モニター症例 埋没法による重瞼術を応用した埋没式眼瞼下垂修正術(改正医療法対応版) | 福嶋美容外科クリニックのブログ

福嶋美容外科クリニックのブログ

福岡県北九州市小倉北区の美容外科です。

今日は切らない眼瞼下垂修正術のモニター症例をご紹介します。

眼瞼下垂とは様々な原因により目を開ける能力が低下し目が開きづらくなった状態を指します。
原因が様々なため修正術の術式も多種多様です。
程度があまり重くない状態の場合(もちろん原因にもよります)切開をせずに針と糸だけを使った埋没式修正術で改善できる場合もあります。
切開を行いませんのでダウンタイムが短くて済むのが最大の特徴となります。

この方の下垂はそんなに重たくありませんので埋没式で修正をしています。
同時に二重のラインもできるような術式(出来ないようにすることも可能です)を選択しています。
もともとの症状が軽いので目の開き方は若干良くなった程度ですが、術前はこの開き幅を得るために眉毛が上に上がっています。
術後の写真では眉毛を上げて目を開ける必要がなくなったため、眉毛の位置が下にさがってきています。



術前


術後

 

埋没式眼瞼下垂修正術

 

施術のリスク
手術によるもの:腫れ・内出血・つっぱり感・疼痛・希望との差異・左右差・異物反応など
麻酔によるもの:アレルギー・ショックなど

施術費用:埋没式眼瞼下垂修正術20万円(税別)→症例はモニター契約のため半額
              麻酔代は上記に含まれます。

 

北九州・小倉の美容整形・美容外科・美容皮膚科は福嶋美容外科クリニック

整形・プチ整形 ブログランキングへ