睡眠障害はメラトニンというホルモンが関係していると言われています。

 

メラトニンは睡眠と覚醒を切りかえる作用と体温、血圧などが低下して脳が休まる安眠をする為に大きく関係しています。

 

その為、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が不足してしまったり、自律神経の働きが乱れることで、メラトニンの分泌が減少してしまうと、不眠症等の睡眠障害を引き起こす可能性があります。

 

不登校の子供には、自律神経の乱れでの不眠症が増えているといわれています。

 

この自律神経の乱れは生活習慣の見直しでサプリの補助で解決も可能なので、子供さんが不眠による不登校になっている親御さんはご一考下さい

 

中高生の不眠、起立性調節障害の悩みにサプリメント

キリツテイン

 

関連サイト

朝起きられるようになるには~不眠に有効な成分~

AD