11月に入りクランクアップタワーを撤去してくれる

業者を探した、とりあえずは自宅を新築した時に前の家を

解体工事してくれた業者と連絡を取り見積もりを出してもらった。






更にもう一社見積もりを出してもらう、いわゆる合い見積もりだ

金額を比較するとかなりの差がある




A社は税抜き ¥190,000 税込 ¥205,200

B社は税抜き ¥110,000 税込 ¥118,800

¥86,400 の差があるこれは大きすぎる !!!




A社はタワーをクレーンで取り外した後隣の駐車場で

半分に切断してトラックで持って行くとの事

7mの長さのものが乗るトラックが無いからだと言う話だ

明細を見ると玉掛け代 ¥40,000 となっている

更に2人の作業員が来る為その人工代が掛かってしまいコストが

余分に掛かってしまう。



※ 玉掛けとはクレーンで物を吊る時にワイヤーを掛ける
作業の事、玉掛け作業をするには資格が欲しい。




B社はタワーをクレーンで取り外した後そのまま

トラックに積んで持って行くとの事

玉掛けは僕自身が会社で玉掛けの資格を取得しているので

玉掛け代はゼロ、タワーを撤去してトラックに積み込むまでは

僕自身が手伝い作業員の人工代は掛からない

なのでタワー撤去代は ¥76,000

クレーン代が以外と掛かる B社の場合は ¥45,000


( ちなみに A社は ¥50,000 だった )

そして B社の基礎部分のコンクリートの削り作業は ¥34,000

( ちなみにA社は ¥80,000 う~ん高い )




トータル ¥110,000 + 消費税 ¥8,800 = ¥118,800



上記の金額の中にはコンクリートを削ったガラやアンテナ、ケーブル

以前タワーに付いていた錆びたワイヤー等全て処分代も入っている。




となればもう即決 B社にタワーの撤去を依頼




撤去の日を12月12日に決定した。





撤去当日 9:00 から作業が始まるのでタワーのステージの柵に

付いている BS、スカパーのパラボラアンテナのケーブルを

取り外し業者が来るのを待つ







一番にクレーン車が到着、その後コンクリートの削り業者と

解体業者の営業の方が到着







撤去作業を予定通り 9:00 から開始した

先ずは玉掛けをしステージとタラップを同時に取り外す
















そしていよいよタワーの撤去、玉掛けをする








ワイヤーにテンションを掛け固定







当初は 9本のボルトを外してタワーを吊る予定だったが

時間が掛かりそうだったのでサンダーでボルトを切断










ついに30年間庭の定位置にあったタワーが

離れていった、なんかちょっと寂しい。







11:00 に運搬用のトラックが到着する為

クレーンで吊った状態で待機







その間基礎部分の削り作業に掛かる

流石プロの職人削り作業も順調に進む











コンクリートの中にあった基礎ユニットが見えてきた





11:00 頃トラックが到着、積込み作業を行う














トラックに乗せたタワーをワイヤーで固定





そして永遠の別れ・・・・




削ったコンクリートのがら、ワイヤー、ケーブル、アンテナ等を

片付け14:00 には全て作業を終了する事が出来た。




削り終った基礎部分





広くなった庭









「あっ、タワーのプレートを記念に外しておけば良かった」残念 !!!






30年前タワーを建てたばかりの時のタワーを伸ばした

在りし日の勇姿の写真が見つかったので紹介。



※スキャナーが使い物にならなかったので写真を撮影








アンテナを取付けている30年前の僕









あるはずのタワーが無くなりとても寂しいが

何かすっきりした気持ちにもなった。



Befor





After









新しいパラボラアンテナ




最後にタワーのステージに取り付けてあった10年以上前のパラボラアンテナから

ベランダに取り付けた新しいパラボラアンテナへ変更、パラボラアンテナの位置を

調整し受信レベルを最大にして本日の撤去作業全て完了。





以上 アマチュア無線クランクアップタワー撤去の記録でした。