金曜日ですね。
今日は、冷ややっこと小松菜の煮物そしてきゅうりとわかめの酢の物で冷酒を飲みました。
冷酒ではなくてひや酒です。
ぼくの中では冷酒は現代では冷蔵庫で昔なら井戸などで人為的に冷やしたお酒だと思うのです。
ひやざけはいわゆる常温のお酒だと思っているのです。
浪人や下級武士などが日頃飲むのは冷酒ではなくてひや酒だと思っています。
偉い武士や分限者の商人が飲むのが冷酒だと思っているのです。
デイジーで時代小説を聞いていると、浪人や庶民が冷酒を飲むとか読まれているけど、これは違うなと思いながら聞いています。

とかなんとか思いながら酔っ払ったけど、今日の酒の肴は動物性たんぱくのないものでした。