地黄で温まろう! | 漢方の福原薬局ブログ

漢方の福原薬局ブログ

親切な相談で地域一番の薬剤師が健康あれこれをスオッチし、皆様方の健康づくりのお手伝いをします。
漢方の福原薬局はおもてなし、思いやり、優しさ、安心、安全を心をこめてお届けし、幸せに、豊かに、お元気に長寿を目指していかれることを応援してまいります。


テーマ:

地黄のはちみつ付けが届きました。

早速、エキスを湯で少し薄めて飲んでみると身体がほっかほっか。

地黄のスライスを食べると、甘くてお菓子。元気がつきそう。


地黄をハチミツでつけて、1カ月発酵させたものです。

香り、味とも漢方薬で高貴薬とされている「瓊玉膏」と同じ。

効果は近いようです。


作り方は、洗った地黄の水分をよく切り、スライスしてハチミツに漬け込む。

余分な水分をすくい取って、1から2か月発酵させる。

はちみつのどろっとした感じからさらっとした感じに変わったら、出来上がり。


エキスを1日1回スプーン1杯、地黄はお菓子として食す。身体があたたまり、元気がつく。


ところで、中国で昔より不老長寿の高貴薬として、大切にされてきた「瓊玉膏」は地黄を主薬とする漢方薬です。冷え症や血液循環の改善、貧血など多くの効能が期待されます。


この地黄のはちみつ漬けの効果は瓊玉膏に近いようですので、一度生地黄とはちみつで作ってみませんか。はちみつはブルガリア産が純粋でよいようです。


自家製の地黄のはちみつ漬けエキスを飲んで身体を温め、寒い冬を元気に乗り切りましょう。

福原薬局公式ホームページ


ワンコ大好き漢方おやじさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス