塔ノ岳 2019秋 | ふみの山とお酒の散歩道

ふみの山とお酒の散歩道

山に登ってお酒呑んで、山から降りてお酒呑んで、山に登らなくてもお酒呑んで。

 

 

 

こんばんは✧◝(⁰▿⁰)◜✧

 

 

 

2週間ぶりに山へ・・・。

(=毎度の丹沢(~‾▿‾)~)

 

 

 

 

なんですが、

普段、トレーニングとは

無縁の生活をのほほーんニヤニヤ

としていますと

 

 

 

 

この2週間ぶりの山は

年々、地味に・・・

キョーフと化しますチーン

 

 

 

 

案の定今回は

(予想以上に)ヘタレ全開えーん

 

 

 

 

予定していた行程をこなせずに

ガックシと下山しました

(下山途中から元気復活したけど)

(←遅いやん!)

 

 

 

 

山に行かない間

体の筋肉は日、1日と

減っていく中

地図を見まくってましたので

 

 

 

おかげさまで

代わりに

目の玉が筋肉痛ぼけー

(場所間違えすぎや)

 

 

 

 

地図を見ながら食べる

おやつのバームクーヘンは

等高線に。

 

 

 

シュークリームは山に見え、

シュークリームの

凹みは谷。

膨みが尾根に見えるほど(←幻覚きすぎ)

 

 

 

勝手にお慕いしている

丹沢番長に

「今度はここ行ってみるね〜ん♪」

と報告しましたら

 

 

 

「その日やったら

登山口最寄りのバス停まで送ったるわ」

 

 

 

当日小田急の駅まで来て下さり

ピューンとバス停まで送って頂けました笑い泣き

あざす!!

 

 

しかし

番長の目的はひとつ。

 

 

 

車内でキッパリと

これが言いたかった

(と思われる)

 

 

 

「ええか、今日は〇〇はええけど、

△△はやめとけよ」と。

 

 

 

ひーーー滝汗!!

 

 

 

「は・・・はい。かしこまりましたチーン

「うむ。ほなこれやるわ」

 

 

 

番長といえばの

「ビタビネC」をふたあつ、

頂きまして。

 

 

番長は「ほなパー

と言ってピュイ〜ン・・・車DASH!

と去って行かれました

 

 

 

そのお車を見送りながら

夫婦二人、

「あざしたー笑い泣きビックリマーク」と

敬礼してお見送りさせて頂いた次第です

 

 

 

番長のおかげで

始発バスよりも

少し早くバス停に着き

 

 

 

いつもモタモタ準備の私達は

始発便の方達がさっさと

出発されるのと同じ位に

スタートを切れました

(いつもどんだけ遅いねん)

 

 

 

 

 

大倉尾根のまっすぐなこの道は↑

スタートとゴールの気持ちの切り替え道

 

 

 

 

〇〇も△△も行こうと

思っていた私(達)は

緊張で前日眠りが浅かったのと

 

 

 

もし

△△も行くなら

もしもの時のことも考え

山中で一泊の装備も所持していました

 

 

 

山行時間が長くなる見通しだったので

水も一人2.5リットル(うち500mlは山専ボトル)

所持。

 

 

食料もたっぷり、

着替えも普段より多く詰め込んでいました

 

 

 

おかげで

2週間ぶりの山は

さらにキツくなり

 

 

 

一歩一歩がキツイ・・・

足が上がらない・・・

 

 

 

ウォーーー!

足重いぞー!

何でこんな重いねーん!

足一本増えてんのちゃうかー!

(んなわけないやん)

と叫びたくなる気持ちを抑え

ゆっくり進む

 

 

 

張り切ってた割に

スピードがいつも以上に

遅い自分に焦る

 

 

 

早々からヨタヨタ歩きに

なってたけど

楽しみにしていたこの

紅葉の道にパッとでて↓

 

 

やっぱ 気持ち上がるラブアップ

 

 

 

ウヒョ〜んラブ

大好きな大好きな紅葉。

今年も丹沢の紅葉見られて

嬉しいな〜

 

 

 

しんどいけどニヤつく中途半端なヒト↑

 

 

 

花立の階段は

ずっと階段づくしの大倉尾根の中でも

「かかってこんかい」的な階段。

 

 

 

ヨタヨタマックスで登っている時

曇り空ながら

表尾根の三ノ塔や大山が

まだキレイに見えていました

 

 

 

 

 

 

この日の天気予報は曇りで

南西の風が「強風」となって

吹き付けるため

てんくらでは指数が「C」でした

 

 

(雨)降らなければいいか・・・

と言っていたのですが

 

 

高度を上げるにつれ

その冷たい風が強くなり

体感温度が急激に下がってきました

 

 

サミーな・・・

山頂大丈夫かな

 

 

 

なんて思いながら

ヨタヨタしてると

前からチャンプさんが来て

 

 

 

 

そのチャンプさんの

いでたちを見て

「あ、山頂相当(寒い)やな・・・」

と悟りました 笑

 

 

↑難しい着こなしのチャンプさんウシシ

 

 

 

 

 

そして

その山頂はといえば

 

 

 

 

強風

吹き荒れていて・・・

 

超〜〜〜〜

サミーのチーンチーンチーン!!!

