ふきののおはなし

ふきののおはなし

日常・お仕事・育児…なんでもかくよ。
2015年長男誕生(なまえ:クニポヨ)

先月、黒部のKAYADOフリーという
定期イベント内で開催された
アンブレラアートギャラリー企画に
参加したよ!




仕事のつながりで声をかけてもらい、
数人の作家さんたちに加わり…
私なんかでいいのかしらーって感じやったw

作品は3点。
アクリル絵の具と油性ペンでお絵かき。
頼まれ事でアナログで絵を描くのは
今まであったっけ?っていうくらい。
現実はコマンドZで戻るボタンないやーん!
取り消しできーん!
というのでドキドキw
絵の具は剥がれやすいし、傘も大きくて描くのは難しかったーー



1  お空にお絵かき
手探りで傘オエカキを楽しんだ。



2 シーン1
線画でヲタ絵を描いてみたかったが、ソフトな感じに落ち着いたw





3 チュンチュン
2とは違う感じでチャレンジ。






イベント当日は他の作品たちと共に賑やかに飾られ…!子供達は傘だらけな風景が楽しかったらしい。

記念にぱしゃりー






傘3点は販売され、なんと完売した!
びっくりW(`0`)W
最安値で販売したからか?
でも嬉しい!!
販売時にその場に居なかったのでどんな人が買ってくれたのか分かりませんが…
ありがとうございました♡






Macばかり使ってるけど
たまには良いですね♪


しかし「自由に絵を描く」となると
いざ何書けばいいかわからなくて…
学生の時は無限に書けたのに。
大人になったってことやね…。。
もっと描きたい気持ちはあるんだけどね。。



4歳の長男、ある朝


「痛いー!」と言って頬を指差す。
なんと片方の頬?が腫れていた!



まさか、
おたふく風邪!?(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)と
びっくりキョドキョド…
熱はないが、腫れている。
そして痛いというので
近くの小児科へ。



小児科での診察は
「う〜ん、腫れてるけど、ちょっと位置がズレているような…。しかも小さいし…でも、予防接種もしてないし、可能性はあるということで……」


…で?


「これ以上は分かりません」


えーー(-.-;)

微妙な結果だけどもそうかもしれないし、保育園に連絡したり熱冷まし貰ったりして帰宅…
(おたふく風邪は自然治癒しかないらしい。保育園は5日程休む。)


しかし腑に落ちない!





様子を見てみるとなんだか、
腫れが赤くなってきた…?


ぐぐったら、似た症状のブログを発見!
読んでみると
「おたふく風邪ではなく蚊にさされたのでしたσ(^_^;)」と書いてあるではないか。


やーーー、よく似てる。
そして長男、
「かゆくなってきた〜」



これは!と思って皮膚科に行くと


「おたふく風邪ならこんなにシコリみたいに腫れません。虫刺されです。(きっぱり)」


ありがとう皮膚科の先生…!



虫刺されとはいえ、化膿してパンパンに腫れているとのことで、塗り薬と飲み薬を処方された。
保育園に連絡し、次の日から登園。
よかったーよかったーー


ほんと、
紛らわしいところに刺されたんね…


良かったけど、かかりつけ医を変えようかなと思っている。
しかし田舎だから医者が少ない。
田舎民の悩ましさよ。





前回の続きになるが…
次男は検査に行った結果、気管支炎になってたのだった…

病院で血液検査がてら点滴!
点滴を見るのも少し慣れてきたわ…。
巻き寿司のようにシートにぐるぐる巻きにされて、注射…なんだけどその時親は退席されるように言われ、響き渡る泣き叫びを控え室で聞くのだった(u_u)



点滴装着されたモンちゃん、
「てってーー」と
医者に泣きながら訴えるw


2時間の点滴、ほんとに大変。
オモチャ無いしとりあえずスマホで動画見せるけど間が持たず。。
終わりがけに不機嫌になって、やっと抱っこで寝てった…


入院してく?って軽く聞かれたけど、
病院で寝られるほど弱ってないし、部屋に閉じこもれる自信は無かったのでお断り、薬貰って帰宅した。

薬のおかげでしっかり回復。
やっと元気になった\(*T▽T*)/

検査行ってるあたりに私が絶不調だったから、次は私が病院に行って薬を貰う。
私も元気になった\(*T▽T*)/



なるべく薬には頼りたくないのだが…
つらい時にはやっぱり必要。
今回は薬が適切に効いたから良かった!



今は久しぶりに子供達が元気に。
しかし、
兄の通う保育園で溶連菌が流行しかけ…
ああ怖いー!気が抜けん!