獣第一弾 | フカヒレスープが2300円
2008年11月13日(木)

獣第一弾

テーマ:グルメ全般

カズキッチン 福岡市中央区警固2-13-7 月曜休


 秋。獣の季節。今年もそろそろ食うべ、という気持ちが盛り上がってきた。というわけで、わが家御用達のフレンチ「カズキッチン」で、さあジビエ、ジビエ。

まずは定番のブルーチーズのタルトから。いっつも白ワインから始めるんだが、このメニューは実にベストマッチ。1本目のワインがすぐになくなるのは、この辺にも原因があるようだな。 カリフラワーのムース。上の緑色はカワタケ(スイゼンジノリ)。その下には、いろは牡蠣なる小粒の牡蠣がたくさん。カリフラワーの甘さと、牡蠣の磯の香りがいい。これもワインが進むメニュー。

ツブ貝とホッキ貝と北海道産男爵のマッシュ。そろそろ、貝の季節でもあるわけだが、この店で貝を食べるのは初めてだなあ。見事に白ワインに合う料理がずらりで、もうそろそろ1本目は終了。

いつも写真を撮り忘れるパン。今回も1つめはすでに半分、食べちゃった。

 これできれいにソースをさらうのだ。

レモンのグラニテで口直しをして、さあいよいよメーンだ。

「コルベール」(青首鴨)。初めて食べる。鳥と言えばブロイラーばっかりだが、こうやっていい食材を食べると、ははあ、鳥も肉自体にしっかりした濃い味があるんだなと実感する。焼き鳥で食べ慣れたハツや砂ズリも、同じ形と食感だが、味は濃い。

 途中からは手づかみでむしゃむしゃと頂く。内臓を使ったソースも、パンでキレイにさらう。しっかりした赤ワインがベストマッチ。


キノコいろいろ。上に載っているのはトリュフ。そのほか、エノキダケ、ヤマブシダケなど国産5種キノコ。これも風味が強いなあ。いい食材は違うんだねえ。
デザート。分解再構築モンブラン2008年版。下がさっくりで、上の栗がまろやか。 うまいなあ。

バニラアイスとタルトタタン。じんわり焼き上げたリンゴがうまいのだよ。

 コーヒーと一緒に食べていたが、結局、リンゴつながりでカルバドスまで頂くことに。相変わらずよく飲む夫婦だなあ。

今回のワイン。 それと、結局飲んじゃったカルバドス。ビンに入ったリンゴが、この前のカルバドスよりも大きい。

 秋の味覚をたっぷり楽しんだ。今年も何度か、まだまだ獣を食いに来るぞ。

fukahire-soupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス