やわらぎふくろうのホットタイム

ご訪問ありがとうございます

 

三重県に住んでいる息子が、

帰ってきてました音譜

 

いつも帰ってくるときは、よく飲みにいったり

カラオケに行ったりしますが、

今回は予定が合わず、

お家ご飯で、のんびり時間を過ごしました照れ

 

 

6月に、助産師セミナーで新潟に行った時のお土産

 

「ふぐの生ハム」

 

「ブリの生ハム」

 

で乾杯生ビール

 

 

二人でお酒を飲みながら、

お互いの近況報告や、

仲間の話、

好きなアーティストの話

将来のことなどなどキラキラ

 

楽しく

 

穏やかな時間は

 

あっという間ですキラキラ

 

 

ふぐとブリの生ハム。

 

とても美味しく、二人でテンション上がりアップ

お酒が進みました日本酒

 

 

9月に再び新潟で助産師セミナーがあるので、

またお土産に買うこと決定爆  笑

 

 

息子の今回のお土産は

 

なぜか

崎陽軒のシュウマイと月餅(笑)

 

 

そして宙アポロ(笑)

 

久しぶりに崎陽軒のシュウマイが食べたかったそうですニヤリ

 

私も久しぶりに食べました音譜

美味しかった♪

 

 

息子がいつも買ってきてくれるお土産を、

二人でうまい!!と言って食べるのが

楽しみなのですにやり

 

 

 

いつも美味しいものをありがとうキラキラ

 

 

その優しい気持ち、

 

ママがいつも頑張る力の

 

大きな源となっています虹

 

 

 

息子と話してて何が楽かって、

 

お互い相手の話に、否定や意見が入らないので

 

安心して思ったままを話せることです。

 

 

相手の話を聞いたうえで、

 

自分はこう思う。

 

自分ならこうする。

 

 

それを聞き、

 

自分にはない考え方、

 

行動の仕方を知ることで

 

自分を客観的に見ることができます。

 

 

客観で見れる事で

 

ゆとりが生まれ、

 

間違いに気付いたり

 

反省することができると思います。

 

 

気付きって大事ですね。

 

その後の行動に、大きな影響を与えます。

 

 

けれど、

 

誰かに否定されると、

 

守りに入っちゃうから

 

主観という殻の中に

 

閉じこもってしまう。。。

 

 

 

 

価値観が違うもの同士、

 

物の見方

 

捉え方

 

考え方

 

感情

 

行動など違うのは当たり前。

 

 

価値観の違う相手の言動は

 

時として理解をする事が難しいことも。

 

つい意見を言いたくなります。

 

 

 

息子が高校2年生の時、

 

学校に行かなくなった時期がありました。

 

 

あの時は話を聞きながら、

 

優先していたのは

 

自分の価値観の方。

 

 

息子の気持ちを理解しようとしながらも

 

否定的な気持ちと

 

意見したい自分がいたので

 

当然相手にもそれが伝わり

 

ぶつかり合いのコミュニケーション。

 

 

あの時の息子

 

怖かったなぁ。。。

 

 

激しい会話のバトルをした時、

 

「話をしたって問題は解決しない」

 

「こんな会話無意味だ」

 

 

そう言われたけど

 

 

最後に伝えた

 

 

「話をしてくれてありがとう」

 

 

本当に

 

心からそう思ったから

 

素直に出てきた言葉。

 

 

言うのは勇気がいったけど、

 

ちゃんと言えて良かった。

 

 

 

あの時から

 

少しずつ

 

お互いのコミュニケーションが変わったような気がします。

 

 

素直な言葉が

 

一番

 

相手に伝わるのでしょうね。

 

 

あと

 

相手の話にどの位興味をもって

 

聴けるか。

 

 

「相手の反応の質が

 

自分のコミュニケーションの質」

 

 

と言われます。

 

 

いつでもお互いに

 

気持ち良いコミュニケーションがとれるよう

 

心がけていきたいと思います。

 

 

修行ですね(笑)

 

 

 

今回もいろいろはなしながら、

 

息子から力付けとなる言葉を

 

かけてもらいました。

 

 

今の自分に

 

一番必要な言葉。

 

 

その言葉を息子が言ってくれたことで、

 

余計な力が抜け

 

自分らしく

 

この先進む力を与えられました。

 

 

一番の良き理解者である息子へ

 

心からの

 

ありがとうを

 

 

 

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。