 

 

外で休憩するのは

修行に近く、

ほとんどの方が小屋に避難され

小屋は満員御礼状態(そらそーだよ〜!)

 

 

 

私達のこの日の

予定は丹沢山までいくはずでした

なので小屋には入らず

素通りの予定でしたが

 

 

 

小屋、

入りたいなあ・・・

寒いなあ・・・

 

 

と思いつつ

まめさんがトイレは借りる

というので

待ってました

 

 

 

帰ってきたまめに

「どうする・・・?」と

聞いてしまい

(→こう聞く時点でほんまはもうあかん)

 

 

 

 

散々二人で迷い、

それでも

丹沢山方面へ進みました

 

 

 

 

 

 

 

 

途中で引き返しました

 

 

 

 

あまりの烈風と

ちめたさで

本来の目的の〇〇も

 

 

 

ましてや△△なんて

とんでもない

 

 

と思い始め

「アタシやっぱりあそこ

こんな状態では行きたくないかも」

 

 

とまめさんに告げて

まめさんも了解してくれました

 

 

 

よって

2週間も目の玉筋肉痛にして

幻覚起こるまで地図見たけど

あっけなく諦めて

 

 

 

ストーブのたかれた

暖かい山荘へとっとと避難しましたえーん

 

 

 

 

こんな時は

甘酒。

 

 

 

うう

うまい・・・・えーんドキドキ

 

 

 

指先がかじかんでいて

お代を払うときに難儀したくらい

冷えていました

 

 

湯気の上がる

湯のみ茶碗を両手で包み

 

 

ズズ・・・と

その甘い液体をすする時の

幸せよ

 

 

 

ガサゴソとザックから

パンを出して食べたけど

 

 

 

まだまだ

大量に持ってきた食材も

水もたっぷりあり

帰りの重さは何ら

変わりそうにありません

 

 

山荘の中で

暖をとっている間

 

 

 

外の風の音は台風並みで

窓がガタガタバタバタと揺れ

小屋に人がいなかったら

ピュ〜と小屋も

ぶっ飛びそうな勢いでした

 

 

 

手のかじかみが収まってきた頃

朝に見送ってくれた番長の顔が

ふと思い浮かび

「△△どころか〇〇も行きませんでしたショボーン

と報告

 

 

 

番長は

「それでええ、無理したらあかん」

とキッパリ(別名キッパリ番長)

 

 

 

 

少し外が明るくなり

自分達の体も冷えが

ましになったので

下山することに。

 

 

 

 

そーすってーと

途端に

 

青空見えてきたーー!

なにこれー!

(強風は相変わらず)

 

 

 

一歩一歩下山するごとに

どんどんと晴れ渡っていく

「登山あるある」照れ

 

 

 

空には

宇宙船みたいな

不思議な雲がたくさん

浮かんでいました

 

 

 

全く見えなかった富士山も顔を出し

見事に晴れ渡る空

 

 

 

 

 

 

富士山の横に

2週間前に訪れた

愛鷹連峰が見えて感激ラブ

 

 

愛鷹連峰の上を飛んでるような鳥の形の雲も発見

 

 

 

長い長い緊張の連続になるだろうと

思っていたこの日が

自分の軟弱さゆえに

突然の短い山行に変わったけど

 

 

 

下山するとなると

痛かった靴擦れも

気にならなくなり

(実はひどく痛んでいた)

 

 

重い荷物も軽く感じ

 

 

硬くなっていた心も

和らぎ出した

 

 

 

下山時は

日曜日のせいか

まだまだ

下から登ってくる人がたくさんでした

 

 

 

 

「今、山頂に行く人はいいね照れ」と

まめと話しながらも

 

 

 

内心は

あの状況で今日はやめておいて

よかったと素直に思い、

満足でした

 

 

 

 

鼻膨らませすぎている時と

お酒を飲んでいる時は(おい)

 

 

 

自分が正常と思っていても

どこかしら

落ち着いた判断が

できていない場合が多々あるのです

(→自分で言うな)

 

 

 

 

本当に不思議で素敵な雲の浮かぶ、空でした照れ

 

 

 

その後も

心軽やかに下山していると

 

 

 

「ふみさん!ふみさ〜ん!」

とお声がけされて、

ちょっと驚いて振り返ると

美しい女性がラブキラキラ

 

 

 

「マミですニコ!」と仰って

びっくりドキドキ

 

 

 

ブログで読者に登録させて頂いてる

マミさんがお友達と登られていました

(のぶりんさん、あさみさん♪

←勝手に知ってるつもり 笑)

 

 

 

マミさんの旦那様

「電気屋の社長さん」も何と!

