不登校になった子どもたちの特徴で「大人しい・手がかからない子供」が多いといわれています.

 

あくまで傾向ですが、大人しい子ほど、どうやってストレスを発散していいかわからなかったり、ストレスやプレッシャーをため込みやすいため、その反動で眠れなかったり、夜遅くまで起きたり不規則な生活に陥りやすいのだと考えられます。

 

またそういったことで精神が不安定になると、食欲が減り外に出る気力がなくなり外に出る時間が減ったり、最悪うつ病にまで発展する可能性もあるのです。

 

このことから、親御さんたちは、子どもが学校に行けなくなって無理やり学校に行かせることよりも、まずは不眠に体調不良をケアすることから初めてみてください

 

中高生の不眠、起立性調節障害の悩みにサプリメント

キリツテイン

 

関連サイト

朝起きられるようになるには~不眠に有効な成分~