「脳と鱧天とうどん」 | 福盛貴弘の脳炎日記

福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:

先日、美々卯にうどんすきを食いに行った話をした。

久しぶりに食べて、満足できた。

 

→ 「夏と鍋物とうどん」美々卯

 

そこで、メニューを見ていて、うわっと思った。

こないだそば屋で食べたすだちそばのうどんものがあると。

 

すだちそばで、こんなうまい食い方を今まで知らなかったのかと感動。

日常生活でめったに感動などしないのだが、いい出会いだった。

 

→ 「そばと汗引くとすだち」

 

その時に目にしたメニューは、鱧天とすだちうどん。

こないだそば屋で食ったのが、うどんものでセットメニューがある。

 

これは期待できると思っていたので、絶対に食べようと思っていた。

で、2日後に速効行ってきた。

 

注文を取りに来た際、メニューすら見ずに頼んでいた。

これを食べたいと思ってきたので、迷いは一切ない。

 

鱧天はカラッと揚がっていて、好きな味である。

天ぷらは塩で食うのが好きなので、私の好みにあっていた。

 

そして、すだちうどん。うどんすきの時は普通サイズの麺だったが、うだちうどんでは、細麺。ちゃんとうどんが使い分けられている。

 

すだちそばの時とは異なり、出汁をガラスの器に入れて、ざるうどんのように食べる。醤油味がないので、すだりの酸味が口に拡がる。

 

天ぷらの油っ気はくどくなく、さらにすだちうどんでさっぱり。

夏の旬の鱧だけでなく、うどんでもすだち味が食えるんだと。

 

茹でたうどんにすだちをかけて食うのはしたことはあるが、こういう品のある味は自分では作れない。余は満足である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福盛貴弘さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス