第20回ショパン国際ピアノコンクール in ASIAアジア金賞受賞 | 【フカヤ音楽バレエ教室】(埼玉県深谷市ピアノ教室 バレエ教室)

【フカヤ音楽バレエ教室】(埼玉県深谷市ピアノ教室 バレエ教室)

埼玉県深谷市にある、ピアノ教室とバレエ教室の公式ブログです♪お知らせなどを更新していきます。


テーマ:

としやくんおめでとう🥇

昨日は、第20回ショパン国際ピアノコンクール in ASIAアジア大会でした。



全国大会金賞、アジア大会でも、
みごと金賞を受賞することができました!
(全国金賞、アジア金賞は彼のみでした)


彼を応援してくださった方々、本当にありがとうございました!


以前もどこかで書いていたと思いますが、彼はコンクール自体2回目で、
ショパンコンクールは初挑戦でした。




5歳からピアノを始め、
2年間は、私と教材を💮花丸合格になるのを毎週楽しみにレッスンしていました。




宿題、練習を毎日してくる生徒はなかなか難しいところなのですが、彼は
お母様とお家でピアノを毎日弾くことが、習慣化され、当たり前になっていました。





毎日の練習に音をあげない彼に、
お楽しみと、試しにコンクールを受けてみようかと話をしました。




今年は、地元の小さなコンクールを受けるか、
挑戦として、
ショパンコンクールを受けてみようか話をし、彼に判断を任せました。




1週間後、彼は挑戦を選び、
「ショパンが弾きたい」
と答えてくれました。



予選では、ショパンのマズルカを弾き、

今回の全国、アジア大会では、
ショパンと同じポーランド出身で年代も同じロマン派時代の作曲家、
コルベルクのポロネーズを弾きました。




全国の1週間前では普段、感情を表に見せない彼が、ハマらない左手の大事な大事なポロネーズ特有の和音に、
涙を流しながら練習していました。




そこからの全国、今回アジア大会での本番では、
あの状態を全く感じさせない、
物凄く集中した、品の良い、丁寧で、
且つ、カッコいい最高のポロネーズが弾けたと思います✨




泣き言、弱音を表に出さないけれど、
感情は人一倍持っていて、人の何倍だろうという努力の力を今回のコンクールで更につけ、
ピアノの音に表現できるようになったと感じました。



これからは、簡単にはアップできなくなっちゃったね、と話をしていますが、
急がず、丁寧に、また楽しんでレッスンをしていきたいと思います。



受賞されたみなさんも、おめでとうございました!!! これからもよろしくお願いします🎹✨ 




(お写真、朝から一日中気が張ってお疲れだったようで、お目目が半分になった写真しか撮れませんでした😅
と、お母様が送ってくださいました笑💕
初めてみるお顔です笑。よくがんばりました💕) 



フカヤ音楽バレエ教室~くみこ先生がお伝えします♪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス