「北と勢いと西武」 | 福盛貴弘の脳炎日記

福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:

秋の北海道うまいもの会

2017年10月4日(水)〜17日(火) 西武池袋本店 7階(南)催事場 

 

 

先月は東武池袋。今月は西武池袋。

同じ店の出店もあるが、違う店があるから両方行く。

 

本日、楽日。

では、本題。

 

 

 

11日は、神経内科の通院日だった。朝一なんで、次までちょっと時間があく。

で、遅めの朝食を食べた。食べ終わって気づいた。

 

西武でうまいもの会、やってっるやんけ。

しまった、なんで吉野家で食うてしもたんや。[注]

 

でも、時間があいてるんで、寄ってみるか。

早い時間やから、ラーメン屋並んでないなあ。

 

塩なら入るかも。ラーメンは別腹ではないが、勢いで。

鶏soba KAMOSHIの鶏白湯塩ラーメンを頼んだ。

 

 

※鶏白湯塩ラーメン  鶏soba KAMOSHI [札幌市]

画像は西武の特設サイトから引用。

 

 

やばい。食いすぎた。産まれる。言っといれ。お便器で。

あっさりしてるから、嫌な感じはせずスープ以外は完食。

 

店を出てすぐに肉の試食が。腹いっぱいだというのに、食べてみる。

うっ、うまいっ、うますぎる。十万石まんじゅうより旨い。

 

しかし、今日はなあ、と思いを残して、12日の仕事帰りに寄る。

とりあえず晩飯やと思って、一番手前の店にした。

 

函館朝市いくら亭。いろんな組み合わせの丼。大漁丼は食いにくいからパス。

ウニだけだとくどいし、イクラだけは家でやるから、うにいくら丼(\2,052)にした。

 

で、前日に気になっていた肉を改めて試食。

豚ハラミ、豚トロ、塩ホルモン、牛アカセン。そのうち、以下の2つを買った。

 

 

 

※塩ホルモン、牛アカセン(ギアラ上の方) 炭や[旭川]

 

 

試食の肉が焼けるまで1周してきたらちょうどいいと言われてぶらぶら。

おたる巽鮨で、うにいくら丼4,320円。さっきの倍の値段。余計に食いたい。

 

しかし、翌日から結石の破砕で体力は落ちて出かけるのが困難だろう。

そして、手術代で金がふっとぶので、贅沢は敵。ああ、食ってみたいなあ。

 

 

 

 

 

[注]

吉野家が悪いわけじゃない。チェーンの牛丼屋としては一番好きである。

高級な牛丼にはなりえないが、早い、安い、うまいは守られてると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福盛貴弘さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス