インドへの旅・完 | Full of Love~ガンクドラムトオトノレン~

Full of Love~ガンクドラムトオトノレン~

ガンクドラムを通して世界と繋がり、
528hzから広がる音の揺らぎはまるでさざなみのように
全てを優しく包み込みます。
音は身体も意識も変える。全員が創造する世界へ。


テーマ:
インドOsho meditation resortでの1週間を記事にしてます。

初めて読む方はこちらから↓↓









◇◇◇◇◇◇◇◇◇


最終日、
どれだけここで過ごしたのか時間の感覚もなくなり
朝の日課の瞑想へ参加し、





family constellationというワークを受ける。
これはクローズドで受けるたった5人だけのワーク。







それぞれ家族とのこと、母親とのこと、
ワークを受けていく。





「あぁ、わたしはこうやって愛と接していたんだ。
愛と"だけ"戯れることができなかった経験が、全てを怖い物のように見せてたんだ。

愛と怖れが同居していることが怖かっただけなんだ。」






と、わたしのぽっかり空いた"根っこ"の部分に新たな根が生えていく。





たくさん泣いた。
たくさん恨んだ。





それをいつも支えてくれていたのは、自然や動物。
そして、迎えに来てくれた愛があった。








ワークを一緒に受けたメンバーにも意味がある。
色んなものを結び直している感じがした。






ありがとう。みんな。








夕方になり、クンダリーニ瞑想へ。




クンダリーニ瞑想も日課になっていて、
連日参加した。
とにかく体に任せて湧き出るものを音に合わせて出す。



この日のクンダリーニ瞑想は、 
family constellationで顕になった
兄への怒りを出しに出した。
怒りに任せて体が動かしたいように動かし続けた。



内から湧いてくるエネルギー。
ある日は、この瞑想のおかげで熱射病が収まった。



それぐらい自分の力で自分を調整している。
とってもシンプル。








部屋に戻りパッキングをし、
翌日の旅立ちに備える。


本当に最後の日。
明日は日本人グループでランチだ。





〜〜〜〜〜〜




翌日になり、
昨日クローズドのグループワークを受けた人全員、
痰が出るという共通の現象が…




日本に帰ってきてからもまだ痰が出てる。
どこでそんなに痰が製造されてるのか、というぐらい出る。笑
体と心ってほんとおもしろいな〜。





そして、そして、
最後にみんなでランチを共にする。




↑最高の2人に挟まれてめっちゃ最高なやつ✨









不思議なまでの安心感だったなぁ。





インドに行けば、人生が変わる。



…って、言葉は実はインドに到着してから初めてルミナさんに聞いたんだけど(笑)、



気づいてるとこも気づいてないとこも、
大きく変わり始めてるだろう。






これからの生き方のヒントはアクアフローティング





"委ねれば水が支えてくれるから。"












インド旅、レポートおわり。

528Hzガンクドラムリサシテーター アカシアイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス