阪神 自力CS消滅 | アラカンだけど、日々前向きに

アラカンだけど、日々前向きに

アラカンだけどね、まだまだやりたい事はたくさんある、気になる事もたくさん。そんなことを書いていきます。

昨日の阪神-ヤクルト戦は、4対5で阪神は負けました。

これで、阪神の自力CS進出の可能性がなくなりました。

まあ、広島がいっぱい負けてくれれば、可能性はあるけども。

一度は逆転され、1対4になりましたが、中谷、原口のタイムリー、木浪のスリーベースなどもあり、4対4の同点に追いつきました。

4回からは、盤石の中継ぎ陣が登場、0点に抑えていたので、完全に阪神ペースかと思われたのですが、7,8,9回のチャンスで、タイムリーが出ず、阪神は点が取れず、こんなことをしていると、最下位ヤクルトとは言えど、10回に塩見にタイムリーを打たれ、万事休す。

なんでこんなに肝心な時に点が取れないんでしょうか?
これは痛い敗戦ですね。