2013年01月12日(土)

SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~まとめ

テーマ:徒然フォト
さて、本日も前回の
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~久吉@中目黒
に続き、本日はついに「 SP24-70mm F2.8 Di VC USD 」のラストレビュー!

今までのレビューの結果の総まとめをしていきたいと思います。


■外観・造り
・ 見た目のデザインは好み
 →個人的には、タムロンレンズは全て同じに見えるので、、
  ただ、鏡筒の造り自体は良好です。

・ ズームの自重落ちはしない
 →24mm地点で固定できるロックボタンもありますが、使う機会ありません。

・ ズームリングはそこそこスムーズ
 →広角端から望遠端、望遠端から広角端、と若干感触は違いますが、許容範囲。
  最近のLズームに比べると、ちょっと引っ掛かりを感じるかも?

・ ピントリングは操作しづらい
 →フルタイムマニュアルフォーカスですが、幅が狭く、使いづらいです。
  実質、AF専用レンズでしょうか。

・ ズーム、ピント共に回転方向が純正と逆
 →最大の問題点です。とっさに操作するとき、迷います。
  特に、普段あまり使う機会のないピントリング操作時は辛いです。。



■性能・写り
・ 手振れ補正は最高。唯一無二の存在

 →F2.8の標準ズームでは世界で唯一の孤高の存在です。
  効きもばっちりなので、撮れるシーンが格段に増えます。

・ 解像力はばっちり
 →中央はもちろん、周辺も結構使えます。
  像面湾曲は少ないので純正24-70mmF2.8L(1型)のような苦労もなし。
  70mmはさすがに解像力が落ちますが、それでもF4以上に絞れば結構使えます。

・ 歪曲と周辺光量落ちは結構大きい
 →といっても、大口径標準ズームにはつきものかも。
  後補正も出来ますし、手振れ補正付きでこのサイズに抑えたことに敬意を表しましょう。

・ 高輝度のボケはグルグル目玉ボケ
 →これが痛いです。本当に、グルグル目玉焼きです。
  特に点光源のような輝度の高いものがボケる場合により目立つ感じです。
  これが無ければポートレートにも使えそうなのに…残念。

  なお、グルグルボケが出ないときの(特に後ろ)ボケは滑らかでとても綺麗です。
  なので、余計に残念…

・ 色収差は皆無
 →倍率色収差、軸上色収差、ともにほとんど目立ちません。すばらしい!

・ 逆光耐性はまずます
 →最新設計のレンズだけあって、普段使いには十分なレベルです。
  太陽を画面内に入れた時はさすがに出ちゃいますが。。

・ AFは純正より遅い
 →さすがにAFは純正Lに及びません。
  動き物を高いレベルで撮りたい方や、突然の被写体に備えたい方には厳しいかと。
  それでも「遅い」というレベルではありませんので、ご安心を。



■その他
以下は、私のボディの問題かもしれず、良くわかりません。。
が、レンズの問題の可能性もあるので一応書いておきます。

・ ピントが合わない(多くの場合、前ピン)
 →低輝度及び低コントラストな被写体の場合に多く見られますが、
  遠景を撮影しようとすると、圧倒的に前ピンになります。。



■まとめ ~結局、買いなの!?

(1) 失敗を許されない場面を撮影する機会などがある(セミ)プロの方は純正を
  →普通に純正を買いましょう(笑)
   ズームとピントの回転が逆なので、「一瞬」を逃す恐れがあります。。
   
   また、今回のピント問題のように、原因の切り分けがしづらいことも…


(2) プロの方でも、普段使い用や旅行用なら是非!
 →ボケは汚いですが、手振れ補正のついたF2.8ズームなので、
  かなり色々な場面に対応できます。

  「とりあえず一本」というときに真っ先に持っていきたい、最高のお供となるでしょう。
  私も、正直便利ズームとして欲しい欲しい病が発症しています(笑)


(3) 普通にカメラを楽しみたい方には絶対にお勧め!
 →最高の1本となるでしょう!ぜひ買ってみてください。
  良いレンズを知ることが写真の楽しみを知ることにもつながります。
  単焦点の方がもしかしたらもっと面白いですが、
  単焦点を何本も買い揃えるのは非現実的でしょうし(^^;

  値段も、純正に比べればかなり安く、
  それでいて純正とほぼ変わらない性能が得られます。



最初、デザイン的な理由で「うーん」と思っていましたが、
レンズの機能や性能が抜群に便利なため、最後はあまり気にならなくなりました。
ボケは汚いながら、1本しかレンズを持っていきたくないときには最高のお供で、
手元にない今となっては、寂しいことこの上ありません。。

タムロン様に敢えて要望を挙げるとすれば、なんといっても以下2点でしょう。

(1) ズームとピントリングの回転方向を純正と揃えて欲しい
(2) デザインをもう少し格好良くして欲しい


個人的には、この2点が達成されれば、ノータイムで買います(笑)


それにしてもこのレンズの価値は何と言っても、
F2.8標準ズームに手振れ補正が付いたこと!

これを世界に先んじて実現してくれたタムロン様には感謝感激雨霰です。

これからももっともっと頑張ってください!
私も1フォトグラファーとして応援しています。



最後に、今回レビューの機会を与えてくださった
タムロン様、及びスタジオグラフィックス様には改めてお礼申し上げます。
貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


なお、本日の写真は全て「 EOS 5D Mark II 」+「 SP24-70mm F2.8 Di VC USD 」で撮影しました。



■「 SP24-70mm F2.8 Di VC USD 」レビュー
SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~スペック編
SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~外観編
SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~装着編
SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~解像力比較
SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~手振れ補正比較
SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~ボケ味比較
SP24-70mm F2.8 Di VC USDレビュー ~遠景描写比較
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~昭和記念公園の紅葉
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~Japanese Lounge Night
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~殿ヶ谷戸庭園の紅葉
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~六義園の紅葉ライトアップ
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~レジェンド・オブ・ミシカ
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~旧古河庭園の紅葉
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~小石川後楽園の紅葉
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~浜離宮恩賜庭園の紅葉
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~リュミエの森@カレッタ汐留
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~Baccarat ETERNAL LIGHT
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~横浜マリンタワー
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~ひない小町@川崎
フジテレビ公認!WishScope主催『キラキラWINTER LAND』クイズラリー
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~ビーナスフォート
SP24-70mm F2.8 Di VC USD ~久吉@中目黒




深澤裕から始まるブライダル革命-スタジオグラフィックス
※一連のレビューはスタジオグラフィックスより仲介されたモニターサービスによります


TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 A007E/タムロン
¥147,000
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゆうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。