魂を輝かせる植物療法 アロマ&エッセンスでキラキラの毎日♪

愛媛・松山のホリスティックヒーリングサロン
かおんでは植物療法を通して
あなたのハートを輝かせてキラキラの毎日が送れるよう
魂・肉体・エネルギーをバランス調整しています!

魂が輝く植物療法サロン主催のfumikaです

ジェモセラピーとアロマセラピーの二つのアプローチ

~ジェモセラピー~
木々の新芽や蕾の生命・成長エネルギーを受け取り
心身をデトックスさせ、自己免疫力と自己治癒力を高めましょう!

Voice Healing Lyra Houseとは・・・
さらに深く自分の真我につながり
自分の魂の色を輝かせて生きていきたい方へ

声、歌、ライトランゲージ(宇宙語)、クリスタルボウルによる
音を通してエネルギーをアチューメントするヒーリングです。
深いエネルギーヒーリングをご希望の方は
⇓⇓

HP

お申込み・お問合せ



テーマ:

ここしばらくの間 Menolys(メノリス)というジェモを飲んでいます。

 

メノリスは、更年期~閉経の女性の体の不調に効果のあるジェモブレンドです。

実は私は今年に入ってから、更年期ではないか?と思われるような体の不調を

感じていました。

 

それまでは、コケモモというジェモを飲んでいました。これも更年期の女性に

とても効果の高いジェモです。

しかしふと、エリクシロリーというエオビオリス社のジェモブレンドで、それは絶妙な

その一本でベストな配合になっているということを思い出し

 

「そうだ!メノリスを飲んでみよう!」

 

そう思い立ちました!

 

 

・・・メノリスを飲み始めてからしばらく経ちました。

その間、2度の断捨離というのでしょうか?

大掃除を行いました。軽トラックいっぱいになるくらい不要なものを手放しました。

 

ちょうど自分の服を整理していたときでした。

ここ3年くらい全く袖を通していないワンピースを手に取ったとき、なんともいえない

感情が私のお腹のあたりからグワ~~~っと湧き上がってきたのです。

 

そのワンピースはとても女性らしいものでした。上半身はわりとシャープで、スカートは

ふわっとしたフレアーで、若々しい色で私にしては珍しくあまり着ない色のワンピース

でした。

 

3年経ってそれを全く着ていない自分に気づかないふりをしてきましたが、

そのワンピースを手にしたとき私は、それを着ていたころにくらべて歳をとってしまった

自分や、更年期に入った自分には似合わないと恐れている自分がでてきたのです。

 

さらに、友人たちとの会話のシーンがよみがえりました。

自分が更年期のような症状が出てきたことを話した際、ある友人が

「え?なんか早すぎない~~?」といい、別の友人は

「私はまだ全然そんなのないよ。生理もちゃんときているし~」と言いました。

それがなんだか私にとっては、早く更年期が訪れることは女性としてなにか

恥ずかしいことのように感じたのです。

いけないこと・・というか、女性の機能として劣っているというような・・

それを指摘されたような気持ちになりました。さらに、自分はまだ全然大丈夫~と

ピースしながら話す友人からは上から見下ろされたような気持ちになって、なんだか

悲しくなりました。

そのシーンがリアルに思い出されたのです。

 

不思議な気分でした。

私は割とそういうことに関しては淡泊にドライにとらえていて、更年期も好意的に

受け取っていると思っていましたし、歳を重ねることに親しみすら感じていると

思っていました。

 

しかし、私の心の奥底では、更年期になり閉経するということは女性としての価値が

なくなり魅力がなくなるという悲しみと恐れの感情があったのです。

その感情があったからこそ、私の心は友人たちのなにげない言葉に反応して

ざわついたのです。

 

そのワンピースを手にしながら私は、更年期に対するいろんな感情がよみがえってくる

自分に驚きながらも出てくるままにまかせていろいろな思いを味わいました・・・・

 

 

そのワンピースを皮切りに、私は部屋のあちこちを断捨離しながら

その様々な物に触れそれを購入して使っていた当時の自分、女性として

がんばってきた自分、母親として頑張ってきた自分、妻としてがんばってきた自分、

PTAや仕事や町内会でがんばってきた自分を思い返し、

「よく頑張ってきたね・・・ご苦労様。お疲れ様。」

と声かけていました。

 

女性として生まれ、結婚し姓が変わり、妊娠し、出産し、母となる・・・自分の体が大きく

変容してきたこの自分の人生と身体に対して、今の私が心から感謝を伝える・・・

それは更年期に差し掛かった自分だからこそ言える言葉でもあり、感謝の感情でも

ありました。

 

 

その気持ちは、今朝いつものようにお水にメノリスを入れて一口味わいながら

飲んだ瞬間に訪れました。

細胞の一つ一つに、感謝のエネルギーが伝わっていきました・・・

その時私はとても自分の体が「いとおしい」と思いました・・・

 

そして、ようやく自分は一人の人間として純粋に自分のやりたいことをやれる岐路に

たったのだと感じました。

自分のやりたいことは何歳だろうができると思う方もいることでしょう・・・もちろんそうです。

しかし、私はこれまで自分より家族、自分より子供を優先して生きてきました。

それは誰に指示されたわけではなく義務でも強制でもなく私がそうしたい!と心から

思っていたからです。

そうすることに喜びも生きがいも感じてきました。

 

しかし、これからそれ以外にも私は私が純粋な気持ちでやりたいことに取り組めるのだ・・

と新しい扉が開いたような、そんな気持ちになりました。

夫は夫 子は子 私は私・・・ やっと素直にそう思えるようになりました^^

 

清々しい気持ちでいっぱいです・・・・

 

メノリスは肉体的にも私の体の不調もやわらげてくれましたが、私のこれまでの女性

としての過去の人生の様々な感情のエネルギーを解放してくれました。

急に物を処分したくなったのもメノリスの影響だと思います。

断捨離しながら自分の感情の断捨離をしていたのですね・・

 

知人が更年期は、光年期だ!ということを話していたことを思い出しました。

 

これからは、光の世界へ・・・光輝き、イキイキと人生を楽しむために、、

光年期(更年期)はその光に向かう移行期なのです。

 

胸を張って 笑って  光に向かって 進んでいきたい^^ そう思った朝でした^^

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)