今日は、27歳でガンで亡くなった若い女性の手紙をご紹介します。

 

死が目前に迫った時、私たちは何を思うのか?
 

死は、私たちに平等に必ずやってきます。

 

そしてそれはいつ来るのか誰にも分かりません。

健康で、朝「行ってきます」と笑顔で出かけた人が、

突然帰らぬ人となるかもしれません。
 

それでは、ご紹介します。


 

<転載開始> 転載元 


26歳という若さで、死と向き合い始めるというのは

少し珍しいことかもしれません。


多くの人はこのことに目を背けて生きているからです。

毎日は、当たり前のように過ぎていきます。

まるでそれがずっと続くかのように。



私もいつか歳を重ね、シワができ、

白髪になることを想像していました。


たくさんの子どもに囲まれ、

愛に溢れた家庭を築くことをいつも考えていました。

でも人生は儚く、貴重で、予想できないものです。


毎日を生きることは、

与えられた権利ではなく、贈り物なのです。



私は27歳です。

まだこの人生を終わらせたくない。

私は今とても幸せだからです。


でも、もう私にはコントロールすることはできません。

私はただみんなに、些細なことを、

あまり心配しないで欲しいのです。

そして覚えておいて下さい。

 

 

最後にはみんな同じ運命が待っているということを。


だからあなたの時間を、

価値のある素晴らしいと感じることに使って欲しいのです。

嫌だと思うことはしなくていいのです。
些細なことには寛大な心でいてください。



もちろんイライラすることはあると思いますが、

ずっと引きずらないでください。


そのようなことで、周り人々の人生に

悪い影響を与えないようにしてください。

イライラしてしまう時は外に出て深呼吸をして、

新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込んで下さい。

 


そして空の青さを、木々の緑を見てください。

 

それはとても美しいものです。

考えてみてください。
呼吸ができること、その素晴らしさを。
 

もしかしたら今日、渋滞につかまってしまったかもしれませんね。


あなたの愛おしい赤ちゃんが泣きわめくせいで、

よく眠れなかったかもしれません。



美容師があなたの髪を短く切りすぎたかもしれないし、

変えたばかりのネイルが欠けていたかもしれません。


自分の容姿が気に入らない人もいるかもしれません。

でもそれらのことは些細なことです。


あなたが人生の終わりを迎える時、そんなことは考えないでしょう。

 

 

人生全体で見れば、

それらのことは本当にどうでもいいことです。


私の身体は日を追うごとに、

どんどん痩せ細っていきますが、

 

私の願いは、

 

・もう一度だけ、家族と誕生日を過ごしたい
・もう一度だけ、クリスマスを迎えたい
・もう一度だけ、パートナーと過ごしたい


それだけです。


たったもう一度だけでいいから。



仕事がどれだけ大変だったかなどの不満を訴える人がいますが、

まずは身体が満足に動くことに感謝してください。

 


たとえ理想の体型でなかったとしても、

健康でいられること、身体が機能すること、

 

それだけで素晴らしいことなのです。

食べ過ぎに注意して、適度に運動をし、

新鮮な食事で十分な栄養を与えてください。



そして、お互いを助け合いましょう。
与えて、与えて、与えるのです。


他者に与えることで得られる幸せは、

この上ないものです。

私ももっとそれをしたかった。



病気になってから、

多くの人が私をサポートしてくれました。


とても返しきれるものではありません。

そのことを私は一生忘れないでしょう。

あなたが死ぬときに、お金を持っていてもなんの意味もありません。

 


自分の服を買う代わりに、誰かのためにそのお金を使いましょう。

あなたが同じ服を着ていても、誰も気にしません。

何より大切な人を食事に連れていったり、

贈り物をすることは気持ちの良いことです。


その際に、大切に想っているという気持ちを伝えましょう。



自分のためにお金を使う際は、

モノではなく経験に使いましょう。


ビーチに行って足を水につけ、

つま先で砂を掘り、顔を海水につけてください。

自然を感じてください。

携帯の画面ばかり見るのではなく、

ただその瞬間を楽しむようにしてください。

 


人生とは画面を通して生きることではないし、

完璧な写真を撮ることでもありません。

 

大切な人との、血の通う時間を大切にしてください。

早起きをして、鳥のさえずりに耳をすまし、

朝日の美しい色を眺めるのです。


音楽を聴いてください。音楽はセラピーです。

犬を抱きしめてください。

携帯を置いて、友達と話をしましょう。



旅をしたいならしましょう。
生きるために働いてください、

 

働くために生きてはいけません。

心が幸せに感じることをしてください。
ケーキだって食べていいのです。

 

 

何の罪悪感も要りません。

やりたくないことには、やりたくないと言いましょう。


他の人が考える理想の人生に

プレッシャーを感じなくても大丈夫です。


平凡な人生を望んでも全く構いません。



愛する人に、毎日愛を込めて、

愛していると伝えましょう。

そして覚えていてください。
もし何かが、あなたを不幸にさせたとしても、

あなたにはそれを愛など他のパワーに変える力を持っています。

この地球であとどれくらい生きられるか分からないのだから、

そのようなことで時間を無駄にしてはいけません。



多くの人が同じことを言っていますが、

これ以上の真実はないと思います。

これは一人の若い女性からの人生のアドバイスです。

 

覚えていてくれても、忘れても構いません。
それでは、また会う日まで。

<転載終了>

 

 

今目の前に居る人、

 

配偶者(パートナー)、子供、友人

彼らとも、いつか「さよなら」する時が来ます。

 

この地球では、永遠に続く関係性は無いからです。

 

もしかしたら、何か些細なことで、

わだかまりを持っているかもしれません。

 

 

ですが、死と言う別れを前にした時、そんな些細なことが、

 

・心を通い合わせること

・感謝すること

 

に何の支障があるでしょうか?

 

出会ってくれてありがとう。

喜びも悲しみも、沢山の経験をありがとう。

 

そう伝えたくなるのではないでしょうか?

もう直接、肉体のあるその方に、

 

伝えるチャンスは永遠にないのですから。

 

 

 

この亡くなった彼女の最後の願いは

 

・もう一度だけ、家族と誕生日を過ごしたい
・もう一度だけ、クリスマスを迎えたい
・もう一度だけ、パートナーと過ごしたい

 

でした。

 

これら全ての願いは、

物ではありませんでした。

 

身を飾る、肩書、地位、名誉、プライドではありませんでした。

 

 

全てが、大切な人との、

 

思いやり溢れる魂の交わり、

経験を望んでいたのです。

 

別れは、突然にやってきます。

 

私たちの目の前の人たちは、

私たちにとって一番大切な人々です。

 

ですから神さまの采配で、近くに置かれたのです。

 

 

いつ死が私たちを引き裂いても悔いのないように、

 

どうか目の前の方を愛し、

大切になさってください。

 

出会ってくれたことに感謝してください。

 

そのように心を合わせることのできた人とのご縁は、

 

きっと死を超えて、永遠の絆となるからです。

 

 

 

 

 

 

 

※画像はネットからお借りしました。