制限の断捨離・・長女だから。田舎だから。言い訳だらけ。 | 島根松江出雲石見 断捨離®︎トレーナー田中富士美の 心が潤う断捨離
こんにちは。

やましたひでこ公認 断捨離®️トレーナー田中富士美です。


シンクの下。
IMG_7019.jpg


洗剤はお気に入り。
手が荒れなくて長く愛用しています。


私は、鬼娘。


先日大阪で行われたやましたひでこのセミナー。<制限の断捨離>で
ワークした時、まだまだたくさん制限があったことに気づいた。


<長女だから>
<田舎だから>
<養子さんだから>


結婚適齢期になり、まだ結婚をしないで趣味に打ち込んでいた頃。
母は言いました。


『この年頃になれば、結婚して子育てをしているはず。それもしないで遊んでばかり』と。


結婚していない私はダメな子。


そう思いました。


それから、いわゆる婚活。
でも、出会う人はみんな長男。
それでは、親から許可がでない。


条件しか見ない親が腹立たしかった。


長女だから跡を取らなければならない。


実際長男との恋愛は全部だめ!!と言われた。
長男というだけで。


なんという運命なの。
運命を恨んだ。


年齢も適齢期はとっくに過ぎて行った。


焦り。
長女として生まれた事への恨み。
地域性への怒り。


かなり荒んでいたと思います。


地域への
両親への
被害者意識も持っていたと思います。


ここに産まれていなければ、もっと自由でいれたかもしれないってよく思っていました。


運命。宿命。


そうだった。


それでも、諦めていなかった自分の人生。
幸せな家庭を持つ夢。


そして、出逢った。
嬉しかった。
運命はあった。


自分で決めたことなのに
自分で決めて出会ったご縁なのに


そこを見ていない。


親に反抗することも出来たのに、結果親の意に沿うようにした自分を認めていない。


素敵なご縁に恵まれてきたことに気づいていない。


被害者意識から出た時、すべて自分の望んだことだったと思った。


両親とも一緒にいれる。
好きな人ともいれる。
望んでいた子供にも恵まれた。
お母さんのところにきてくれてありがとうって本当に思う。


断捨離に出会ったことで、母への反抗をすることが出来た。
気持ちぶつけることが出来た。
そして、母も受けとめてくれた。


執着と愛着。
ちょっと違って大きな違い。


愛着も過ぎれば執着に。


そのことを、断捨離で気づいた。


反抗期がなかったので、断捨離することで、親子バトルの反抗期をした。


口では勝てない母に、もので反抗した。


鬼娘って思った。ひどい娘だって。


大人になってからだから、ちょっと冷静。


でも苦しかった。


それを超えた。


同じ年頃の母の時代のことを聞くことで、自分の甘さもわかった。


強い母を見て尊敬。
不器用だけれど、心根の優しい父。
両親を愛する子供達。


守られてきた。


断捨離すると、感謝の気持ちが増えていく。


Blog村ランキングに参加!!


**いつもありがとうございます**

ポチっ
としてね。ポチッが励みになり嬉しいです

👇
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村





全国の断捨離トレーナーのBlogもお楽しみいただけます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離トレーナーへ
にほんブログ村




PS
今、決定している断捨離セミナー、ワークショップ。

          

11月13日(水)・・・カフェannei・・・断捨離シェア会



10月13日(日)・・・松江市鹿島町 いやしの森・・・ライブコンサートありコラボ
                          イベント・・断捨離相談


10月18日(金)・・・大田市温泉津町 清水大師寺・・・断捨離振り返り第3回



11月13日(水)・・・カフェannei・・・断捨離シェア会



お問い合わせ
申し込みはこちら↓

http://fuko2525.com/contact/




*断捨離はやましたひでこの登録商標です。