鳥取観戦旅行3泊4日(3日目) | フカヒレスープが2300円
2009年05月19日(火)

鳥取観戦旅行3泊4日(3日目)

テーマ:旅行

3日目行程=宿・米子タウンホテル→お菓子の壽城→美保関灯台→メテオミュージアム→出雲大社→居酒屋「茜どき」→ラーメン「ちくてい」→グリーンリッチホテル松江駅前・泊


 まずは宿で朝食。上手に作ったオムレツだし、サラダもつく。うれしい内容だなあ。

フカヒレスープが2300円


 飯を食ったら、米子城へ。

フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円

 といってもこれ、地元のお菓子屋さん「壽城」(鳥取県米子市淀江町佐陀1605-1)が復元させたもの。とはいえ、非常にいいデキで、天守閣からの眺望もいい。よく造ったなあ。看板商品の「とち餅」を購入して、次へ。


 これがとち餅。
フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円


 水木しげる記念館が、この日は休館日だったので、その辺をドライブ。島根県側へ渡って、まずは美保関灯台(松江市美保関町地蔵崎)。立派な灯台と、素晴らしい眺望。

フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円


 それから美保関隕石が展示されている「メテオミュージアム」(松江市美保関町七類3246-1)へ。落下した隕石1個が展示されているだけのどうってことない施設だが、ここへ行ったことで、直方の神社にも落下した隕石があるということを初めて知ることができた。へえー、そうだったのか。今度行ってみよ。


フカヒレスープが2300円  出雲大社(出雲市)もお参りしておこう。ただし運悪く、本殿は工事中だった。


 また松江へ戻って、夜は松江駅近くの居酒屋「茜どき」(松江市伊勢宮町519-23)へ。


 地物の干物が食えたり、地酒もそろっていたりで、まずまず。それほど高くはない気軽な居酒屋だし、これぐらいのレベルなら十分許せる。宿にあったクーポンを持参したので、ドリンク1杯がサービスになった。


 お通し、冷や奴、ポテサラ、刺し盛り、ハタハタ一夜干し、えてかれい一夜干し、しじみご飯、塩辛。

フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円


 それから散策。松江駅から川を渡った向こうにも繁華街があるようなので、そっちへ行ってみる。川を渡ると、お、提灯が見える。ラーメン屋さんだ。行ってみよ。「ちくてい」(松江市東本町3-14)というのか。由来が全然想像つかん屋号だな。


 2次会だし、注文はラーメンと餃子とビール。ラーメンはすっきりした醤油。それでいて、牛骨のような力強い風味が少し感じられるなあ。何のスープなんだろう。

フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円
 餃子は茹で餃子。しかも、ゆず風味のぽん酢が掛かる。うまいなー、これ。


フカヒレスープが2300円  非常に満足した。


 宿はグリーンリッチホテル松江駅前(松江市朝日町493-1)。古いビジネスを全面的にリニューアルした宿のようだが、これぐらいキレイにしてあれば、大して広くない部屋ではあっても、十分だろう。残念だったのは、有線LANがなかったことぐらい。

フカヒレスープが2300円 フカヒレスープが2300円

 じゃらんnetで8000円(2人分。朝食つき)。

fukahire-soupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス