中国紙工業講演会 | あきらめなければ 夢100%

あきらめなければ 夢100%

夢を持ち
生きることが志事


テーマ:


一昨年亡くなった祖父が導いてくれたかのような講演会でした。

祖父は戦後生き延びて、広島県福山市の奥から三原市へ出てきて、これから復興の時代で家がたくさん建ち、畳が必要になるとよみ、一代で畳屋を築き大きくしました。


小さなころ遊びに行っては、古い畳をさばいて再利用する行程を手伝い小遣いをもらっていた時代があります。さばいた畳床の中へ取り除かなければならないシートがありました。それが今回お世話になった中国紙工業の、今でいう特殊フィルムだったのです。


中国紙工業の会長が、祖父母には大変お世話になった事を懐かしみ話してくださいました。講演が終わってからも、私が祖父に似ているところがあるとしみじみ語ってくれました。


中国紙工業の村上社長が終わりに皆さんの前で放った夢・・・多くの社員が誇りに思えるような形になってくればと思いました。

その時は私の言葉が実り、豊かな社員が社長たちを支えた証になるのでしょう。


楽しみにさせて頂こうと思います。








テツローさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント