この投稿をInstagramで見る

先月、逗子の別荘へ遊びにいきました😊ついでに一色海岸でゴミ拾い🏖 1番落ちていたゴミは、タバコ。次が、プラスチックやビニールゴミ。 そして、海辺から打ち上げられた海藻や小枝に無数にまとわりつく、5mm以下のマイクロプラスチック。その量の多さにびっくりしてしまいました。全然取りきれなかったの。 ・ 東京湾では64匹のイワシのうち、44匹の体の中からマイクロプラスチックが見つかったと、一時話題になりましたね。 マイクロプラスチックの問題は今、世界でもっとも深刻な環境汚染のテーマです。 今のままでは2050年には魚よりもプラスチックの量が上回ると言われています。 ・ これを機に、国全体で環境のために取り組んでいる北欧の事例をまとめてみました!日本にもこの技術が生かされるといいな。 ・ スウェーデンのゴミの99パーセントがリサイクル、またはエネルギーに変えられて、実質埋立てされるのは1パーセント程度だとききました。リサイクル♻️されないものは、燃やされてエネルギーに変えられて、それらは家庭の暖房に使われたり、生ゴミはバイオガスを生成し、街のバスはそれを利用して走る。 むしろ、国内のゴミだけでは足りないので、他のヨーロッパからゴミを輸入して、それがビジネスになってます! ・ スウェーデン🇸🇪のH&Mは、海洋プラスチックをリサイクルして♻️ドレスを作りました!プラスチックを糸🧵に変える技術は、@bionicyarn 社が開発した新技術を駆使しています。現在はconsious exclusiveというラインで日本でもサスティナブルなコレクションがネットでも店舗でも購入可能です(写真3枚目) ・ デンマーク🇩🇰のLEGOでは、「2030年までにサスティナブルな原料を使う」という使命のもと、サトウキビから抽出したエタノールで作られたポリエチレン製のサスティナブルLEGOを発表しましたね(写真4枚目) ・ などなど。リサイクル♻️の伸びしろを期待しちゃいます! ・ 日本では、ユニクロがショッピングバックを紙に変えるなど発表されましたね!今日ニュースをみて、いいね!と思いました❤️ ・ 日々、出来ることから。 逗子では、娘二人も綺麗な海を守るため、頑張って海岸のゴミ拾いを手伝っていました。1歳の次女は、貝殻遊びに夢中でしたが。笑 どうか、未来の子供、孫、もっともっと先の世代まで綺麗な地球が保たれますように🌏 #未来のために #出来ることからコツコツ #綺麗な海 #綺麗な地球を守りたい #リサイクル #北欧リサイクル事情 #スウェーデンのゴミ産業がすごい #貝殻集め #逗子 #一色海岸 #ユニクロ #北欧美容研究家 #佐藤ニーフェラ史枝 #北欧 #マイクロプラスチック #microplastics #freefromplastics #plasticfree #goforgreen

Fumie Nyfeler Satoさん(@green_cosmetics)がシェアした投稿 -