福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:
前回のフリを受けて。
闇をぬけて架け橋を渡っていくわけではない

幸せを捜す旅人が歩き続けているわけでもない
大学に通う研究者が電車に乗って通勤をするだけの地球上の話。

暑さがきついというのはこれまでにも書いてきた
今年も5月から暑くてきつい。

家を出る時に、大丈夫かどうか確認する。
大丈夫なようなら、家を出て駅まで歩く。

電車が到着したら、乗り込む。
電車は冷房が効いていて、涼しいを超えて若干寒い。

東武練馬に到着する。
電車から降りる。

ここで問題が。寒暖差でくらっとするのである。
そしてバランスがとれなくなるのである。

首から下は全く問題ない。
寒暖差が脳に負荷をかけ、まっすぐ歩けなくなるのである。

まっすぐ歩けなくなる要因はさまざまである。(下記のリンク参照)
こういう時はタクシーに乗らざるを得ない

校舎に入って時間をかけて自力で治めるということになる。
病院に行くほどの症状ではないからである。

運に任せて青い鳥を捜しても仕方がない。
新しい風で心を洗って、地に降りるしかないようだ。















→ 「脳とバランスと私」その1

→ 「脳と休講と疲れ」

→ 「脳とバランスと身体」
 






・記事の言い回しが分かりにくい人のためにヒントを。












AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

福盛貴弘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。