やわらぎふくろうのホッとタイム

ご訪問ありがとうございます。

 

 

細菌やウィルス、ガン細胞などから体を守り、

私達の健康を支えてくれている「免疫力」

 

 

免疫力を高めるためには

食事や運動、睡眠、

ストレスをためないことが大切ですが、

今日は免疫力を高める方法をお伝えしたいとおもいます。

 

良かったら参考にしてみてください。

 

 

その前にあせる

 

こんな方、免疫力が低下しているかもガーン

 

チェックして該当するものが多い方は、

免疫力を高める対策を始めてくださいね!!

 

 

 

●お腹や手足が冷えている。低体温

 

●食事の栄養バランスが悪い

 

●野菜や果物、発酵食品はあまり食べない

 

●ストレスを抱え続けている。ストレス発散できていない

 

●慢性的な睡眠不足

 

●生活リズムが乱れている

 

●風邪をひきやすい

 

●便秘や下痢をすることが多い

 

●目や口が乾く

 

 

 

免疫力を高めるポイント

 

1 腸内環境を整える。

 

2 体温を上げる(体を温め、代謝を上げる)

 

3 自律神経のバランスを整える

 

 

 

 

1 腸内環境を整える

 

 免疫細胞の70~80%が集中する腸は、

 人体最大の免疫器官と言われています。

 

 腸が正常に働かなくなると

 免疫システムがうまく機能せず、

 病気にかかりやすくゲホゲホ

 

 腸内細菌は睡眠の質や

 心の健康にも大きく関与していて、

 腸の働きが全身の健康につながるため、

 腸内環境のバランスが大切。

 

 ・ビフィズス菌、乳酸菌などを増やし、腸内細胞を善玉菌優位にする。

 

 ・食物繊維、発酵食品、オリゴ糖などを積極的にとる。

 

 を意識してみてください。

 

 

 ・納豆

 ・みそ

 ・しょうゆ

 ・お酢

 ・ぬか漬け

 ・かつお節

 ・キムチ

 ・ヨーグルト

 ・甘酒

 ・塩麹

 ・ザワークラウト

 ・アンチョビ

 

善玉菌が喜ぶ食材

 ・海藻類

 ・根菜類

 ・果物

 ・キノコ類

 ・大豆

 

など他にもまだまだありますが、

日頃から意識して取り入れたいですねニコ

 

 


2 体温を上げる

 

 人の免疫機能が最も良く働くのは、

 深部体温が37℃前後。

 

 深部体温が35℃台になると、

 体の機能に障害が出始めると言われます。

 

 

 エネルギーの75%は体温維持に使われ、

 体温が1℃下がると

 免疫力が30%ダウンしてしまいます。

 

 

3 自律神経のバランスを整える

 

 体温維持、血流をコントロールしている自律神経は、

 ストレスを受けると血管が収縮し、血行が悪くなり、

 女性の大敵おーっ!冷えにダウン

 

 また自律神経の乱れは、腸のぜん動運動停滞につながります。

 

 ぜん動運動は自律神経のリラックス時に働く

 副交感神経によって活性化されます。

 

 

 副交感神経は夜に向かって、

 徐々に優位になっていきますが、

 ストレスなどでその切り替えがうまくいかないこともあります。

 

 

 副交感神経の働きが最も高まる夜0時頃星

     お月様

     お月様

 睡眠時に免疫細胞が活発になり

 疲労回復や免疫機能を強化するホルモンの分泌、

 糖や脂肪の代謝など

 睡眠中に行われるからだ調整は様々。

 

 質の高い睡眠で疲労を回復し、

 体の免疫力を保つことは

 自律神経の状態を良くすることにつながります。

 

 

 

前置きが長くなりましたが

 

ここでご紹介したいのは

 

免疫力を高めるに役立つ

 

「仙骨温め」

 

ですビックリマーク

 

 

仙骨は骨盤の中央にある、

逆三角形の形をした骨で、

尾骨の上の部分。


 

 

女性の健康、体の恒常性機能に

深く関わりがあります。

 

 

仙骨を温めると

 

●骨盤内の血行が良くなり、臓器を温める

(子宮、卵巣、膀胱、腸など)

 

●快眠効果

(疲労回復、免疫力向上)

 

●自律神経、女性ホルモンバランスを整える

(仙骨から自律神経の副交感神経が出ていて、

体の中で最も効果的に副交感神経を刺激できる場所)

 

こんな嬉しい効果が期待できますアップアップアップ

 

 

具体的には、

 

●仙骨にカイロや温熱シートを貼って温める

 

●仙骨にシャワーを当てて温める

 

 

私は体の冷えを感じた時、

体が冷えやすい時期や不調の時には、

仙骨にカイロを当てて休みます。

 

よく眠れて、元気に目覚めます晴れ

 

 

 

ただ就寝時は、低温やけどの恐れがあるため、

基本的には就寝時は禁止です。

 

つける場合は、ズボンの上からで、

ミニサイズが良いと思います。

 

熱いと感じたら、すぐに外してください。

 

自己責任の判断でお願いします。

 

 

私は仙骨の上が熱いと感じるときは、、

カイロ一枚分上に貼ることもあります。

 

 

トイレに何度も起きてしまう。

よく眠れない。

足が冷える。

足がよくつる

 

冷えのサイン。

快眠を得られていないかも。

 

 

●入浴の際、40℃~42℃くらいのお湯を

シャワーで仙骨に30秒ほど当てる。

これを1~3回行う。

 

●寝る直前まで、仙骨にカイロを当てるか、

温熱シートを貼って温める。など

 

ご自身に向いている方法を試してみてください。

 

 

施術を通して、皆様の体の声を聴かせていただいている身として、

私達の体は毎日毎日文句を言わず、

時に悲鳴を上げながらも

本当によく頑張って働いてくれている。

強く感じます。

 

 

ありがとう

 

感謝の想いを込めて

 

体が喜ぶことを積極的に行いたいですね照れ

 

 

 

週末は再び気温が下がる予報が出ていますショック!

 

体を温め、どうぞ体調管理に十分お気を付けください。

 

 

本日も最後までお読みくださり

ありがとうございました。

 

 

 

やわらぎふくろうHPはコチラ