「ドラマーのための音楽用語辞典」

「ドラマーのための音楽用語辞典」

若いこれからのミュージシャンに向けて若くないミュージシャンからの提言です。
微に入り際にわたり、知りえないであろう事柄を激しく噛み下いてお届けします。
発展途上バンドマンの指南書を目指します
https://fujyu-official.bandcamp.com/releases

こればっかりは文章じゃ伝わらん。音を聴いてもらえば一発なんだが。


私の場合はそうだなあ。胸の真ん中辺りにモーターがあって、手足はモーターの回転通りに動くだけ。かなぁ?何か違うような気がする。

いずれにせよセットに向かえばすでに俺の中にある。手足はその結果に過ぎないっての。

もちろんその境地になる前には、何年もクリックトレーニングしなきゃいかん。まあ五年め辺りにはクリックモニターしない方がリズムが良いって感じになる。

ダメだ、何の参考にもならん。今日は店仕舞い、ガラガラ
意外と見落とされがちな事柄である。君ら、覚えがないか?

「今日はやけにスティックが滑るなあ」である。あるでそ?あれば問題があるね。

大半は肌の乾燥。冬場によく見られる。解決は簡単。保湿クリーム塗布すれば解消する。ニベアやケラチナミンみたいなやつ。あれ塗ればいい。

その前に手を洗っておくように。気持ちよさが全然違うから。

爪、伸びてないか?スティックケースにはて爪切り格納しとけ。あのね、爪が伸びてると不思議と逆剥けが発生しやすいんだ。やだよね、逆剥け、気になって叩けないっての。爪、要注意。足の爪、伸びてないか?靴下がすぐに破けるから、手指二回切ったら足も切ろう。

両手両足を駆使するドラマーにとって、爪が伸びてると不思議とダメなのである。緻密に向かって一歩近づいた。それが爪切り。
誰にでもあろう理想のセッティング。私の場合は以下である。

🔘BD 20"×20"
🔘SD 14"×6,5
🔘TT 12"×8" 14"×12"
🔘FT 16"×16"

🔘RIDE 20"
🔘CRUSH 18"×2
🔘CHINA 20"
🔘HH 14"

上記を基本とし、エフェクトシンバルが加わる。バスドラは米国で主流になりつつある比率である。d-drum等を代表とする。まあ×18"でも許そう。口径は20"だ。これは譲れない。

タムは小さいのはBD 上に、14"はフロアの位置に配置して、16"のフロアはHH 側にセッティングする。


いつか必ず実現するんだ❗
ドラマー復帰のためにソフトランディングします。三味線ユニットがメインのアンサンブルですよ。後、スタンダードのコピーバンドも。これが最適でした。



手足が不自由なので、この近距離配置は願ったり叶ったりですよ。シンバルの音量バランスさえ整えたらもう人前に出られます。問題は不呪だ。ハードロックバンドでこのセット、あって良いのか?まあ俺がOKならば良いのかな。

いつになるかな。退院したら少しずつ環境を整えて参ります。
熟考して見ましたよ。現実的に三次元の動きには制約がかかる。末梢神経障害ですよ。足もそう。以前のようなバカみたいに速いフットワークは無理かな。ならばどうするか?これだ。



手の移動が最小限です。フットワークもご覧の通り、下から上への動きです。口径が小さく、深さもBD で6"ですから力みが不要。シンバルの音量バランスさえ整えたらもう人前に出られます。

日本初のカクテルドラムミュージシャンになってやろうと画策しています。