おまたせしました。

ちーの一方的な趣味によるクソ映画レビュー『実写版 進撃の巨人』の後編です!

というわけで!

ここではちーのあくまで個人の感想とツッコミをふまえた

実写版進撃の巨人のレビューまんがです。

このさきネタバレもあるかもしれませんので、それでも「いいよ!こいよ!」という方はどうぞお付き合いください。

 

前回のあらすじ→テルマエ・ロマエの実写はちゃんとローマ人つこてる

 

 

 

 

+-+-+-+-+-+-+-+-

 

エンジン音~~~~~!!!!

ぶろろ~んちゃうわ!えっえっ今自分らで言ってたよな!?音出すなって!言ってたよな!?

これは予想してなかった突然のジープ&トラック登場である

世界観統一しろ!!!!

誰一人として馬などには乗らずゴキゲンな自動二輪で壁外へ向かうのが調査兵団。

音は出すな。でも車はセーフ。それが調査兵団、いや車兵団なのだ!

そもそも中世西洋ファンタジーの街に住んでるのが全員日本人の時点で世界観もくそもあるかと言わんばかりの制作陣、これぞ自由の翼!!やかましいわ!

 

やっぱり車はまずいんじゃないかなあ!?

めっちゃブロロンいうてるし

まずいんじゃないかなあ!??

 

でしょうね!!???

 

せやから言うたやん!!!!

わし いうたや~~~~ん!

 

 

突然の立体おっぱい装置の登場にエレン三浦も私も大パニック。

しかし迫りくるおっぱいに童貞エレン三浦少年の紅蓮の弓矢はイェーガーするのであった。

そう、好きだった幼馴染みが全然知らんおっさんに寝取られたことより目の前のおっぱい。

寝取られ踏み越えて おっぱいに進む意思を 嗤う豚などいないのだ!!

なぜならそこにおっぱいがあるのだから!!!!

 

ワイも入れて~!とばかりに乱入してくる巨人

食われる人妻!

おっぱいチャレンジ失敗である!!!!

これにはエレン三浦も半泣き!

エレン三浦「くそー!なんでこうなるんだよ!」

 

こっちが聞きてえわ!!!!!

 

ここからはドリフのオチのBGM流れないのかな?とばかりにてんやわんやして

なんやかんやでなんと映画後編の『進撃の巨人エンドオブザワールド』に続くのである。

 

いや続かせるな。

 

まさにエンド オブ ザ クソ映画。

しかしそれが面白い。ツッコミに休憩時間を与えてくれない。それこそがクソ実写なのだ。

あと石原さとみが可愛い。それだけは確実に言える。石原さとみだけは完ぺきだった。

 

こんな実写版進撃の巨人はnetflixにてなんと無料で観れちまうんだぜ!

みんな!ズェッテーみてくれよな!(ヤケクソ)

 

+-+-+-+-+-+-+-

今までの映画レビュー

【ちーと実写版鋼の錬金術師】