8月例会報告「女性の終活」女性の今とこれからを考える | 福井の女性起業家交流会「ふくむすび会」のブログ

8月例会報告「女性の終活」女性の今とこれからを考える

8月17日(水)ふくむすび会公開例会(Zoom)を開催。

会員11名、非会員1名、合計12名のご参加をいただきました。

 

テーマ「女性の終活」

 

「実家のお片付けで今の自分を振り返る」講師:薮下智子さん福井お片づけ倶楽部

「エンディングノート」講師:とみた早苗さん株式会社アドバンス・パートナーズ

「女性のための終活活動」講師:小川真紀さん行政書士まきオフィス

 

今回はふくむすび会会員でもある3名からお話を伺いました。

 

実家の片づけ、エンディングノート、終活...。

緊急ではないけれど、必要(大事)なことです。

私は9月で46歳になります。

両親とも健在で現役で仕事をしていますが、ずっと続くはずはありません。

いつか考える時がきます。

その時すぐに行動できるのか?考えることができるのか?と思うと、「できない!」です。

 

早目に準備と心構えをして、その時を笑顔で迎えたい。

緊急ではないけれど、必要(大事)です。

実家の片づけは、親が元気なうちに相談しながら片付ける

勝手に捨てるわけにもいきませんし、思い入れのある物は残したいですね。

お片づけはただ片付けるだけでもなく、「寄付をする」という方法もあります。

衣料寄付サイト

https://www.jrcc.or.jp/donation.html

その他不用品等寄付サイト

http://mottainai-japan.com/support/

https://www.ehaiki.jp/second/

エンディング...終わり...💦ちょっと、イメージが悲しくなります。
エンディングノート、とみたさんは「ありがとうノート」と言う呼び方をされています。

たくさんの「ありがとう」を入れながら書き進めていく「ありがとうノート」ネーミングは素晴らしい!です。

そして、余命1年と言われたと思って書いてみて✨✨と(笑)

そう考えると、生きているうちに大切な人(家族)とたくさん会話したくなりました。

たくさん「ありがとう」って言いたい。

女性限定の例会ですので「女性のための終活活動」としてお願いしました。

既婚子どもあり、既婚子どもなし、独身、出戻り(私だ)、色々な立場からの遺言書について伺いました。

小川さん自身も遺言書を書かれています。

分けれるものなら何の問題もないかもしれない。

土地や建物をどう分ける?誰に遺す?

そして、思いを遺すことも大切だと言うことです。

 

大切な人や家族が、ずっと笑顔で暮らしていけるように、できることから始めてみましょう!

次回の例会は9月15日(水)19:00~です。

今回のブログは、船井里江子(イラストレーターえこ)が書かせていただきました。

カテゴリ: ふくむすび会お片づけエンディングノートありがとうノート終活遺言書