり焼けたテット・ド・フロマージュ。

昨夜は他にはなかなか無い「国産牛ハツのペルシヤード」を頂きましたが、

ヴィューリヨンを思い出してしまいましたが、内臓料理も常に2品は置いているとのこと。

家から徒歩25分で行けたので、フランスの味が恋しくなったらまた行こう♪

ごちそうさまでした&楽しく美味しい時間をありがとうございました♡