”ウ露戦争に学ぶ「戦争の作り方」日本人の53%が防衛費増額に賛成” | 宇宙の叡智を降ろすブログ

宇宙の叡智を降ろすブログ

数秘チャネリング鑑定をしています。

先日の5年で防衛費43兆増額へ決定のニュースを聞いて、ついに日本もここまで来たかと思ったものだがムキー

要点をよくまとめてくださっているのでリブログ。

 

 

これは防衛という名の戦争準備。

 

 

なにも決めない、やらない岸田首相が、このような前例ない決断をするはずもなく、すべてはアメリカの言いなりである。

つまりアメリカは2028年以降、日本を中国にぶつけようと決めたのだ

 

 

 


自分のブログで2030年には中国と戦争すると書いたのは2022年6月8日

2030年中国と戦争するように日本を誘導するアメリカ


書いたときには、

 

本当にそんなことなるのかな~ニヤニヤ

 

と、半信半疑だったのだが、、、
 

 

 

それから起きたニュースをいくつか並べてみると、、、

 

 

06月17日 日本版CDC新設を正式決定。
07月08日 安倍元総理暗殺。

08月02日 ペロシ米下院議長が台湾訪問。


10月11日 スターリンク、日本でサービス開始。
10月23日 中国共産党大会で習近平が再選。独裁が決定的に。
12月01日 予算委員会でマイナカード予算に2兆円超判明。事実上の義務化。
12月05日 防衛費5年で43兆円に決定。実に予算額が1.7倍へ(NEW!)
 
 
たった半年で、急速な管理社会への移行と、軍事費増加。
 
近い将来、中国と武力衝突すると言われても、半年前なら信じられないが、現時点でも、戦争は絶対にあり得ないと言える人は減ったのではないか?
そして、この後も急激に戦争への道筋をたどっていくのだろう。


私、個人ができることはなんなのか。
まずは心理操作から抜け出すことが当面の目標です真顔