「フジとENGEIと神田」 | 福盛貴弘の脳炎日記

福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:

フジテレビのENGEIグランドスラム

しっかりネタを見ることができるいい番組である。

 

テレビ尺なので、それぞれの時間が短いのは仕方ない。

ただ、こういうネタ番組はフジはしっかりしてると思う。

 

初回から毎回見ているわけだが、今回は出演者に驚いた。

落語家は以前に三遊亭圓楽さんが出たが、今回立川志らくさんが。

 

落語はネタ番組のテレビ尺では短すぎる。

しかし、その尺に合わせてきっちり作りこんでくるのはすごいと思う。

 

それよりなにより、まさか講談師がネタ番組に出演するとは。

これが今回一番驚き、そして喜んだことであった。

 

神田松之丞さんは、2015年10月4日にお江戸両国亭で講談を聞いた。

落語家への妬みをマクラにして、その後は話で聞かせるいい芸だった。

 

また聞いてみたいと思っていたが、講談だけの寄席は結構つらい。

こないだのは上方講談とセットだったので、聞きやすかったが。

 

そしたら、今や独演会のチケットは手に入りにくくなっていると。

じゃあ、あの日がらがらだったのはラッキーだったのかと。

 

話題になる前に既に観ていたのは、私に先見の明があったということか。

テレビで自宅で観れる日が来るとは思っていなかった。

 

新ネタじゃなく、宮本武蔵をやるというのもすごいなと。

そして、講談ならではのいいところでスパッと終わるというパタンをネタにしたのも。

 

時間があえば、独演会に足を運んでみたい。欲を言えば、予算がとれれば、お招きして独演会をやってもらいたいぐらいである。

 

 

 

→ 「寄席と講談と次も」

 

 

 

追記

そういや、前に月亭方正も出ていたが、上手いとは思わなかったんで。

 

それから、亡くなってしもたけど、可朝さんが出演したら、どうなったんやろうなと。

めちゃイケ、笑わず嫌い以来のフジゴールデンになったのに。

 

 

 

福盛貴弘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。