和製英語 | 管理人Aのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

和製英語

最近は諸外国から新しい概念なんかがたくさん導入されるせいか、
日常の中で使われる外国語が激しく増加してる訳です。

中には元の単語から意味が転じてたり、勝手に略されてたり、

実はそういう和製英語が一番苦手です…

つかブレストって何?平泳ぎじゃないの、とか・・・なんかいい例他に思いつかないけど

だからと言って逆指値とか無理やり日本語にされても意味不明だから止めて欲しい。



そんな感じで押され気味の日本語ですが、日本語ってのは昔から語彙が豊富だと(日本人の中では)思われています。

例えば政治家が良く使う「遺憾の意」ってのを英語に訳そうとすると?ってなってしまいます、

試しに辞書で引いてみたらregretって出たんですがなんか違くないですか?