すでに私達とすれ違っていた!

と言うことだったのですが

旦那様の方は全然気がつかずで

かなり残念でした笑い泣きあせる

 

 

少しだけご挨拶して

あさみさんは少し足の具合が

悪そうだったのですが

図々しく

写真を撮りましょうと言ってしまい、

その時にハッと気付きました

 

 

 

なんと!

 

 

 

皆、おそろで

赤い人のサコッシュおーっ!

(あさみさんは違った!惜しい!←なんでや)

 

 

 

これには

2度目の驚き・・・

と笑い(なんでや)

 

 

(しかも皆ノースのパンツ・・・ 笑)

 

 

マミさんはブログで拝見するより

さらに美しい方で素敵でしたラブ

帰りはさか間さんに寄られると

仰っていたけど

 

 

 

今回は私たちは

早々にお家に帰ろう、と

決めていましたので残念でした

 

 

 

またの機会があれば

いつかさか間さん、

ご一緒したいなぁ照れ

 

 

ひと時の出会いでしたが

嬉しかったです、

ありがとうございましたほっこり

(社長さんは残念!)

 

 

 

丹沢ダンシングツリーで・・・くねり。

 

 

 

昼過ぎの光が届く登山道

 

 

 

 

そして

再びの

 

 

 

最高の秋道。

 

 

 

丹沢であること、

秋の紅葉であること

=最高ドキドキ

 

 

 

 

ああ

リスになって

この木を

くるくるスルスルと登り上げたい

 

 

この赤い葉っぱの中で

戯れたい

と妄想鼻血ブー

 

 

はあ〜んラブ

 

 

 

 

すっかり青空の中

麓に下山して

 

 

 

予定より

かなり早く下山したので

前々から気になっていた

こちらへ

 

 

今やこのお店の前の駐車場を利用される方も

多くなったのでご存知の方も増えたと思いますが

実は駐車場は

このお店の管轄ではないそうですほっこり

 

 

 

ちょっと緊張して中に入りますと

(=こう見えて基本人見知り激しい私ですあせる

超ウエルカムな笑顔でお二人が

こんにちは〜♪と迎えてくれました

 

 

 

ちょっと見させて下さいほっこり

と言うと

どうぞどうぞ♪と笑顔満点

 

 

 

 

思わず流れで(笑)

色々なお話をた〜くさん

お聞かせ頂いたのですが

 

 

こちら、

一言で言うと

素晴らしいです(なにがやねん)

 

 

 

色々、

色々、

山屋さんのことやトレランさんのこと

山道のこと、麓の活性のことなど

これから素敵にしたいという

目標をお持ちで

 

 

それに対して

着実に行動を起こし

尽力されていることを知って

感動です

 

 

 

店内では

ワークショップで

ワラーチ(サンダル)を作れたり(¥4000、)

国産ヒノキでスプーンやフォークを作れたり(¥1000)

予約なしでも受付してくれるそうですラブ

 

 

 

私は今年から

夏は山でもルナサンダルを愛用しているのですが

このワラーチにとても興味があり

いつかこちらで

自分だけのワラーチを作りたいと思います!

 

 

ヒノキのスプーンもいいなあ〜

とワクワクしましたラブ

 

 

 

このお店のお隣には

まだこれから改装して

皆のコミュニケーション広場として

解放したいとお考えになられている場所があり

こんな感じなんです、とわざわざ

中を見せて頂きましたほっこり

 

 

 

中はまだ改装途中でしたが

昔ながらの梁を利用した

ステキ空間になっていて

出来上がりが本当に楽しみですラブ

 

 

また、

このお店の傍の屋根付きの

空間で薪スペースがあり

このスペースも無料で貸してくれるそうです

(飲み物だけは要購入)

いつか仲間と薪バーベキューなんか

してみたいなあ

 

 

その他、

荷物の一時預かりとか

登山靴の無料貸出しサービス、

プロトレックの時計の無料貸出まで

ありますポーン

将来は更衣室も充実させるそうで

これからも楽しみなお店でした!

 

 

朝、出発前にこちらでコーヒーを

頂きながら持参のパンを食べてから

出発される方もいらっしゃるとかほっこり

 

 

 

皆さんも一度は

お立ち寄りされると

ステキな店主さんたちが

満点笑顔で迎えてくださると思います

これから、色々な山の情報を

こちらで得られるようになる日も

近いのではと思いましたニコニコ

 

 

 

 

 

店内にあったテルテル坊主の表情がかわいい照れ

(販売されてます)

 

 

 

 

 

色々あったけど

やっぱりステキ丹沢な時間を過ごせて

ありがたい1日でした

 

 

 

色々なこと

色々な人に

感謝です

 

 

無人販売のみかんを

3袋も買ったので

風邪予防にたくさん食べたいと思います照れ

 

 

 

皆さんも

お体ご自愛下さいねほっこり

 

 

ありがとうございます