共生社会へ ~新しい価値の創造~ | 社会福祉事業部のブログ

社会福祉事業部のブログ

放課後等デイサービス たから の活動を中心に配信します!


テーマ:

お世話になっております。

寒さも増してきました。健康管理には十分に配慮していきます。

 
さて、「多様性」と聞くことが多くなりました。
多数派の意見だけでは社会が成り立たなくなってきており、少数派の意見を今まで以上に尊重する考えかと思えます。

 
「ノーマライゼーションからインクルージブ㊟へ」との言葉は、教育や福祉に限らず、社会一般的な「新しい価値の創造」と思います。

 

今後も集団生活内での支援とともに、合理的配慮㊟のある個別支援にも目を向けて、より良い支援を図っていきます。

 

担当:織田


①インクルーシブ教育とは、人間の多様性の尊重等を強化し、障がい者が精神的及び身体的な能力等を可能な最大限度まで発達させ、自由な社会に効果的に参加することを可能にするという目的の下、障害のある者と障害のない者が共に学ぶ仕組み
②合理的配慮(ごうりてきはいりょ)とは、障がい者から何らかの助けを求める意思の表明があった場合、過度な負担になり過ぎない範囲で、社会的障壁を取り除くために必要な便宜のことである。

 

 

社会福祉事業部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス