2020年お正月大学駅伝を見て。家族について気づいてきたこと。 | 島根松江出雲石見 断捨離®︎トレーナー田中富士美の 心が潤う断捨離
【公式】島根県の断捨離®トレーナー田中富士美


こんにちは。


やましたひでこ公認 断捨離®️トレーナー田中富士美です。


1月5日。お正月休みモード今日で終わり。


家族5人からまた4人へ。


お正月は大学駅伝を見るのを楽しみにしています。


今年も見ました。


区間ごとにドラマがあって、毎回感動します。


タスキを繋げて走る。
仲間が待っている。
そのためにひたすら前に進む。
仲間のために。


仲間がいるから自分の限界を超えても走れるのだろう。
待っているから。自分だけならば諦めていただろうことも。


そんな想いを感じてとても感動する。


仲間がいるっていい。
一緒に励まし合いながら、支えあいながら、関わりの中で育っていく。


家族もそう。


両親との同居の中で、支えあいながら、励まし合いながら。
夫婦・子供たちとも。


親子であっても、一人一人違う価値観を持っていて
意見はよくすれ違ったりするけれど。
それでも、わかろうとしあい、摩擦も重ねて、家という空間を共有する。


もう2度と顔を見たくない!!って思うこともしばしばある。


家族間での人間関係。


それぞれが<自分>を中心とした関係。


言い過ぎたり
言わな過ぎたりすればすれ違っていく。


程よいその距離感。


探すのがとても難しいと感じた。


断捨離に出会ってから・・・そのことに気づいてきました。


FullSizeR.jpg


<親しき中にも礼儀あり>という言葉がありますが、そう思います。


家族だからってわかっているはずでもなく
わかってほしいっていうのでもなく。


家族という枠を超えたら、ひとりの人。


その立場にたって考えることで、関係はとてもよくなっていきました。


<依存>する心
<期待>する心


をやめて、言葉をかわしていくことを心がけ。


想像で相手のことを測らない。


自分の考えていることは自分の今までの経験の中にしかないから。
それも自分の都合のいいようにしか考えつかないから。


散々すれ違ってイライラして、傷つけて傷ついて涙した。


<なんでわかってくれないの〜〜〜〜!!!>


って。


断捨離してからその自分の心に気づいて、声に出した。


子供のように泣きじゃくった。


あれがあったから・・・・・♡。


家族であることのありがたさを感じることが出来た。


一緒にいてもいい
一緒にいなくてもいい
どっちでもいい


そう思えるから。



Blog村ランキングに参加!!


**いつもありがとうございます**

ポチっ
としてね。ポチッが励みになり嬉しいです

👇
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

全国の断捨離トレーナーのBlogもお楽しみいただけます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ
にほんブログ村




PS
今、決定している断捨離セミナー、ワークショップ。



2020年3月に開催予定・・・大田市温泉津町 清水大師寺・・・断捨離振り返り第4回




2020年1月15日(水)13時から・・・カフェannei・・・断捨離シェア会




お問い合わせ
申し込みはこちら↓

http://fuko2525.com/contact/




*断捨離はやましたひでこの登録商標です。