先日配信された「極限面接」で、ジェジュンが自身の人生グラフを作成していましたね。

MCのイ・セジンさんが上がった時、下がった時を指摘していきますが…。
明らかに上り下りの激しい人生あせる
上がった時はデビュー時で、下がった時は「自分が一番、世間知らずだった時期」なんだそう。
「自分にとっての本当の幸せが何か、知らなかった」とも。

同じようなこと、入隊前のJPARTYで言っていたので、気になっていた部分ではあります。
その時の私はジェジュンのファンになったばかりだし、その日が初めての「生」ジェジュンだったんですね。
そんな時に「なんで、あの時は気がつかなかったんだろう」って言っていたのが、過去の出来事を後悔している感じがして…。
自分の人生を否定してる感じがしちゃったんですね汗

そこを否定されちゃうと…。
遅れてジェジュンのファンになった私まで否定された気分になってしまうよ〜汗

「自分にとっての本当の幸せが何か」なんて、誰にもわからない。
そんなこと誰だって、人生が終わってみないとわからないでしょ!?
「世間知らずだった」ってことを自覚できたってことが、幸せな事なんじゃないかなはてなマーク
世の中には自分の無知を知らずに恥をさらしている人が多いから。

ただ…「ここ」が人生グラフの一番下じゃなかったえっ
ジェジュンの人生グラフで一番下だったのは…。
「それに気がついた時」。
幸せは物理的に見えてるものにあるとは限らないっていうことに気がついた時、ってことですよね。

ってことは、グラフが一番下がっていたのは、10年前じゃなかったってことなんだねえっ
気がついた時…それは入隊前に同じ話をしていた時かもしれない…。
もしそうなら、ジェジュンの今までの人生グラフでどん底の時に、私はジェジュンに出逢ってしまったのかもしれません。

いや、「だから」なのかも。
ジェジュンが気がついてくれたから、私はジェジュンのファンになったのかも。
だって、それまでだってジェジュンのことは目にしたことはあったんだから。
それでも、あのタイミングでジェジュンのファンになったというのは、何か理由があったのかもしれない。
そう思うと「ジェジュンが気がついてくれたから」って言うのが一番しっくりくるような気がします。

ジェジュン、気がついてくれて、ありがとうアップ
おかげで私はジェジュンのファンになることが出来たし、すっご〜〜〜く幸せですドキドキ

ジェジュンはどん底だったかもしれないけど、それがあったからこそ、幸せになったファンだってたくさんいるんですよニコニコ
それにね、「ハゲても応援する」って言ってくれるような、見た目とか空虚なものではない部分で愛してくれる本当のファンが、今はいるでしょはてなマーク
今いるファンは、信用できる人たちだけがいるはずでしょはてなマーク

もしどん底な時を経験していなかったら、「いつかファンが自分から離れてしまうんじゃないか」って、今でもずっと不安に感じていたはず。
今は自信を持って自分を見せることができるもん。
人生グラフの話をしている時だって、入隊前の時と違って、きっぱりと言い切っていて、迷いがない感じがしましたキラキラ

今は、幸せなんだよねはてなマーク
グラフ、ず〜っと高いところにあったもんねニコニコ
でも…一緒にもっと上へ行こうビックリマーク
履歴書からはみ出るくらいにねにひひ

ジェジュン、愛してるよ〜ラブラブ

人生のどんな出来事も無駄な時なんて全く無くて。
「どこに幸せがあったか」なんて人生が終わる時までわからないもの。
だから、後悔だけはしないように…反省して生きています。

やりたくない事も、もしかしたら何か別の物を運んできてくれるかもしれない。
人脈とか、ね。
辛いことも幸せに続く道のりなのかもしれない…。