福井御朱印倶楽部

福井御朱印倶楽部

趣味は、神社仏閣巡り。もちろん、目的は参詣・参拝。
さらに、お参りの醍醐味は、それぞれのお寺や神社の特徴的で魅力あふれる御朱印をいただくこと。
そんな素晴らしい趣味を持った素敵な仲間の交流の場を作りたくて、ブログを始めてみました!



テーマ:

大和四神めぐりの散華が頂きたくて、室生寺へお参りに行きました。

シャクナゲが見頃ということで、家族親戚同行四人です。

天気も良く、新緑も美しく、良い雰囲気のお寺ですね。

初めて来ました。



奥の院へ、弘法大師様の御朱印をいただきに、急な石段を登ります。

涼しいのですが、汗が流れます。



有名な五重塔。美しいお姿です。


室生寺のあとは、近くの龍穴神社へ向かいました。

龍穴神社の書置きの御朱印が室生寺の仁王門前の納経所にあると事前にネット情報を得ており、龍穴神社は毎月5のつく日しかお守りをいただけないと調べていたのですが、書置きをもらおうとしたら「今日は人がいるみたいだから、龍穴神社に行ってもらったら」と言われました。

連休だからでしょうか、社務所に人がいらして、お守りも御朱印もいただけました。

次の目的地へ向かう途中、桜井市で大神神社にお参りしました。

一緒に行った父の希望で、急きょ立ち寄りました。以前の参拝で得た南天と千両の苗ですが、千両が枯れてしまったようで、その苗を購入しました。

三度目のお参りです。二度目は山頂へ登拝しました。

今回初めて、御朱印をいただきました。大神神社の文字が達筆で、すごくかっこいいです。



もう一つの目的は、新西国巡礼。

當麻寺の本堂で般若心経を読み、御朱印をいただきました。

新西国巡礼は、ゆっくりと進めています。次は秋ぐらいに行けるでしょうか。

また、どこか神社仏閣にお参りした際には、ご報告させていただきます。


テーマ:

十月七日は、御朱印仲間の希望で京都の鞍馬寺へお参りに行きました。

天気は曇り時々雨。

片手に傘を持ち、カメラを出すこともなく、今回も風景写真はありません。


一緒に行った女性は、以前、全国一の宮参拝を満願した強者。

西国巡礼を満願した私が、一の宮さんには満願証があるのか気になって調べたところ、実は満願達成の記念品があるらしく、申請書は下賀茂神社にあるとのこと。

ご本人にも伝え、鞍馬の前に下賀茂神社にもお参りすることになりました。

「満願されたんですか?!」

御朱印受付の女性が、申請について聞いた私を畏敬のまなざしで見ながら、驚嘆にも近い感じで言いました。

「はい」

と答えはしましたが、もちろん満願したのは私の隣で申請書を書いている人です。



申請を済ませ、鞍馬寺奥の院参拝が希望だった彼女は、雨交じりの中、時々霞がかかる幻想的な山道を黙々と歩き続ける姿が印象的でした。


それから、二週間後。

「届きました!」との連絡。

立派なものですが、さすがに百八社のお参りを始める勇気は私にはありません。




テーマ:

一昨年、西国巡礼で御朱印に興味を持ち、満願以後も、去年は一年間月一回、この三月まで京都へ通う用事があって、そのたびに、いろんなお寺や神社にお参りしていた。

今年は新西国の御朱印帳を手に入れ、新たな巡礼の旅を始めてみましたが、どうやら年内はもう活動できずに一年を終えそうです。


九月にお参りしたのは、石川県の気多大社。

その際に、近くの宇宙科学博物館コスモアイル羽咋を訪ねました。カメラを持たずに出かけたもので、記念の資料をご紹介します。



アルバイトの宇宙人サンダーくんのクイズに答えて、もらったプレゼントが、宇宙カプセルのポストカードでした。

気多大社にお参りの際は、時間があったら、ぜひ一度見学してみてください。

三年前に行った時は、記念写真のコーナーにサンダーくんがいたのですが、今回は残念ながら不在でした。


翌十月には、雨の中、下賀茂神社と鞍馬山にもお参りしました。

この旅にも、カメラを持たずに行ったため、ご紹介できる風景はありません。また、次回にご報告したいと思います。


テーマ:

今年は、あまり神社やお寺にお参りできていません。

一昨年に満願した西国巡礼の四か月がピークで、その後も三十三間堂で新しい御朱印帳をいただき、引き続き月に一度は京都へ通う事情もあり、お参りの機会が多かったのですが、三月に京都通いの最後、滋賀で新西国の御朱印帳を入手し、新たに新西国巡礼の旅が始まったのですが・・・。


九月のお参りは、石川県の気多大社。

一度お参りしたことはあったのですが、当時は御朱印集めの趣味がなかったので、今回改めてお参りしました。

本当にお参りと御朱印だけで、写真も撮らず、画像はおみくじです。



大吉でした。

「時来れば枯木と見えし山影の桜も花の咲き匂いつつ」

春が来たら、新西国巡礼再開でしょうか。


テーマ:

お昼から大阪で用事があったため、少し早めに着いて、午前中に駆け足でお寺巡りをしました。

目的は、新西国巡礼です。


まずは梅田へ到着直後に、太融寺へ。



昔、大阪で仕事をしていた時、梅田は通勤の乗り換え駅で、よく買い物したり映画見たりしましたが、太融寺を訪ねたのは初めてです。趣味が変わると、同じ場所でも視点が変わりますね。

 

本堂の中でお参りして、御朱印の納経所は右手奥です。

お不動さんの周りを何回も周って、願掛けしている人もいました。

有名なんでしょうね。



お庭。借景は、都会のビルです。

初めて、お初天神へお参りした時も、ビルに囲まれた神社に驚いた記憶があります。その頃は、御朱印に興味はなく、文学部卒なので近松に関する実在の場所に感動しました。

 

次は、天六の鶴満寺へ。

谷町線は、通勤電車でした。都島に住んでいたのですが、もちろん、その当時は、お寺に興味なく、十年経って、新西国巡礼でここに戻ってくるとは思いませんでした。

広い通りに、高層ビル。大阪はどこで降りても都会ですね。

 


阿弥陀様にお参りした時に、地下鉄の一日乗車券を落としたことに気づかず、大通りを渡ったところでかなり焦りました。

通常800円の一日乗車券が、土日祝日は600円で地下鉄乗り放題なので、かなりお得です。

予定では、午前中に第一番の四天王寺と客番の清水寺も済ませるつもりで、地下鉄で天王寺駅を目指しましたが、午後の約束に間に合いそうもなく、途中で諦めて、電車を乗り換えました。

 

せっかく大阪市内に来たのだから、一気に四か寺と思いましたが、無理は禁物ですね。

ゆっくりと時間を新西国巡礼を楽しんでいこうと思います。


テーマ:


昨日は、新西国霊場客番札所観心寺の如意輪観音様の御開帳でした。


早朝出立は、二年前の西国巡礼を思い出します。

朝6時に福井を出て、9時50分に観心寺駐車場に到着しました。10時の御開帳に合わせて、参拝者がぞろぞろと歩いていく中、二台空いていたスペースに何とか車を滑り込ませることができました。




駐車場に建つ楠木正成公。



平日でしたが、大勢が参拝されていました。




先日、五木寛之の百寺巡礼で見た建掛塔。


この日は、同じ河内長野市内の第七番札所金剛寺をお参りし、和食さとで食事をしたあと、太子町へ向かいました。

関西は、あちこちにさとがあって、食事が便利です。メニューが豊富なのが魅力です。福井にはないので、関西方面での食事が楽しみです。





太子町では、第八番札所の西方院と客番の叡福寺にお参りしました。

聖徳太子の御廟を、初めて知りました。


これで、旅の目的を達したのですが、まだ時間があったため、奈良県明日香村へ向かいました。



飛鳥寺の大仏、釈迦如来像。写真撮影可だったので、記念の一枚。




明日香村の景色は、うちの田舎よりのんびりと心和むものでした。

このあと、聖徳太子が生まれた第十番の橘寺にお参りして、今回の旅は終了しました。


追伸

写真は風景ばかりですが、もちろん新西国霊場の御朱印をいただいております。観心寺では、御開帳の限定御朱印もいただきました。

いつか地元福井で、御朱印の話ができる仲間ができることを願いつつ、ブログを書き進めてまいります。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス