「糸と焼き鯖と赤い」 | 福盛貴弘の脳炎日記

福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。

最近、サバの塩焼きがコンビニに売っていることに気づく。

レンジでチンだけで食べれるというのはありがたい。

 

あだんに行ってた頃は、よく食べていた。

ちゃんと焼いてくれてものに、大根おろしがついてくるのはありがたい。

 

→ 「脳と閉店とアダン」

 

自分でスーパーで買ってきて焼いてもいいんだが。

鮭は焼くのにサバは焼かないのも、よく分からんが。

 

なんかふと食べたい時にというだけなので、冷凍にしてまでサバを常備しておこうと思ってないからかもしれない。

 

焼くことにそんなに手間を感じるわけではないから、スーパーで買ってとも思うんだが、どういうわけかそうはならない。

 

こないだ行ったそば屋の黒板に鯖の塩焼きがあったが、その日は他のものが食いたいという気分になって、頼まなかった。

 

きっと頼んでたら、美味しいのが出てきたやろうに。

ちゃんとした魚を仕入れてる店で食べるのに越したことはない。

 

そんな中、急にサバの塩焼きが食べたいと思って、コンビニに行くと、そういう時に限って売り切れ。

 

そして、今日はあるんかなと、ふらっと見た時には残ってる。

どうも巡り合わせが悪いことが多い。赤い糸は繋がっていないみたいだ。

 

近所の弁当屋には、サバの塩焼き弁当がないし。

職場近くの弁当屋にはあるのに。

 

味噌煮も悪くはないんだが、やっぱり塩焼きの方が好み。

常備という方向で生活習慣を変えるかどうか、現在悩み中である。