名古屋旅行3泊4日(1日目) | フカヒレスープが2300円
2008年07月12日(土)

名古屋旅行3泊4日(1日目)

テーマ:ニューウェーブ北九州

1日目行程=福岡空港7:30→(JAL便)→中部国際空港8:45→(名鉄)→名古屋駅→(地下鉄)→伝馬町駅→(徒歩5分強)→あつた蓬莱軒本店(蓬莱陣屋)、(ついでに熱田神宮も)→(徒歩5分強)→伝馬町駅→(地下鉄)→名古屋駅→(徒歩5分)→チサンイン名古屋→(徒歩5分)→名古屋駅→(JR)→刈谷駅→(バス10分強)→ウェーブスタジアム刈谷→(徒歩20分)→名鉄冨士松駅→(名鉄)→金山駅→(地下鉄)→矢場町駅→(徒歩2分)→中華料理「郭源治 台南担仔麺」→(地下鉄)→チサンイン名古屋・泊


 ニューウェーブ北九州の試合を観戦しに愛知県へ。中部国際空港に下りたらまず、キャラクターの「なぞの旅人フー」と親しもう。


 名古屋市内まで移動して、まずは昼飯。ひつまぶしの名店「あつた蓬莱軒本店」へ。途中、ホテルに寄ったりなんだりで、11時半すぎに到着。


 店の前でおじさんに人数を告げる。「はい、2人ですね。では、1時半に戻ってきてください」。


 は? 1時半? 2時間近くあるぞ。土曜日だったのが失敗だったかな。参ったな。仕方がない。近くの熱田神宮にでも行って時間をつぶすか。

 家内安全をお祈り。大して時間がつぶせなかったので、さらに周りをうろうろ。蓬莱軒の周りは何にもないので、時間をつぶすのに苦労した。


 で、やっと入店。15分ぐらい早めに入れた。ラッキー。

 「肝わさ」840円をつまみながら、できあがりを待つ。上に載っている細くて赤いものは「糸うに」。これだけでも酒が飲める。肝はもちろん、うなぎの肝。肝が苦手な人は、焼いたものよりこっちの方が食べやすいかも。


 メニュー。注文は「ひつまぶし大盛り」3780円と、「鰻巻(うまき)定食」2205円。ちなみに普通のひつまぶしは2730円だった。


 じゃーん。ひつまぶし。大盛りとあって、隣のテーブルの人の普通のと比べると器が大きい。

食べ方の解説に従って食べよう。


 1杯目は普通に。2杯目は薬味を載せて、3杯目はダシをかけて。4杯目は一番好きな食べ方で。

 実際には茶碗6杯ぐらいになった。最後は余った薬味をすべて投入。海苔がたっぷりになってしまった。


 こちらは鰻巻定食。うなぎ焼きもちゃんとつく。鰻巻が結構なボリュームで食べ応えがある。


いやあ、かなり腹いっぱい。2人で食べるなら、ひつまぶし1つと、鰻巻単品でよかったかもしれんな。


 重い腹を抱えて、決戦地刈谷へ移動。JRで名古屋から15分ほど。刈谷駅からはバスで、ウェーブスタジアム刈谷に到着。

 帰りのバスを見たら、午後7時すぎで終了。午後6時キックオフだから、帰りは使えんな、こりゃ。


本日の声出し隊。10人ほど。

この時期はナイターが助かる。

試合は1-1で引き分け。J参入圏内の4位以内を狙っているだけに、勝てなかったのは痛い。

応援席に挨拶に来たイレブンも足取りが重い。みんながっくりだ。でもまだ、チャンスは十分に残っている。残りのゲームを頑張ろうぜ。ゲーム詳細はこちら に記す。


 帰りはバスがないので、名鉄の冨士松駅まで歩いた。が、この道がえらく恐ろしい。国道の下の方にある側道を歩くのだが、周りは田んぼだけ。強盗に遭っても誰にも気付いてもらえそうにない道。先日、女子高生が殺害された事件が愛知であったが、きっとこんな道で殺されたのだろう。ナイター時には、素直にタクシーにでも乗って、刈谷駅まで戻った方が無難。


 まあとにかく、無事に名古屋まで戻れて何より。


妻と2人で残念会。元・中日ドラゴンズ郭源治の店「台南担仔麺」へ。郭本人もいた。

 紹興酒は、ザラメと梅干は別料金。ストレートで頂いた。

 目玉の担仔麺は小ぶりなので、シメに1人1杯ずついけるかも。


 結構、手ごろな値段だし、料理もうまい。この日は中日戦がナゴヤドームであって、応援帰りの人で込んでいたが、すんなり入店できてラッキーだった。また来たいなあ。

------------------------------------

郭源治 台南担仔麺(たいなん たーみい)

名古屋市中区栄5-28-4

052-259-3133

11:30-14(土日祝は-15)、17-24

無休(12月31日-1月2日は休み)

------------------------------------


 宿はチサンイン名古屋。名鉄の駅からだとちと歩くが、新幹線利用なら駅の近く。以前に泊まった時より、キレイになっている気がする。これならいいじゃん。

fukahire-soupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス