福元哲郎が「福元テツロー」として生きる | あきらめなければ 夢100%

あきらめなければ 夢100%

夢を持ち
生きることが志事


テーマ:
私は近寄ってくる子供たちと必ず写真を撮るようにしています。

その一枚は日曜日に広島県三原市で開催された三原駅伝で、たまたま来月末に行く予定になっている学校の子でした。

私自身が校長先生の言葉が心に響いたので、今朝の校長先生からのメールを紹介しますね^_^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マインドアスリート

福元 テツロー 様

 

おはようございます。

今朝,6年児童が職員室に来た時に,

「校長先生,ぼく,三原の大会で福元哲郎さんにお会いしました。いっしょに写真を撮りました。

世界的にすごい人だったんです。トライアスロンをする人です。筋肉がすごかった!『竹西小まつりに行きます』と言われていました。」と

目を輝かせて興奮気味に話してくれました。

「福元テツローさん」との出会いにより,彼なりに感じるものがあったようです。

 

人と人とのつながり(熱い思い・夢・志)は,こうして生まれていくのだと実感しております。

私が言うべきではないかもしれませんが,

福元哲郎さんが「福元テツロー」さんとして生きることは,まさに『天職』なのだと思いました。

 

つながりに感謝しております。

創立50周年記念講演の際には,もっと多くの子に「つながりで育つことの大切さ」を感じてほしいと願っています。

 

竹原市立竹原西小学校

校長 藤野 恵子





テツローさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント