福島のぶゆき

福島のぶゆき


テーマ:

 今年のこの時期の議員会館は、例年に増して陳情団で溢れかえっていて、日中はエレベーターは満員、議員会館の食堂にも行列ができています。かつての古い議員会館時代はこの時期の風物詩でしたが、私が国会議員になってからはこのような光景ははじめてです。自民党が二階幹事長になって、陳情を奨励しているのでしょうか。多くの団体が陳情に来ていますが、野党の私の事務所は素通りか代理の方が義理で書類だけ置いくだけです。陳情団に私の支援者がいると、「福島さんの部屋に寄りたいんだけど、寄れない」と連絡をくれたりします。「野党に行ったら予算削るぞ」とでも脅されているのでしょうか。
 
 そんな中、地元の事務所には茨城県法人会連合会の皆さんが「平成29年度税制改正に関する提言」を持っていらしていただき、ライオンズクラブの先輩の君島さんにご説明をいただきました。ところがこの提言書の1丁目1番地は「財政健全化に向けて」。誰が書いたか、お里が知れます。中身を見ても、たとえば社会保障制度について「年金については、「マクロ経済スライドの厳格対応」「支給開始年齢の引き上げ」「高所得高齢者の...基礎年金国庫負担相当分の年金給付削減」等、抜本的な施策を実施する」と財務省の言い分そのもので、本当に法人会に所属する中小企業の皆さんが心から要望していることとは思えません。

 中小企業の皆さんに関係するところでも、法人税について「中小法人に適用される軽減税率の特例15%を時限措置ではなく、本則化する。なお、直ちに本則化することが困難な場合は、適用期限を延長する」とあります。まず、中小企業は軽減税率を引き下げることを要望していたはずですが、減税要望はここでは除かれてしまっています。本則化だけ要望すればいいのに、わざわざ「困難な場合は」と入れることによって、事実上中小企業が求めている本則化の要望を取り下げてしまっています。適用期限を設ければ、財務省にとってみれば毎回毎回査定をすることで自らの権限を維持できるし、与党政治家にとってみれば「業界の要望実現のために汗を流しました」と票と政治式を獲得する大義名分が得られるからです。損をするのは、まじめに事業をやっている中小企業だけ。
 
 多くの要望書を拝見しみると、その業界が心から要望しているものも中にはありますが、大部分が役所から天下った専務理事のような人物が書いた役所の要望の代弁ばかりです。このようなものを実現しても、実際にビジネスをやっている人の利益にはならないから、日本経済とりわけ地域経済は20年以上も停滞しているのです。役所の要望を叶えるために、まじめな民間の団体が動員され、与党の政治家がそれを受け取って汗を流したふりをして役所の言い分を実現する。政治家は「俺のお蔭でお前たちはもうかっているんだ」とふんぞり返る。そんなバカバカしい陳情文化をやめることこそが、最良の経済政策なのです。皆さん、目を覚ましましょう。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 TPP特別委員会の理事予定者が「強行採決という形で実現する」と言って審議入りが揉めて、月曜日に開催された委員会の初日に安倍総理が「我が党は結党以来、強行採決をしようと考えてことはない」と言って審議が始まったTPP協定の審議。一昨日は、とうとう農水大臣までもが「強行採決」発言をして、昨日はその謝罪をするための委員会開催さえも「強行」するという、ありえない国会運営となっている。

 国対副委員長として、若干の解説をしたい。民主制度である以上、最終的には物事は多数決で決めざるを得ないが、その一方で決める場の設定まで多数決で決めると、民主制度そのものが機能しなくなる。論理的には、会議をいつ開くか、どのように運営するかは多数決で決めらことも可能だが、そうなればたとえば少数派に発言の場を与えない、議論もせずにいきなり決定をするなどの多数派の横暴なことが可能となってしまう。それ故、委員会議事の運営を決める理事会は、与野党合意の上で進めるのが慣例だ。その合意がないままに、一方的に委員会の開催などの運営を決めることを「強行」という。

 十分な審議を行った後に、時間...を稼ぐためにむやみに採決を遅らせるような行為に対しては(ときどき野党はしてしまうが)強行採決となる場合もある。それが、納得のいくものなのかどうかは、国民の皆さんの判断だ。今回の件では、与党は、大臣の謝罪と合わせて、今月28日の採決を目指してその前提となる24日の地方公聴会の日程の議決を議題に上げてきた。これを認めてしまうと、大臣に対して質疑できる日数は実質的にあと1,2日となる。このような大型の通商協定の場合には、これまで100時間以上の審議時間で行ってきたが、この臨時国会ではまだわずか2日。10時間程度にすぎない。通常国会と合わせても30時間程度だ。膨大なTPP協定の条文を審議するには、あまりにも少なすぎる時間だ。

 政府・与党は、通常国会の審議での経験も踏まえて、TPP協定は審議をすればするほど答弁につまづいたり、賛成する国民が減ってくると考えている。だから、なるべく審議をしないで、多少強引にでも成立させたい。「のり弁」と揶揄されても、国民に知られたくない情報を引き出されたくない。それゆえ、冒頭のような委員会関係者の「強硬発言」につながっているのだ。

 「もっと中身の議論をしろ」というご意見もちょうだいする。私たちももっと中身の議論はしたいし、そのための膨大な準備もしてきている。私自身も、政府の情報開示の在り方や輸入米価格調査の話だけではなく、政府の経済効果の試算の問題点や、実際に交渉で日本は何の獲得をめざし実現させたのか、など議論したいことは山ほどある。しかし、審議方法のルールや相場観が形成されなければ、多数派の横暴で一方的に日程が決められてしまう、というのが今の国会の現状なのだ。

 これは日本の国会特有の問題かというと、私が経験してきたいくつかのマルチの国際会議でも同じようなものである。会期が5日あれば、前半の3日間はずっと議事の方法や議題の適否の入り口で延々と議論することが多い。いずれにしても民主制度は手間がかかるものなのだ。私たちは、必要な審議時間を確保してTPPの中身について充実した審議を行うために戦っている、ということをぜひご理解いただきたい。

(記事に埋め込まれている写真に私も写っているので、見つけてみてください。)


JIJI.COM 【TPP審議、与党強行=民進は農水相辞任を要求-衆院特別委】

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ第192回臨時国会が始まりました。開会式前には国会前で天皇陛下のお出迎え。どんな天気予報であっても、この時ばかりは晴れるの不思議です。

 私は、通常国会に引き続いて国会対策副委員長に。代表選挙で玉木雄一郎陣営だった多くの仲間も加わって、民進党最強の論客、猛者ぞろいです。座長を務める米価格偽装解明チームも大勢の同僚議員が参加して開催されました。今国会の最大の山場はTPP協定の批准に向けた審議。そのど真ん中で、先頭に立って安倍政権と論戦に挑んでまいります。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 「飛虎将軍」とは水戸市出身の空軍少尉杉浦茂峰命のこと。昭和19年10月12日に台湾上空の空戦で米軍機に撃墜され、台南市の集落に墜落するギリギリまで瀕死の状況で操縦桿を握り続け、民家を巻き込むことなく壮絶な戦死を遂げた英霊。

 台南の皆さんは、この杉浦少尉を敬意を持って「飛虎将軍」と名付け、昭和46年には祠(海尾朝皇宮)を立て、毎日毎日英霊の好物のタバコを供えて、朝には「君が代」を、夕には「うみゆかば」を歌い、霊を慰めてきた。このことを知る日本人は最近までほとんどおらず、知人の藤田和久さんや、私の所属する水戸葵ライオンズクラブの皆さんの尽力で、このたび海尾朝皇宮管理委員会の呉進池会長をはじめ台南の皆さんとともに72年ぶりに故郷に戻ってきた。

...

 このような台南の皆さん方の敬神の思いに、言葉もない。ただただ申し訳なく、ありがたい。祭事では、「うみゆかば」の歌詞が配られたが、台湾の人はみんなそのようなものはなくても歌えるのに、日本人は歌詞があっても覚束ない。「昭和は遠くになりにけり」か。深い、深いところでつながっている、日本と台湾。私自身も生涯のテーマとして、日台友好に尽くしてまいりたい。





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 民進党代表選挙が終わり、蓮舫新代表が選出されました。民進党初めての代表選挙として高揚感に包まれるべき瞬間であるはずですが、何とも言えないモヤモヤ感があるのは否めません。新代表におかれてはまずは党の危機管理をしっかりとやり、国民の信頼回復の先頭に立っていただくことを期待いたしますし、一党員としてお支えをしてまいります。


 私は、今回の代表選挙で同期の玉木雄一郎候補の選対事務局長を仰せつかりましたが、第3位での惨敗という結果に終わったことを真摯に受け止めさせていただきます。もとより当選2回の身でこのような役割を受けるのは身の丈に合っていない僭越なことなのですが、同期の同志を中心に、荒井選対本部長をはじめとする先輩方の指導もいただきながら、秘書軍団も一丸となって戦ってこられたことに感謝いたします。今日は、私の事務所でお預かりしている茨大、筑波大、獨協大のインターンの皆さんにも、この政治イベントを目の前で見てもらいました。政治家たちの熱い思いをどのように感じてくれたでしょうか。


 民進党は、発信力のあると思われる人を代表にしたり、代表が何度土下座をしたところで、国民の信頼は取り戻せません。代表がどうのという問題ではなく、一人一人の政治家たちが口だけではなく体を張ってこの国や国民のために行動する姿を見せられるかどうかにしか、信頼回復の道はないと思います。今回の民進党代表選挙での民進党の政治家たちの行動を、国民の皆さんがどうとらえたのか、私たち一人一人が考えなければならないでしょう。私自身も、次の行動に向けて力を蓄えてまいりたいと思います。






いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。