腰痛/椎間板ヘルニア/脊柱管狭窄症でお困りなら!福岡初上陸の整体!           理学整体 福盛健康院の院長ブログ

医者が認めた「理学整体」   腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症でお困りなら福岡市東区吉塚駅前の 理学整体  福盛健康院 ☎ 092ー515ー2425


テーマ:

70代 女性

 

 

脊柱管狭窄症で骨を削る手術を数年前に受けたがあまり良くならず最近では杖をつかないと

歩けないほど足腰の痛みがあり来院。

 

左:初回施術前              右:初回施術後

 

左:初回施術前              右:初回施術後

 

 

左:初回施術前                右:初回施術後

腰椎4番5番の手術をされたようですが、背骨全体の後弯と傾きがきついようで、歩行時に

右股関節にも痛みがあり杖をつかないと歩けない状態でした。

 

施術後はゴツゴツ出っ張っていた腰椎もかなり伸び、背筋がしゃんと伸びたのが分かります。

 

背筋が伸びると、膝関節も自然と伸ばせるようになりますので、股関節や膝関節を治すには

まず、腰を治さなければ解決になりません。

 

2回目の施術後は杖をつかなくても歩けるようになり、3回目の施術後は杖を忘れて帰られる

所でした。

 

理学整体は、筋肉の調整です


身体の前後左右の筋肉をバランス良く整えることにより、その筋肉の本来の働きを

取り戻し、無理負担なくまた動けるように導くだけで症状は劇的に変わります。

 

 

椎間板ヘルニア・ 脊柱管狭窄症による痛み・しびれでお困りなら 
                

              理学整体 福盛健康院  

 
              
福岡県福岡市東区馬出1丁目4-1 
                松田屋ビル4階 

             TEL 092-515-2425

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
70代女性


全身の痛み、足の痺れで大学病院や整形外科病院を受診

整形外科では「側湾症」と病名をつけられ、骨の問題だから・・・と言われる

これといった治療もなく、痛み止めの薬を渡されるだけ・・・

挙げ句の果てには、整形外科から神経内科、心療内科にたらい回しにされ

なすすべもなく、最近は精神安定剤も処方される


左:調整前           中:調整途中           右:調整後


左:調整前            中:調整途中             右:調整後


左:調整前            中:調整途中            右:調整後


今回は、調整前・調整している途中・調整後と、3回写真を撮りましたが

この流れをご覧いただければ、体が変化していく様子がハッキリわかると思います

まず、「側湾症」と病名を付けられているはずですが、そもそも側湾症で

骨の問題であれば、こんなに変化は・・・と思います

でなければ、何が原因か?!!

理学整体は、筋肉の調整です


身体の前後左右の筋肉をバランス良く整えることにより、その筋肉の


本来の働きを取り戻し、無理負担なくまた動けるように導くだけで


症状は劇的に変わります



長崎県から、娘さんの付き添いで、藁にもすがる気持ちで来られたそうです

「自分の病はもう治らないかと思って諦めかけていたけど、希望が持てました!」


と、笑顔で帰られました






椎間板ヘルニア・ 脊柱管狭窄症による痛み・しびれでお困りなら 
                

              理学整体 福盛健康院  

 
              
福岡県福岡市東区馬出1丁目4-1 
                松田屋ビル4階
 

             TEL 092-515-2425

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
30代女性



事務職でパソコン入力が多く、長年肩こりや偏頭痛に悩んでいた。

最近は天気にも左右され、曇りや雨の日は特に調子悪くなる。

整骨院などに通い、マッサージを受けるが余計にひどくなり来院。



左:調整前 右:調整後

左:調整前
猫背で頭がうつむき、肩が前に巻き込んでいるのがわかります。


右:調整後

背筋が伸び、頭が起きてまっすぐ前を向いています。

しっかり胸が張れ、肩の位置が調整前より後ろに来ています。



左:調整前 右:調整後

左:調整前
手を挙げている角度が赤いラインより前にあり真上には挙がっていません。


右:調整後

体のラインに沿って真っすぐ挙がり、赤いラインより後ろになりました。



左:調整前 右:調整後

左:調整前
全体的に上から圧迫されたような姿勢になっているので、肩のラインやウエストが

広く見えます。


右:調整後

骨盤から全体が起き上がり、からだが細く見えます。



左:調整前 右:調整後

手の挙がり方や、左右差、長さも調整前後で比べると、かなり改善されました。



長時間の同一姿勢によるパソコン入力は首や肩にかなり負担をかけてしまいます。

それが原因とわかっていても、パソコンに集中するあまり、休憩をとるのを忘れがちです。


首や肩にかなりのストレスをかけている状態から、偏頭痛にもつながります。


しかし、そういった私生活の中で体を壊していくわけですから、1時間置きにでも


適度な休憩をとりましょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
40代女性



平成6年に腰椎椎間板ヘルニアで第5腰椎と仙骨を金具で固定する手術を受ける。

しかし、慢性の腰痛や両足外側の痛みは治まらず、来院。



左:調整前 中:調整後 右:3回目


左:調整前
正中のラインが湾曲し、左右のボディラインと脇の高さに差があるのがわかります。
体感がねじれているせいで、足の位置や手の位置が前後しています。


中:調整後
湾曲した正中のラインが改善し、左右のボディラインの形も良くなりました。
腰が伸び、手の位置が床から浮いているのがわかります。


右:3回目
3回目の調整後には、正中のラインも真っすぐになり、脇の位置が整ってきました。
ねじれが少なくなったので、手の位置も揃いつつあります。




左:調整前 中:調整後 右:3回目


手の挙がりも調整前後で開きが少なくなりましたが、3回目には真っすぐにあがっています。

このバンザイの動きは、肩関節の動きで、120°~180°が姿勢に関係する脊柱起立筋

の働きが正常かどうかがわかります。


腰がしっかりと入ってない状態では、バンザイしても120°までしか挙がりません。

腰の支えが正しくなると、肩関節の動きも可動範囲が増え、こんなにも挙がるようになります。


椎間板ヘルニアで第5腰椎と仙骨の間が狭いからといって、果たして、その部分だけを治せば

いいのでしょうか?


背骨はづ骸骨から骨盤までつながっています。

レントゲンやMRIで1箇所でも異常があれば全てに影響しています。

したがって、腰だけを治すのではなく、それに関係する全てのものまで正常に変化させなけれ

ばいけません。


全身が正しい形で、正しく働くように導くことが大事なのです。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
50代女性




長年に渡り原因不明の腹痛に悩まされ続け、病院に通うが

「どこも異常ありませんよ」 と言われ、来院。

他にも腰痛やめまいもあり、薬を服用するがあまり効果なし・・・。



左:調整前 右:調整後

左:調整前
かなりの猫背で、身体が右に傾いています。
左右の肩の高さや、ボディラインの違いがわかります。


右:調整後
姿勢が改善し、全体にスマートに見え、手の位置が調整前とは違います。
肩のライン、正中のラインも改善しました。



左:調整前 右:調整後

横から見た姿勢でも猫背で調整前後ではほとんど別人のようです。



左:調整前 右:調整後

調整前の姿勢ではバンザイしているつもりでも、綺麗に挙がっていません。
調整後には、挙げている腕の角度が調整前とはかなり違います。




調整後、腹痛が嘘のように止まり、めまいのような気持ち悪さもなくなったと

喜んでいただきました。

腹痛は姿勢からくる内蔵圧迫によるものも関係あるかもしれません。

猫背になると、内蔵は上からの圧で下垂し、胃腸や骨盤内臓器の本来の

正常な働きができなくなります。

内蔵も、正常な時は正常な位置で正常な働きができますが、姿勢により

正常な位置から変位し、本来の機能が低下するとも考えられます。




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
40代男性



工場勤務で毎日の立ち仕事から腰を傷めることが多く、今年の初めにぎっくり腰をしてから

左側臀部から下肢にかけての慢性坐骨神経痛で仕事をするのが辛くなった。



左:調整前 右:調整後

左:調整前
前傾姿勢で背中が丸く、体の中心が曲がっているのがわかります。

左右のボディラインも、身体が左に傾くせいで、くびれ方に差があります。


右:調整後
体の中心がまっすぐに整い、左に傾いて左右差があったボディラインもきれいになっています。



左:調整前 右:調整後

左:調整前
背中の反りがあまりなく、肩甲骨から首筋、頭部にかけ前傾しています。


右:調整後
背筋が伸び、前傾していた頭も起き上がりました。
バンザイしている腕も調整前より挙がっています。


調整後、左臀部から下肢にかけて出ていた坐骨神経痛がなくなり、動作がスムーズになった
とおっしゃっていただきました!


筋肉を正常に働くように調整すれば、身体にかかっている負担も減るため、痛みの原因が
改善されていきます。

身体の歪み(傾き・ねじれ)などは、本人は鏡で見て何となくしかわかりません。

しかし、こうして写真で全体像を撮ることで、どういう姿で毎日生活しているから痛みなどの
症状が出ているんだと客観的に確認し、どう改善したのかも確認できます。

この、身体の変化が、症状を無くすことに重要だと言えます。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
30代男性




朝目覚めた時は何ともなかったが、会社に行く途中、少し走った時に“ギクッ!”

そのまま仕事をしていたが、だんだん痛みが増していき、立ち座りも歩行も困難に。

無理に姿勢を正そうとすると“ズキッ!”と激痛が走るのでお爺さんみたいな格好で来院。




左:調整前 右:調整後


左:調整前
全体的に体が左に傾き、左右のボディラインと腕の間の隙間にかなり差があります。

腰を伸ばそうとすると激痛が走るので、かなり猫背です。


右:調整後
姿勢が起き上がり、傾いていた身体はかなり改善されました。

この時点で、寝たり起きたりする動作がとても早くなりました。


左:調整前 右:調整後


左:調整前
立った姿も、左に傾き右手が足に隠れています。

右:調整後
背筋がまっすぐ伸び、傾きもなくなりました。

腰が伸びなかったのも楽に伸びるようになっています。



ぎっくり腰はできるだけ早めの治療が効果的です。

ぎっくり腰を放置すると、慢性腰痛から腰椎椎間板ヘルニアに
悪化することがあります。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
50代女性




約1年前より、右足が縮んだ様な状態で歩行が困難になる。
少しの段差でも転倒しそうになり、整形外科へ。
「腰椎の4番と5番の間が少し狭くなってますね・・・」と言われたが
ほとんど何も処置のない状態。
整骨院へ行ったり、経絡療法など様々な治療を行ったが益々ひどくなる。


左:調整前 右:調整後

左:調整前

全体的に体が右に傾き、左右の肩の高さや手の見え方が違うのがわかります。


右:調整後

右に傾いていた体幹もほぼ中心に戻りました。
肩から首にかけて、高さの左右差、前傾していた頭も起き上がっています。


左:調整前 右:調整後

腕の挙がり具合の左右差がかなり無くなりました。



左:調整前 右:調整後

調整の前後で手の挙がる角度の違いが確認できます。


来院された日も、信号を渡るのにも右足の緊張で恐ろしかったと言われてましたが

帰りは心配なく安心して渡れました!と喜んでいただきました。

『腰椎の間が狭くなっている』と整形外科で言われる方が多くいますが

そもそも、なぜ狭い状態になっているのか?という説明は無いと思います。

猫背になったり、体が傾いたりすれば腰椎の骨と骨の間にクッションとなる椎間板が

圧迫され、狭く見えているのです。

その狭くなっている椎間を本来の正常な状態に戻すには、写真でもわかるように

まず身体の形を変化させなければいけません。



「理学整体」は、健康回復のため、体内の器官がすべて正しい形で正しく働くことができるように


導く調整法です



          身体の形(姿勢)の異常

               ↓

         動き(歩行等の動作)の異常

               ↓

           症状(痛み・しびれ)

症状があるということは、まず、身体の形(姿勢)に問題があります
姿勢とは、姿(すがた)勢いという字のとおり、勢いの無い姿は

動作はもちろんのこと、内臓の働きや思考にも影響が出やすくなります
この「形(姿勢)」の異常や「動き」の異常の原因は、筋肉の伸縮異常ですので

理学整体は筋肉の伸縮調整をします



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

30代 女性

長年生理不順で、首や肩こり、冷え性で悩んで来院。


左:調整前 右:調整後

左:調整前
骨盤が後屈し、腰から背中、首にかけて全体的に猫背になっているのがわかります。


右:調整後
骨盤が起き上がり、腰がしっかり入りました。背中から首、肩のラインもきれいになっています。



左:調整前 右:調整後

左:調整前
骨盤の傾き、体幹が右に傾いているせいで、左右のボディラインと腕の間の隙間に差があります。


右:調整後
腰が伸び、右に傾いていた体幹も真っ直ぐになりました。


左:調整前 右:調整後

骨盤が起き上がり、姿勢が良くなると関節の可動域まで変化が出ます。



施術を受け、軽い刺激なのにこの体の変化にビックリされていました!


骨盤のゆがみや姿勢異常は、ほとんどがそれらを支える筋肉の伸縮異状から起こります。


生理不順や生理痛などは、姿勢異常からくる骨盤のゆがみにより、骨盤内臓器の働きの異常に繋がることも多いのです。



《患者様の声》

長引く不調がたった一回の治療でこんなに変わって驚きました。
今までの悩みが何だったのか、と・・・(++)
どの部分をどのように治療しているのかを、 素人でも分かりやすく細かく丁寧に
説明しながら施術してくださり、治療前と後の変化を写真で比べて一目瞭然。
大変感謝です。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
60代の女性


症状は、坐骨神経痛と左膝から脹脛の痛み、しびれ。
慢性的な肩こりもあります。


左:調整前 右:5回調整後

左:調整前
左臀部痛と左膝痛により、重心が右に傾き正坐が少し困難な状態です。
肩の位置を見ますと、左右の高さの違い前傾しているのもわかります。


右:5回調整後
正坐が楽にできるようになり、右に傾いていた体幹もほぼ中心に戻りました。
肩から首にかけて、高さの左右差、前傾していた頭も起き上がっています。


左:調整前 右:5回調整後

左:調整前
腰椎後弯及び頭部の前傾で背中全体が猫背になっています。


右:5回調整後
骨盤が起き上がり、背中の丸みが無く、前傾していた首から頭部にかけてもきれいになっています。




整形外科で診察してもらっても、痛み止めの薬しかもらえず、「こんなので治るのか?」
と疑問に思われていたそうです。


痛み止めでは症状の出る原因を根本からは治せません!


坐骨神経を圧迫している原因はその体の支え方に問題があります。


その支え方を、本来の正常な状態に変えなければ根本から治せるとは言えないでしょう。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。