福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:

先月の21日、久しぶりに抜歯した。

親知らずではなく左上6番(14番)の上顎第一大臼歯を。

 

これは、今回復帰した歯医者ではなく、緊急でかけこんだ某歯医者が原因。

あまりの激痛でかけこんで治療してもらって、何回かで歯をかぶせた。

 

しかし、その後治療方針を言わないまま進めていくやり方に不信感を抱く。

そして、一区切りついたところで行くのをやめた。

 

そしたら、もっと強烈な激痛で、もともとの歯医者に電話した。

被せをとったら虫歯は治っておらず、進行して神経が壊死していた。

 

 

→ 「壊死と激痛と治療」

 

 

ただ、歯医者は短時間で何回も行くのが面倒。

数回イレギュラーな理由で変更してしまうと、行くのが嫌になる。

 

ここからは、歯医者の問題ではなく自己責任。

2年弱経ってからある時、歯がぐらぐらしたので、電話して歯医者に行った。

 

そしたら、死んだ神経のせいで歯を支えきれず、割れてしまったらしい。

ここで、抜歯確定。親知らずを抜いて以来、5年ぶり。

 

前回の件があったので、静脈内鎮静法を確認したが、なかった。

とりあえず、やってみてどうにもならなければ、紹介状を書いてもらうことに。

 

 

→ 「歯科とてんかんと抜歯」

→ 「脳とてんかんと歯医者」

 

 

割れた歯を削ると、ほとんど歯が残っていない。

その状態で根っこだけ取り出すから、痛いやろうなあ。

 

と予想していたら、それほどでもなかった。

横に生えてた親知らずよりはましだったようである。

 

口を開けても見えない位置なので、仮歯なし。

2か月後に歯が入る予定。先は長い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。