10年越しの初訪問 | フカヒレスープが2300円
2008年07月11日(金)

10年越しの初訪問

テーマ:

のんき屋 福岡市中央区高砂2-9-1

入船食堂 福岡市博多区住吉4-15-6


 かれこれ10年ぐらい気になっていながら未訪だった日赤通りのラーメン店「のんき屋」。店の外に書かれた触れ込みによると、「地球上で2番目にうまい店」らしい。こういうベタなキャッチは、分かっていても騙されたい。勇気を振り絞って入店。


 カウンターだけの店内で、店内を移動するのはほとんど不可能なので、空いている席のそばの扉から入店しよう。とりあえず右手の扉を開けたら、運良く誰も座っていなかった。ホッ。


 注文はラーメン(値段失念だが安かったのは確か)。茶色いスープに厚めの油。八ちゃん@薬院or野間を彷彿させるが、こちらの方がライトな見た目。


 味も結構ライトかな。トンコツなんだが、意外に臭くないし、といって、味気ないわけでもない。なんとも不思議な味。ネギも変わった刻み方だな。


 チャーシューが意外にうまかった。侮れないぞ、さすが地球No.2。


 ところでこのラーメン、油の膜が最大限に力を発揮して、スープがずっと冷めない。辛子高菜を投入したり、水を飲んだりして間を持たせたのだが、それでも相変わらずえんえんと熱い。不覚にもスープを残すことになってしまった。


 次回は油抜きでお願いして、最後まで飲み干そう。リベンジを心に誓って仕事へ。


 仕事を終えてからは「入船食堂」へ。ラーメンブロガーの皆様によく紹介されている店だが初訪問。


 メニューはこんな。つまみ類もあるので夜は居酒屋利用も可能だ。


 注文は温つけめん(並600円)。


 やや太めの縮れ麺。へえ。こんなつけ麺は初めてだ。具には焼き豚、うずらの煮卵、たっぷりのネギ。


 スープはトンコツ。最近は魚介の香りたっぷりのつけ麺ばかりだったが、これもいいなあ。トンコツ好きにはたまらん。


 麺を食べ終えて、つけ麺おなじみのスープ割りを頼む。「ネギか玉ねぎをお入れしますが」


 ほ? 玉ねぎ? 変わっているなあ。刻み玉ねぎをいれてくれるんだってさ。


 その玉ねぎでお願いした。しゃくしゃくしていいねえ。ぐびぐび、しゃくしゃく、ぐびぐび。


 ごちそうさま。いい店を見つけた。今度も仕事帰りに寄らせてもらおっと。

fukahire-soupさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス